日本人と縄文体質
204135 江戸時代インデックス〜江戸時代の人々の収束軸とは何か?〜
 
樫村志穂美 ( 26 茨城 OL ) 09/04/11 PM08 【印刷用へ
江戸回帰とも言われるほど、これからの社会の可能性として、注目されている“江戸時代”。
この江戸回帰を、本当に可能性にしていくためには・・・
 ≪江戸時代の人々を貫いていた収束軸は何だったのか?≫
の点を明らかにしていく必要があります。
今までるいネットでは、江戸時代についての実例がたくさん投稿されてきました。
今後、そこから収束軸をつむぎ出すための第一歩として、今までの江戸時代投稿のインデックスを作って見ました。


●江戸時代の人々は、何に収束していたのか?
┃・202046市場主義の行き詰まりに日本人は江戸を想う
┃・159806鎖国にみる江戸人の歴史観
┃・140497『効率』より『共認充足』という概念で分析してみては?
┃・166004「人間だけは特別」という「ヒューマニズム」とは無縁な
┃    日本人の可能性


┗━◆江戸時代の循環型社会とは何か?
┃ ┃・155127持続可能な社会を作るという規範が大前提
┃ ┃・153554本能不全を突き抜けた、観念・統合不全としての
┃ ┃  「環境問題」
┃ ┃・リンク江戸のリサイクルから何を学ぶか? 
┃ ┃・158527日本は【植物国家】(1)
┃ ┃・158549日本は【植物国家】(3)
┃ ┃・57009江戸時の「リサイクル」は消費者の知恵ではなく
┃ ┃  生産者の知恵
┃ ┃・161981下肥だけじゃない!!魚が土地を豊かにする?!
┃ ┃
┃ ┃
┃ ┗━◆循環型社会の実例
┃   ┃・リンク共同生活を営む江戸庶民のトイレ事情とは? 
┃   ┃・167121日本人の勤勉性と対象性(2)【江戸日本文明の
┃   ┃    エコロジー】 
┃   ┃・158333≪取っけえべえ≫と江戸時代の子供達は生産者
┃   ┃    同士の関係だった      
┃   ┃・156017古着商の繁栄も共同体的期待応望から
┃   ┃・130009江戸時代のリサイクル業者
┃   ┃・159903“ゆかた”の一生〜ゆかた→布オムツ→燃料に
┃   ┃    なるまで〜
┃   ┃ 
┃   ┃
┃   ┗━◆自然のサイクルの中にあった江戸時代の農業
┃       ・リンク 地力問題A:地力を高める回収型農業とは?
┃      ・161026江戸時代の農業に学ぶもの


┗━◆江戸時代はどのように社会が出来ていたのか?
  ┃|・167389日本人の勤勉性と対象性(4)【世界平和の実現モデル】
  ┃|・105056なぜ、江戸時代の日本は滅亡しなかったのか?
  ┃|・195716世界が賞賛した平和国家江戸日本
  ┃|・148879先進国の市場縮小が環境問題及び人口爆発の根本解決
  ┃|     となる
  ┃|・116970”労働の尊厳”
  ┃|・192880知識より知恵=日本の匠の原点(1/2)
  ┃|・196195 100万人都市の治安維持を300人に満たない組織で
  ┃|      賄っていた『大江戸八百八町』
  ┃|・98319農地改革が所有の意識と大地主を生み出し江戸時代
  ┃|
  ┃|
  ┃└──◆鎖国
  ┃|   ・197409江戸時代なぜ海禁(鎖国)政策が可能であったか
  ┃|   ・197073鎖国体制とは主体的な経済政策である
  ┃|   ・96798経済格差による封建制の導入
  ┃|   ・197074鎖国とは自給自足の裏返しであり、勤勉、労働
  ┃|        に根ざしている。
  ┃|   ・167388日本人の勤勉性と対象性(3)【勤勉革命】
  ┃|
  ┃|
  ┃└──◆身分制度 
  ┃    ・139159身分制度の必要性〜士農工商か幕藩体制か〜
  ┃    ・197105『貧農史観を見直す』佐藤常雄+大石慎三郎著
  ┃        「新書・江戸時代B」
  ┃    ・リンク江戸の「士農工商」の序列は実際には無かった。
  ┃    ・139159身分制度の必要性〜士農工商か幕藩体制か〜
  ┃
  ┃
  ┗━◆江戸時代の市場とはどのようなものだったのか?
  ┃  ・129030身分制度が市場拡大を促した
  ┃  ・198181江戸時代の飢饉の要因〜経済が発達した社会の弱点〜
  ┃  ・202261江戸時代の飢饉がなぜ起こったか@〜石油市場との
  ┃       共通点〜
  ┃  ・143849貨幣の起源とは?
  ┃  ・161914江戸時代の流通可能な預かり証 「米切手」
  ┃  ・100422退職金から支援金へ〜江戸時代の定年「のれんわけ」
  ┃       制度の可能性〜
  ┃   
  ┃
  ┗━◆江戸時代の人々が持っていた共同体規範とは?
    ┃・124869儒教の隆盛〜日本の場合〜
    ┃・95252参考:貝原益軒 「養生訓」
    ┃・201584江戸しぐさに学ぶ
    ┃・リンク宵越の金を持たない?! 
    ┃・125923「戸締め言葉」は野暮。
    ┃・リンク自然の摂理に則した、「人口抑制」('〜' )
    ┃・198293 2■日本のムラ(機能的村落共同体)のすごさ
    ┃・リンク江戸の自治組織「木戸番」ってどんな人? 
    ┃・リンク江戸庶民は、長屋の共同体で、精神的に豊かに生活
    ┃     していた。
    ┃
    ┃
    ┗━◆共同体規範を形作る教育とは?
    ┃  ・196030江戸の教育を探る意義
    ┃  ・リンク江戸時代の教育事情
    ┃  ・196076江戸の教育−外国人を驚かせた教育水準
    ┃  ・196035江戸の教育−寺子屋のカリキュラム
    ┃  ・183345学力低下をどうする?(寺子屋を通じて)
    ┃  ・159718私塾の源流
    ┃  ・リンク江戸時代の教育事情〜戦前まで残っていた若者組 
    ┃  ・リンク江戸の女子教育は男よりも高水準だった?! 
    ┃
    ┃
    ┗━◆共同体における婚姻とは何か?
       ・157701戦前までの日本は、父系と母系が共存した社会
       ・158029江戸時代の結婚〜制度から見た男女の地位〜
       ・リンク江戸性文化の吉原とは、何だったのか 
       ・90382性権力が江戸幕府を崩壊させた
       ・リンク江戸の庶民は、恋愛と現実の結婚とは、別物と
           考えていた 
       ・リンク江戸の庶民は、堅苦しい見合いは嫌だったよう
           です。
 
  List
  この記事は 202046 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_204135
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
「目配り⇒気配り⇒心配り」が仕事を変える〜江戸しぐさ 「これからは探求の時代」 11/05/16 AM10
江戸社会をさぐる〜江戸経済を支えた市場の割合は? 「地球と気象・地震を考える」 09/05/14 PM07
江戸社会を探る 〜現代(次代)に活かす可能性とは〜 「地球と気象・地震を考える」 09/04/26 PM10
204271 江戸時代における都市と農村の関係って・・・ 加賀見香苗 09/04/13 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp