試験・身分制度の根深い害
205507 学歴エリートの自家中毒
 
縄文男児 ( 60代 経営 ) 09/04/29 PM11 【印刷用へ
マスコミ、政治家、官僚など、現在(団塊世代以降)の特権階級は、大半が貧困=本当の私権圧力を知らず、従って本当の目的意識を持ち合わせていない。
彼らは、単なる試験制度発の「合格」という無機的な目的意識(もちろん、それは肉体的欠乏に根ざした本気の目的ではない)を植え付けられてひたすら試験勉強に励み、「特権」を手に入れた連中である。
又、彼らの大半は、試験制度という与えられた枠組みの中でひたすら「合格」を目指してきただけで、その前提を成す枠組みそのものを疑うという発想が極めて貧弱である。

従って、彼らは社会に出てからも、ひたすら既存の制度の枠組みの中で走り続けることになるが、もはやそこでは、既存制度によって与えれた特権の維持と行使という目的以外の目的意識など生まれようがない。
かくして、団塊世代がトップor幹部に就いた'00年以降、彼ら特権階級は、ひたすら与えられた特権を行使し、次第に「社会を動かし」「世論を動かし」ているという支配の快感に溺れてゆくようになって終った。
これは、権力の自家中毒であるが、恐ろしいことにその病癖は麻薬中毒よりももっと酷い結果をもたらすことになる。

何れも、社会統合という最重要課題が分業体制(専門家体制)によって担われてきたが故に生じた問題であるが、金貸しの特権階級(幹部)に対する買収と脅迫の横行にせよ、支配の快感に溺れてゆく特権階級の自家中毒にせよ、専門家体制が末期症状を呈していることだけは間違いがない。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_205507
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
未曾有の経済危機で、より本質的な教育のニーズが顕在化してきた 「にほん民族解放戦線^o^」 11/05/18 PM10
環境問題の改革を進めるには、新しい社会統合機構が不可欠!5『特権階級の自家中毒』 「地球と気象・地震を考える」 10/08/16 AM10
233143 【図解】特権階級の自家中毒 川井孝浩 10/06/13 AM10
232986 特権階級と子供の意識 これんじ 10/06/10 PM09
法制度をどう改造するか? 〜暴走する検察:社会的圧力から隔絶された組織〜 「日本を守るのに右も左もない」 09/12/27 AM06
219072 『日本国の正体』より @霞ヶ関の補完勢力になった新聞 ET 09/11/06 PM11
218370 科挙・試験制度に関する投稿集 審判の日 09/10/28 PM10
213692 制度発の「結婚したい」という人工的な目的意識の弊害を突破するには? 新里勝一郎 09/08/27 AM00
211961 もう政治家や官僚に任せてはいられない 宮谷和枝 09/08/01 AM01
211828 暴走する特権階級→忍び寄る『警察国家』の影 火中の栗 09/07/30 PM00
210770 警察・検察の“捜査上の秘密”が“証言の捏造”の温床になる 福島健 09/07/14 PM02
209910 70年以降の教育機関の現状と欠落しているもの 匿名希望 09/07/01 PM07
209157 特権階級の暴走を正当化する観念 衛藤信義 09/06/19 PM10
207676 ブログランキングでも、言論統制がなされている?! 匿名希望 09/05/29 AM01
207383 特権階級の暴走という危機的な状況をどれだけの人が認識しているのか 匿名希望 09/05/25 PM02
207339 基本構造の理解=何がおかしいのか掴むこと 木田彩美 09/05/24 PM08
207185 GHQによる日本の官僚支配(1) Mr.Crowley 09/05/23 AM10
206866 特権階級が自家中毒に走る必然構造〜日本に愛着を持てない高学歴者達 猛獣王S 09/05/19 AM08
206764 「世論が大事」と言うデタラメ@〜官僚の作る政策を「民意だ」と言って国民が作ったようにみせかける 猛獣王S 09/05/17 PM07
206598 集団にかかる「圧力」に答えがあるのでは!? 渡邊真也 09/05/15 PM07
206547 今の時代にあった制度を 中山寛太 09/05/14 PM11
206190 “脱「枠組み」”の自在さこそが可能性 佐藤賢志 09/05/09 PM11
206187 日本が変わる☆ 高間愛美 09/05/09 PM11
206084 情報撹乱が始まっているのではないか。 かなめんた 09/05/08 PM08
4月29日 なんで屋劇場【金貸し→特権階級の暴走どうする?】 レポート第3弾 「日本を守るのに右も左もない」 09/05/07 PM00
なんでや劇場レポート3 〜日本だけ金貸し支配が強まっているのは、なんで? 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/05/05 AM03
民族収束ってなんだろう〜4月29日なんでや劇場レポート 「縄文と古代文明を探求しよう!」 09/05/05 AM01
205834 金融庁の暴走? 金融統制体制⇒預金封鎖? 匿名希望 09/05/04 PM11
205795 現在の特権階級者への考察 土屋洸太郎 09/05/04 AM00
205762 世襲による特権の伝承 火中の栗 09/05/03 PM03
4月29日なんでや劇場レポート「金貸し→特権階級の暴走どうする?」その1 「ブログ de なんで屋 @東京」 09/05/02 PM11
205686 小泉・安倍・福田・麻生が培養した“非民主化パンデミック”政治 猛獣王S 09/05/02 PM06
205590 面は点より強し (´・∀・`) 09/05/01 AM03
205585 脳の可能性について (´・∀・`) 09/05/01 AM01
205556 Re:特権階級の自家中毒【感想】 匿名希望 09/04/30 PM08
205539 金融資本主義の破綻・新自由主義の崩壊と、目覚め団結し始めた世界の人々 tanvool 09/04/30 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp