試験・身分制度の根深い害
205507 学歴エリートの自家中毒
 
縄文男児 ( 60代 経営 ) 09/04/29 PM11 【印刷用へ
マスコミ、政治家、官僚など、現在(団塊世代以降)の特権階級は、大半が貧困=本当の私権圧力を知らず、従って本当の目的意識を持ち合わせていない。
彼らは、単なる試験制度発の「合格」という無機的な目的意識(もちろん、それは肉体的欠乏に根ざした本気の目的ではない)を植え付けられてひたすら試験勉強に励み、「特権」を手に入れた連中である。
又、彼らの大半は、試験制度という与えられた枠組みの中でひたすら「合格」を目指してきただけで、その前提を成す枠組みそのものを疑うという発想が極めて貧弱である。

従って、彼らは社会に出てからも、ひたすら既存の制度の枠組みの中で走り続けることになるが、もはやそこでは、既存制度によって与えれた特権の維持と行使という目的以外の目的意識など生まれようがない。
かくして、団塊世代がトップor幹部に就いた'00年以降、彼ら特権階級は、ひたすら与えられた特権を行使し、次第に「社会を動かし」「世論を動かし」ているという支配の快感に溺れてゆくようになって終った。
これは、権力の自家中毒であるが、恐ろしいことにその病癖は麻薬中毒よりももっと酷い結果をもたらすことになる。

何れも、社会統合という最重要課題が分業体制(専門家体制)によって担われてきたが故に生じた問題であるが、金貸しの特権階級(幹部)に対する買収と脅迫の横行にせよ、支配の快感に溺れてゆく特権階級の自家中毒にせよ、専門家体制が末期症状を呈していることだけは間違いがない。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_205507
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
未曾有の経済危機で、より本質的な教育のニーズが顕在化してきた 「にほん民族解放戦線^o^」 11/05/18 PM10
環境問題の改革を進めるには、新しい社会統合機構が不可欠!5『特権階級の自家中毒』 「地球と気象・地震を考える」 10/08/16 AM10
233143 【図解】特権階級の自家中毒 川井孝浩 10/06/13 AM10
232986 特権階級と子供の意識 これんじ 10/06/10 PM09
法制度をどう改造するか? 〜暴走する検察:社会的圧力から隔絶された組織〜 「日本を守るのに右も左もない」 09/12/27 AM06
219072 『日本国の正体』より @霞ヶ関の補完勢力になった新聞 ET 09/11/06 PM11
218370 科挙・試験制度に関する投稿集 審判の日 09/10/28 PM10
213692 制度発の「結婚したい」という人工的な目的意識の弊害を突破するには? 新里勝一郎 09/08/27 AM00
211961 もう政治家や官僚に任せてはいられない 宮谷和枝 09/08/01 AM01
211828 暴走する特権階級→忍び寄る『警察国家』の影 火中の栗 09/07/30 PM00
210770 警察・検察の“捜査上の秘密”が“証言の捏造”の温床になる 福島健 09/07/14 PM02
209910 70年以降の教育機関の現状と欠落しているもの 匿名希望 09/07/01 PM07
209157 特権階級の暴走を正当化する観念 衛藤信義 09/06/19 PM10
207676 ブログランキングでも、言論統制がなされている?! 匿名希望 09/05/29 AM01
207383 特権階級の暴走という危機的な状況をどれだけの人が認識しているのか 匿名希望 09/05/25 PM02
207339 基本構造の理解=何がおかしいのか掴むこと 木田彩美 09/05/24 PM08
207185 GHQによる日本の官僚支配(1) Mr.Crowley 09/05/23 AM10
206866 特権階級が自家中毒に走る必然構造〜日本に愛着を持てない高学歴者達 猛獣王S 09/05/19 AM08
206764 「世論が大事」と言うデタラメ@〜官僚の作る政策を「民意だ」と言って国民が作ったようにみせかける 猛獣王S 09/05/17 PM07
206598 集団にかかる「圧力」に答えがあるのでは!? 渡邊真也 09/05/15 PM07
206547 今の時代にあった制度を 中山寛太 09/05/14 PM11
206190 “脱「枠組み」”の自在さこそが可能性 佐藤賢志 09/05/09 PM11
206187 日本が変わる☆ 高間愛美 09/05/09 PM11
206084 情報撹乱が始まっているのではないか。 かなめんた 09/05/08 PM08
4月29日 なんで屋劇場【金貸し→特権階級の暴走どうする?】 レポート第3弾 「日本を守るのに右も左もない」 09/05/07 PM00
なんでや劇場レポート3 〜日本だけ金貸し支配が強まっているのは、なんで? 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/05/05 AM03
民族収束ってなんだろう〜4月29日なんでや劇場レポート 「縄文と古代文明を探求しよう!」 09/05/05 AM01
205834 金融庁の暴走? 金融統制体制⇒預金封鎖? 匿名希望 09/05/04 PM11
205795 現在の特権階級者への考察 土屋洸太郎 09/05/04 AM00
205762 世襲による特権の伝承 火中の栗 09/05/03 PM03
4月29日なんでや劇場レポート「金貸し→特権階級の暴走どうする?」その1 「ブログ de なんで屋 @東京」 09/05/02 PM11
205686 小泉・安倍・福田・麻生が培養した“非民主化パンデミック”政治 猛獣王S 09/05/02 PM06
205590 面は点より強し (´・∀・`) 09/05/01 AM03
205585 脳の可能性について (´・∀・`) 09/05/01 AM01
205556 Re:特権階級の自家中毒【感想】 匿名希望 09/04/30 PM08
205539 金融資本主義の破綻・新自由主義の崩壊と、目覚め団結し始めた世界の人々 tanvool 09/04/30 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
ミス大爆発⇒警戒心発の集中力はガタガタ⇒共認圧力発の集中力を形成するには?
トラブルの根底に指揮系統あり。全てをネットへ
隠蔽・言い訳・誤魔化しの横行によって崩壊する私権体制
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
新卒者向けセミナー「経営者が語る」〜これからの時代企業が生き残っていくのに必要な力は何か(前半)
新卒者向けセミナー「経営者が語る」〜これからの時代、企業が生き残っていくのに必要な力は何か(後半)
自主管理への招待(1)工業生産から意識生産へ。時代は今、歴史的な生産力の転換を遂げようとしている。
自主管理への招待(2) 社会は、生産力の転換によってしか根底的な変革を遂げることはできない
自主管理への招待(3) 生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想
自主管理への招待(4) 「頭の中だけの自己」から「実現対象」への追求ベクトルの転換
自主管理への招待(5) 否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、実現対象を獲得した「解放の哲学」へ
自主管理への招待(6) 実現思考とは何か
自主管理への招待(7) 労働の解放のために:自主管理の原則
学生に与う1 いま、社会の基底部で何が起きているのか
学生に与う2 私権の終焉と市場の縮小と権力の暴走
学生に与う3 新しい活力源は、周りの期待に応える充足
学生に与う4 先行して共同体を実現した類グループ
学生に与う5 共同体の母胎は女性が生み出す充足空間
学生に与う6 この行き詰った社会をどう再生するか
供給発のカギは、ゼロから新しい供給者を育成してゆく仕組み
新概念を使いこなせて、はじめて供給者になれる
「観念力を鍛えるには?」(1) 話し言葉と書き言葉の断層はどこから登場したのか?
「観念力を鍛えるには?」(3) 「理解する」とはどういうことか?
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
出来ない、覚えられない
「みんなの成功体験」ならいくらでも積める
対面会議の欠陥
民主主義=会議という固定観念
集団統合の新たな仕組み:対面会議を超えて、全てをネットへ
企業革命の切り札は、社内ネット
経営者への提言:会議から社内ネットへ
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新時代を開くのは、共同体企業のネットワーク
共同体企業のネットワークをどう構築してゆくか
『類グループが勝ち続ける理由』〜まとめ〜
協同組合法:出資・経営・労働を一体化した働き方をしている人たちは10万人を越えている
「人口減少社会の衝撃!!これからの働き方はどう変わる?」〜今、なぜ労働法について考えるのか?〜
感謝の心を損なう「有給制度」に代わる、『有給休暇一括買取方式』

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp