生命原理・自然の摂理
2045 現在の生物学には何が欠けているのか
 
石野潤 HP ( 46 大阪 教務開発 ) 01/03/23 PM11 【印刷用へ

以下は、京都大学化学研究所のHP「新しいゲノム情報科学をめざして」からの引用です。ゲノム情報科学の内容の是非はおいておいて、悲しいことに物理学に比べると、生物学は信仰の領域と見られているようです。

「現在の生物学には何が欠けているのでしょうか。それを考えるために、物理学と比較してみましょう。現在の素粒子物理学には図に示したように、標準理論とよばれる理論があります。その大きなポイントは、物質の一番下の構成要素である素粒子には、物質の構成粒子と力の伝達粒子の二種類がある点です。つまり、物質をつくるもととなる粒子があるだけでなく、それをつなぎ合わせる力がなければ、自然界は存在しません。別の言い方をすると相互作用が重要なわけです。」

「それでは、生物学の分野でゲノムの全塩基配列情報が明らかになったときに、たしかに遺伝子の部品はそろうわけですが、その部品をどういうふうに組み合わせると生命ができるかまで明らかにしたことになるのでしょうか。つまり、部品間の相互作用の情報がゲノムに全部入っているのでしょうか。これについては、生物学者の間でも意見(というより信仰)が分かれています。ゲノムには、遺伝子をいつどのように使うべきかといった発現制御情報も書かれていますので、ゲノムがすべてだと信じている生物学者もたくさんいます。」

「しかし、私たち一人一人の人間が誕生して今まで育ってきたのは、ゲノムのDNAだけから出発したわけではありません。私たちは親の細胞から出発したのです。親から受け継いだものはゲノムだけでなく、細胞全体なのです。したがって、生命のシステム設計図は細胞全体に書かれていて、ゲノムはその一部にすぎないと見ることもできます。そもそも生命とはダイナミックな情報システムであって、ゲノムに書かれたスタティックな情報だけで理解できると考えるのは、ちょっと無理があります。」
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_2045
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
遺伝子が全く一緒の双子の顔がちょっと違うのはなぜ?〜全く同じ形質の生物って、自然界に存在するの?〜 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 09/01/11 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp