アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
205771 【図解】金貸しによる特権階級支配の仕組み
 
山澤貴志 ( 44 鹿児島 ITコンサル ) 09/05/03 PM07 【印刷用へ
4月29日のなんで屋劇場で扱われた金貸し支配の仕組みについて、図解の叩き台をつくってみました。

金貸し支配の仕組みは

 ┌─────────金貸し───────────┐
【買収】        ↓          【買収】
 │  ┌──────諜報機関──────┐   │
 │ 【恐喝】     ↓       【恐喝】 │ 
 ├──┼────→マスコミ+学者←───┼───┤
 │  │       ↓        │   │
 │  │ ┌───【世論操作】──┐  │   │
 │  │ │  ┌──┴──┐  │  │   │
 │  │ ↓  ↓     ↓  ↓  │   │
 └──┴──→政治家   政治家←───┴───┘
      │ (左派)  (右派)│
      ├──┘│    │└─┤
      │   ↓    ↓  │
      │ 見せかけの左右対立 │
      ↓     │     ↓
 労働運動・男女同権  ↓    市場主義思想
      │   戦争・紛争   │
      ↓     │     ↓
    愚民化政策   ↓  共同体の解体・市場拡大
      └─────┼─────┘
            ↓
    事実(金貸し支配)を隠蔽し私腹を肥やす

ここで、残された追求テーマをあげると

★ 諜報特権と金貸しのつながりはどうやってうまれたの?諜報特権の起源は?
★ マスコミと金貸しのつながりはどうやってうまれたの?世界のマスコミはどこまで支配下にあるのか?日本のマスコミはいつ、どのようにして支配されたのか?
★ 共産党政権(ソ連、中国、北朝鮮)は具体的にどのようにして金貸し支配の手に落ちたのか?
★ 以上の歴史的事実をおさえ、脅迫、買収といった金貸し支配の一般構造を解明することが、金貸し支配突破を考える上で、不可欠!
 
  List
  この記事は 205176 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_205771
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
223308 わかり易い図解、ありがとうございました 匿名希望 10/01/03 AM00
223277 私心の放棄、利他の養成 阿留毘 10/01/02 PM02
223125 無自覚な買収 きっちょむ 09/12/31 AM10
223108 るいネットこそが”金貸し支配”脱却の最先端可能性である 千葉敏昭 09/12/31 AM00
222988 金貸しの定義とは? モスキート 09/12/29 PM08
209228 迎合路線は集団の力を弱めるだけ 清水昌広 09/06/20 PM11
5/31なんで屋劇場レポート【前編】〜大衆共認の行方は? ・ 「闘えない」日本人!〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/06/05 PM09
え?!こんなところまで?!〜戦後のアメリカ支配@労働運動 「感謝の心を育むには」 09/06/02 AM10
207732 日本人の愚民化教育@○×式思考→感性の崩壊 立石裕美 09/05/29 PM10
「農協貯金」が狙われている その2 〜農林中金、巨額増資と理事長交代〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/05/28 AM08
「農協貯金」が狙われている その2 〜農林中金、巨額増資と理事長交代〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/05/27 PM06
206640 金貸し支配過去投稿インデックス:金貸しが作り出した戦争 出世魚 09/05/16 AM07
「農協貯金」が狙われている!? 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/05/14 PM08
205971 CIAによる左派工作 辻一洋 09/05/07 AM03
205926 金貸し支配過去投稿インデックス:政治家支配の世界史 竹村誠一 09/05/06 PM03
205925 金貸し支配過去投稿インデックス:政治家支配の日本史(番外編) 竹村誠一 09/05/06 PM02
205891 金貸し支配過去投稿インデックス:政治家支配の日本史(後史編) 竹村誠一 09/05/05 PM09
205889 金貸し支配過去投稿インデックス:政治家支配の日本史(前史編) 竹村誠一 09/05/05 PM08
205888 金貸し支配過去投稿インデックス:政治家支配の日本史(概論編) 竹村誠一 09/05/05 PM08
205878 金貸し支配過去投稿インデックス:マスコミ支配の実像 ポール 09/05/05 PM05
205849 ロックフェラーと共産主義の関係(3) ソ連の軍備はアメリカの技術援助によるものだった はにーはんたー 09/05/05 AM02
205845 ロックフェラーと共産主義の関係(2) 世界最大の未開拓市場−ロシア−を管理下に置くための共産主義 はにーはんたー 09/05/05 AM01
205844 ロックフェラーと共産主義の関係(1) ロシア革命の裏側 はにーはんたー 09/05/05 AM01
205789 金貸し支配過去投稿インデックス:演出された左右対立 Michelle 09/05/03 PM11
205782 金貸し支配過去投稿インデックス:諜報特権って何者? 久保田彰子 09/05/03 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp