日本を守るのに、右も左もない
203236 アメリカ、欧州で反金融の階級闘争が勃発か
 
狒狒 ( 48 ) 09/03/31 AM09 【印刷用へ
金融業界への反発は、AIG幹部ボーナスの件だけでは無いようです。アメリカのみならず、ヨーロッパでも大衆の間で反金融業界のうねりが起こっている様子がフィナンシャルタイムズで報告されています。

読むと、フランス革命前夜のような過激な印象を受けます。マリーアントワネットをギロチンに送り込んだ大衆のような怒り。何とも、こらえ性の無い奴らですな、諦めるというのが無い世界。自分たちも、そのバブルに乗っかっていたくせに。

考えていたよりも早い段階で、西洋社会での暴動が勃発するかも知れません。

フィナンシャル・タイムズ リンク
/////////////////////////////////////////////////////////////////
「ボーナスという責任 憤る世論を前に金融業界は」ブライアン・グルーム、フランセスコ・ゲレーラ、エイドリアン・コックス

お前を殺すという脅迫メールが舞い込む。元社長の自宅が襲撃される。町中で抗議行動。巷には今、かなり危険な空気がたちこめている。1930年代以来の最悪な国際金融危機を引き起こした張本人だと指差しされている金融業界に対して、世論は激しく反発しているのだ。そして「唾棄している」と言ってもいいこの世論の反発は、今や英米と欧州本土でいっそう激烈なものになりつつある。

政治家たちは不安に揺れている。銀行を責め立てるのは自分たちの失敗を覆い隠すのにかっこうなスケープゴートなので、ヒステリックなアンチ銀行感情を煽り立てるべきか。それとも事態鎮静を図るべきか。とはいえ現時点では、一般市民の怒りをなだめることなど政治家にはできないのかもしれない。あるいは、この怒りは一時的なもので今に立ち消えるのかもしれない。けれども経済界のリーダーたちなど大勢が、今の国民感情悪化が長期的な悪影響をもたらしかねないと懸念しているのだ。

「深刻だ。(市民の怒りの対象は)銀行だけでなく金融サービス全般に向けられるようになりつつあり、やがては市場経済そのものを挑戦しかねない。オバマ米大統領とブラウン英首相はなんとしても今の魔女狩り的な風潮を食い止め、バランスのとれた議論を主導していかなくてはならない」 こう指摘するのは英国最大の経営者団体、英産業連盟(CBI)のリチャード・ランバート事務局長だ。

米国ではここ数週間ほど、保険大手AIGの幹部ボーナスをめぐり国民の怒りが沸点に達している。納税者の金1700億ドルでかろうじて救済されたAIGが、幹部に1億6500万ドルを支給していたのだから。公的資金という生命維持装置でかろうじて生きながらえている病める巨大な金融機関が、ただでさえ高給取りのバンカーたちにさらに報酬を分け与えていたと発覚したことから、人々の極端な反応が次々と連鎖反応のように表面化した。

大衆的なポピュリストのふりをしたい政治家たちは、公的資金を得ている大手組織で年25万ドル以上を得ている人たちのボーナスに対し、税率90%という懲罰的な課税法案を急きょ可決した。しかし一般市民はさらに、もっと過激な手段に打って出たのだった。一部のAIG社員は殺人の脅迫を受けた。AIGスタッフと家族は「首にピアノ線をまきつけられて」処刑されるべきだ——などとする、恐ろしい脅迫文もあった。AIG宛ての別の手紙には「重役たちの家族は安心するな。お前たちの血で町中を染めてやる」などとあった。

英国エジンバラでは、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)のサー・フレッド・グッドウィン元CEOの邸宅が襲撃された。窓を割り車を破壊した人々は、200億ポンドもの公的資金で救済されなくてはならなかったRBSから、50歳で早期定年退職したサー・フレッドが、年間70万ポンドもの年金を受け取っていることに憤慨していたようだ。

ロンドンの金融街シティは、主要国と新興国の首脳が集まるG20の第2回首脳会合( 金融サミット)を前にして、アンチ資本家デモに備えている。警察はシティの企業に対し、不要な会議はキャンセルし、標的にされないよう社員はカジュアルな服装をするよう忠告した。

フランスでは、過剰な給与・賞与に何百万人もの人が抗議行動に出た。ニコラ・サルコジ大統領は、公的支援を受けている企業の幹部について賞与やストックオプションを規制する大統領令を予定している。フランスの金融大手ソシエテ・ジェネラルは、CEOや非常勤会長へのストックオプション支給を取りやめざるを得なくなった。

スウェーデンでは、国有企業の幹部に対する成果主義ボーナスの支給を禁止する予定だ。そしてスウェーデンでも、銀行家や国民年金のファンドマネージャーへの高額報酬に反対する勢力が、ボルク財務相に銃弾を送りつけている。

厳しい景気後退に苦しんでいるのは西側全体だ。しかし中でも国民がひどい幻滅感を味わっているのはやはり米国だ。「アメリカン・ドリーム」に対する国民の信頼が揺らいでしまった。努力と才覚でトップにたどりつく者を常に礼賛し、金銀財宝で報いてきたアメリカという国は今、どうやったらこんなにも一握りの人間たちに、こんなにも巨万の富が集中してしまったのか、理解できずに苦しんでいる。
・・・

国民の激しい糾弾に遭い、アメリカの経済界とウォール街は驚き、そして反発している。「なんでこんなに憎まれるんだ?」とある銀行幹部は言う。「この国の繁栄と成長は企業活動の成功あってのものだと、みんな忘れてしまったのか?」
・・・

英国でも同じような懸念が指摘されている。元貿易相のジョーンズ卿は、確かに一部の銀行関係は非難されて当然だが「ある段階に達したらさすがに、もういい加減にしようとタイムを求めなくてはならない。群衆がフレッド・グッドウィンの邸宅を襲って窓ガラスをかち割っているテレビ映像が世界中に流れた。この国の評判をどれだけ傷つけたか、ひどいものだ」と言う。
・・・
とはいえ英国民はある意味で、金融関係者の給料についてなかなか怒りださなかった。怒り始めるまでに、かなり時間がかかったのだとも言える。野党保守党の福祉政策のスポークスマンになったばかりで、かつては投資銀行UBSの社員だったデビッド・フロイド氏によると、自分は約10年前、UBSの英国支店で部下にこう言ったのだそうだ。「私たちがいくらもらっているか、業界外の人たちに知られたら、どうなる。金融関係者は次々とギロチンで処刑される憂き目に遭うはずだ。市民は私たちの首を槍につきさして町中を行進するだろう」と。
・・・
/////////////////////////////////////////////////////////////////
 
  List
  この記事は 203010 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_203236
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
219621 米国:広義の失業率が過去最高水準の17.5%に Michelle 09/11/14 AM08
205455 「窮乏生活」世界で始まる 狒狒 09/04/29 AM11
205244 恐慌震源地米国で連日デモ marine 09/04/26 AM08
205129 米国は4つに分裂する? Michelle 09/04/25 AM00
世界中で過激化する、反・金貸しの大衆運動 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/04/05 PM09
203565 金融界への反発→暴動? 匿名希望 09/04/04 PM03
G20は現実的には何の解決策も出せない。ドルの終焉は時間の問題。 「にほん民族解放戦線^o^」 09/04/02 PM11
G20は現実的には何の解決策も出せない。ドルの終焉は時間の問題。 「にほん民族解放戦線^o^」 09/04/02 PM11
203359 今、日本人に期待されること 火中の栗 09/04/01 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp