法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
205185 「憲法」そのものが旧観念に立脚している
 
渡邊真也 ( 31 神奈川 建築設計 ) 09/04/25 PM09 【印刷用へ
>かつて、自由・個人・権利etcの観念を中核とする近代思想は、輝きを放っていました。しかし、その近代思想も、'60年代を通じて急速に色褪せてゆき、貧困がほぼ消滅した'70年をもって生命力を絶たれ、輝きを失って終います。'70年以後(正確には'60年代から始まっていますが)、一気に思想的無関心が蔓延していったことは、周知の事実でしょう。 (968)

憲法を見てみると、実に上記の内容(旧観念)が如実に含まれています。
1890年に施行された大日本帝国憲法には「言論の自由」が書かれていますリンク。そして、終戦後アメリカの影響をもろに受けた1947年施行の日本国憲法には「基本的人権の尊重」「自由主義」「福祉主義」「平等主義」「平和主義」の内容が含まれていますリンク

旧観念」そのものが憲法となっている以上、学者、マスコミがそれを武器にしないわけはありません。開国以降の日本において観念支配の系譜が憲法に現れてることは人々の共認を左右する上でも非常に重大なポイントとなっているでしょう。100年もの間、同じことを繰り返し発信している学者・マスコミの存在もそこにあるような気がします。
 
  List
  この記事は 968 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_205185
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
206445 社会の根本規範も変質する社会に合わせて変化する ヨネ 09/05/13 PM06
205411 憲法を飛び越えた話し合いが真の社会統合に繋がる 小西良明 09/04/28 PM06
205387 ほぼ全ての社会運動が、マスコミの強制共認を自主共認にすり替えるための補完物となっている。 historyroad 09/04/28 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp