’70年貧困の消滅と私権の衰弱
203191 自動車離れ⇒鉄道復権か?
 
大森義也 ( 44 広島 建築設計 ) 09/03/30 PM06 【印刷用へ
市場の拡大が止まり、戦争の心配がなくなれば、自動車・航空機主体だった交通手段は、鉄道に回帰してゆく。


■以下引用リンク________________________

鉄道が実用化されたのは1825年。その直後、イギリスのロンドン近郊をロケット号という列車が時速45キロで走った。日本に鉄道が導入されたのは、それから47年後である。約半世紀遅れで日本はイギリスから技術を学び、明治時代に鉄道網を完成させた。そして、20世紀になって自動車と航空機の時代が訪れ、世界で鉄道が主役の座を追われても、日本は鉄道を主軸に高速都市間鉄道網を発展させ続けた。今、エネルギーの高騰、温暖化問題を受け、世界は鉄道の再評価を始めた。その結果、「日本の鉄道」は自動的に、最も先進的な存在として世界の表舞台に再浮上しつつある。

かつて「国鉄改革三人組」と称されたミスター鉄道が、鉄道の歴史と日本モデルの意義を説く。


 ――日本の鉄道文化を世界の鉄道史の中でどう位置づけますか?

ヨーロッパの19世紀は鉄道の世紀でした。鉄道整備には英米型と欧州型があって、英米型はプライベートビジネス、要するに民間企業がつくる。一方、欧州大陸の鉄道は王様の鉄道、ロイヤル・レールウェーで国が建設をする。ドイツのビスマルクは、鉄道を建設することは国家を建設することだと言った。ナポレオン3世も鉄道建設に熱心だった。

なぜかといえば、鉄道は大量の軍隊を速やかに戦線に送る役割を果たしたからです。典型的なのが普仏戦争。さらに第1次世界大戦では、仏との西部戦線とロシアとの東部戦線の二正面作戦を強いられたドイツが、鉄道による動員力に注目して立案したシュリーフェン・プランが有名です。20世紀も第1次大戦までは、鉄道は国の経済、国防、軍事を含む基幹産業だった。

その後、航空機が開発され、自動車ができて、第2次世界大戦では、いわゆる軍事的な陸路思想ががらりと変わった。勝敗を決するのは機動力だという考え方で急速に軍事技術が進み、それに合わせて交通網の整備が行われ、モータリゼーション、航空機化が加速した。戦争が終わったとき、鉄道はもう時代遅れだという空気が全般的になっていました。

しかし、日本は遅れて鉄道をスタートさせ、そして最後までこだわった国です。戦争が終わったときに、日本では道路は未整備だった。ネットワークが完成し、かつ崩壊した日本の行政組織の中で正常に動きえたのは国鉄だけだった。昭和10(1935)年を基準に、戦争が終わった年の日本の製造業の能力は3割まで落ちていたが、鉄道は7割以上の能力を残していた。それをフル稼働したから輸送量は終戦直後、昭和10年を上回っていたほどだった。

戦後の日本は鉄道を主軸に交通機関を考えた。これは欧米との画期的な差です。日本にはそれしかなかった。石油がないうえに、敗戦国で石油が買えない。日本にあるエネルギー資源は石炭と水力発電です。石炭は製造業、重化学工業に重点的に回し、水力を使って発電して鉄道を動かすという戦略をとった。

これが日本の鉄道の発展形態を決定した。電気鉄道は、発電所、送電線があり、変電所で受け、電線があって動く。だから、そのどこかに攻撃を受けたら動かない。戦争を頭に置いて安全保障を考えると、電気鉄道は弱い。でも、日本は戦争をしないのだから、攻撃に対しての抵抗力を考えるより、正常に機能したときの効率性を選ぶと割り切った。

____________________________引用以上
 
  List
  この記事は 202993 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_203191
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
203228 日本の鉄道技術が世界の流通を救う 狒狒 09/03/31 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp