経済
204524 『GRAND THEORY Vol.5(再版)』なんでやネットワーク著
「逆境を乗り越える企業/仕事で成果を上げるには?/人材育成どうする?」
 
るいネット事務局 09/04/16 PM10 【印刷用へ
<タイトル>
逆境を乗り越える企業
 仕事で成果を上げるには?
 人材育成どうする?

発行 2008年7月1日
再版 2009年4月13日
サイズ A4 57頁
定価 2000円

<内容紹介>
企業は今までにない逆境に立たされています。1990年バブル崩壊をくぐり抜け、一度は持ち直したかに見えた「金融資本主義経済」は、2007年サブプライムローン問題を皮切りに2008年リーマンショックを引き起こし、企業を取り巻く環境は悪化の一途を辿っていきました。企業の倒産は相次ぎ、どんな大企業であっても潰れないとは言い切れません。

この逆境の中を生き残っていくために、誰もが「"自分の"成果を上げるには?」「"部下の"人材育成どうする?」の答えを求めています。そして、社員を講演会やセミナーに参加させたり、成果主義を導入したりすることで社員の戦力化に努めて来ました。しかし、『個人の課題』として問題を捉える以上、当初の思いとは裏腹に企業の組織統合が脆弱になり、人材が育たず、成果が低下するという事態を招いてしまっています。

そもそも仕事とは一人ではなくチーム(集団)で行うものであり、個人ではなくチーム(集団)への評価が『仕事の成果』となります。そして、集団で成果を上げるためには、若手も含めて集団全体が成長する必要があり、それが『人材育成』です。  つまり、「仕事の成果」についても「人材育成」についても、『個人をどうする?』ではなく『集団をどうする?』という視点が不可欠となります。企業という集団が「どうすればこの逆境を乗り越えられるのか?」「どうすれば激変し続ける外圧に適応し続けられるのか?」の方針を明確にし、それを実現しようとする中で初めて、集団の中の個人の課題や役割、評価が鮮明になるのです。そのためには企業を取り巻いている"社会"がどのように変化してきたのかをつかむことが欠かせません。

今回のGRAND THEORYでは、「成果を上げるには?」と「人材育成どうする?」という問題を集団の課題として捉え、社会と集団の関係の中でその答えを考えていきます。これは、企業が生産活動を通じて広く社会に影響を及ぼす社会的存在である以上、当然のことと言えるでしょう。


※詳しい内容はこちらをご覧ください(リンク

◆販売情報・購入先
 なんで屋露店 出店予定表 関西(リンク)・関東(リンク
 るいネット販売 GRAND THEORYトップページ(リンク
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_204524
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
244779 外圧適応=集団的内圧の上昇過程=人材の成長過程 川井孝浩 11/01/29 AM02
228007 一時的な研修やセミナーでは人材は育成されない 疾風怒濤 10/03/10 PM09
「企業を共同体に変えるには?」@〜企業における本当の脱肩書きとは?〜 「これからは探求の時代」 09/09/25 PM01
215681 自己正当化と自己欺瞞は、組織の充足と秩序を乱す根源1〜マイナス人事と自己欺瞞〜 彗星 09/09/24 PM03
『GRAND THEORY vol.5』発売開始☆逆境を乗り越える企業〜仕事で成果を上げるには?人材育成どうする?〜 「これからは探求の時代」 09/04/21 PM06
GRAND THEORY 新発売! 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 09/04/20 PM07
GRAND THEORY VOL.5(逆境の乗り越える企業)の販売を開始します! 「路上で世直し なんで屋【関西】」 09/04/18 AM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp