日本を守るのに、右も左もない
205539 金融資本主義の破綻・新自由主義の崩壊と、目覚め団結し始めた世界の人々
 
tanvool HP ( 岡山 会社員 ) 09/04/30 PM01 【印刷用へ
昨年のリーマンの破綻以降、世界を覆い尽くそうとしていた金融資本主義・グローバリゼーション・新自由主義に完全にストップがかかった。

実はそれ以前にも、特に南米などを中心として、先住民出身の大統領が生まれるなど、人々は既に、新自由主義の洗脳から脱し始めていた。

それまでアメリカを中心とした西側諸国は、政治権力を裏で操りながらメディアを駆使して、「自由は素晴らしい」「市場に参加すれば君達も豊かになれる」と大衆を洗脳してきた。

しかし、今世紀に入り、そのような手法は既に成立しなくなっていた。

欧米諸国によってひどい目に遭わされ続けてきた大衆は、団結し、自分達で共認形成をし始めたのである。その結果が、南米を中心に次々と成立している新政権だ。

金融資本主義の破綻が、この流れに拍車をかけるだろう。この金融と結託したグローバリゼーションや新自由主義というイデオロギーが、「歴史的に誤りであった」ことが、金融システムそのもの破綻により証明されつつある。

アフリカなど世界の他の地域でも、欧米勢力と結託して傀儡となった政権や、金貸しと結託して洗脳情報を流し続けるメディアの力は衰え、普通の人々が自分達の共認域を自分達で作っていく流れは強まっていくだろう。

しかし、この期に及んで、その動きに完全に取り残されている国がある。

日本である。

日本人の多くは、「新自由主義やグローバリゼーションは自分達に充足はもたらさず、残ったのは大きな災厄だけである」という事実は、既に潜在的には気付いている。しかし、特権階級(欧米の傀儡となり権力の自家中毒と成り果てた政治家・官僚や学者やマスコミ205507)だけが、相変わらず事実を隠蔽し、人々を洗脳し続けようとしている。

世界を見渡せば、欧米の傀儡となった指導者がメディアを駆使して行う前時代的な支配様式は終わりを告げているのは明らかである。

日本も、世界の普通の人々と連携し、自家中毒となった特権階級を一掃する時期にきているのではないだろうか。
 
  List
  この記事は 205507 ブログ1 ブログ2 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_205539
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
208976 今だに「新自由主義」という言葉を使わない日本のマスコミ miya 09/06/17 AM07
206309 金融規制の動き☆ 西知子 09/05/11 PM11
206239 脱ドル化、地域共通通貨を目指した動き、その1、中国のSDR強化提案とSDRの制約 レオンロザ 09/05/10 PM09
205904 ユダヤ商人のあゆみ ちわわ 09/05/06 AM02
205824 経済狂時代(雑草の言葉) 09/05/04 PM07
205791 新自由主義って? JUST-IDEA 09/05/03 PM11
チョコレートの真実 「ブログ de なんで屋 @東京」 09/05/02 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp