農業データ(食料を含む)
206209 農業関係 有料サイト
 
小松由布樹 HP ( 44 岐阜 農業 ) 09/05/10 AM10 【印刷用へ
●日本農業再生 アグリビジネス(すばる25 株式会社)  リンク

・すばる会員になると「ニュース」「ブログ」が読め、「フォーラム」に書き込みができ、また「ニュースの投稿」ができて会員同士の交流が図れます。産地・消費地でのセミナー等も企画します。新商品を「テスト販売したい」、あるいは「購入したい」などに活用して頂ければこの広場がマーケットになります。

具体的には●●産地のトマト生産者を紹介して欲しい、夏秋イチゴの生産者を紹介して欲しいという依頼などもあります。いま団塊の世代が退職を始めています。そうしたなかに優秀な人材も多いのです。こうした人材を是非とも活かしたいものです。新しい時代を切り拓くプロのための新しいコミニュティーづくりをめざしています。

・料金:24,000円/年

●ルーラル電子図書館(農文協) リンク

・ルーラル電子図書館では、月刊誌『現代農業』や『農業総覧 原色病害虫診断防除編』、『農業技術大系』、『聞き書 日本の食生活全集』など「食と農」をテーマにした農文協の出版物などを、まとまりのある単位ごとに(たとえば記事単位に)、デジタルデータで豊富に収録しています。

農作物の病気・害虫の写真データをはじめとした実用的なデータベースとして、農業に携わる方はもちろん、「自然と調和した暮らしや社会づくり」に役立つ“食と農の総合情報センター”としてさまざまな場面で幅広くご活用いただけます。

・料金:24,000円/年

●APPINES/AgriInfo(JA全農)  リンク

・アピネス/アグリインフォは、日本全国の農家生産者の方々の営農活動をバックアップするために、JA全農が提供する有料の会員制サービスです。
営農に役立つ総合情報サービスとして、多様なサービスを提供しています。

・農薬登録情報、技術・営農情報、営農技術相談、日本農業新聞、青果物市況、病害虫雑草図鑑、メールマガジンなどが利用できる。

・料金(正会員・準会員によって料金が異なる。)  リンク

●農業ビジネス(農業技術通信社) リンク【オープン前テスト運用中】

・登録をいただくと、農業ビジネスの豊富なコンテンツがご覧いただけるほか、記事や音声・動画、そして商品の検索機能に含め、年間20回以上のセミナー・シンポジウム等の情報を音声サービスをご利用いただけます。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_206209
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp