’70年貧困の消滅と私権の衰弱
202994 とりあえずの安心から成果が求められる時代へ
 
ぱち ( 31 愛知 電気屋 ) 09/03/27 PM01 【印刷用へ
>’70年貧困の消滅以降、人々の物欲は衰弱し続け、’95年になると「特に欲しい物は無い」という段階にまで至る。それからしばらくは働く人の所得は下がることなく、物に代わり塾や資格といった意識生産にお金を使うことで教育ブーム(教育バブル)が生み出されてきた。しかし、’08年に金融危機が顕在化すると、経済不安→生活保護意識から、塾では公立志向が加速し、資格では「こんな資格取って意味があるのか?」ということに気付き始めた。’09年現在を総括すると、『市場に煽られた欲望の衰弱』の時代に入ったのだと云える。

そんな状況の中で、最近塾業界での塾を辞める理由として、「成績が上がらないから」「慣れきってしまい、通っているだけになっているから」などの理由が増えてきているそうだ。

これまでは、塾では「友達が行っているから」「友達に会えるのが楽しいから」、資格業界では「とりあえず資格を取ってから」などの甘い理由が通用した。しかし、『市場に煽られた欲望の衰弱』の時代になってくると、もったいない・必要か否かなどの意識がより強くなってくるため、とりあえずの安心だけでは離れていってしまう。さすがに、これだけ経済不安状況をみんなが認識するようになると、子供や若者でさえ、親にお金を出してもらうに見合うだけの成果が上がっていなくては申し訳ないという感覚が生まれてくるのではないだろうか?

今必要なのは、「こうしとけば安心⇒成果が求められる時代」へと転換したという認識なのだろう。
したがって、「成果へとつながる可能性の提示」まで出来なくては、所詮ハッタリ・ダマシと認識されてしまう時代になったのだという自覚が必要になってくるのではないだろうか。
 
  List
  この記事は 202848 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_202994
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
現代の神官=社会統合階級の欺瞞
個人主義者の詭弁 個人と自我
個人主義の責任捨象と言い逃れ
共認回路と自我回路
規範意識の形成の土台は? 
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
規範回路と観念回路の断層
我思う、故に我あり
漱石をねじ曲げる「奴隷」たちへ
「自我=エゴ」を制御するもの
相手尊重の意識の原点は?
歴史無視の表層的個人主義はウンザリ
共認充足がなければ生きられない
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
「自分らしさ」を理解できない人々
「心の豊かさ」に感じる胡散臭さ
規範の形成を阻んでいるもの
自己実現の「非」実現性
自我回路より共認回路の方が充足できる
“自我心理学”から“共認心理学”へ
あらゆる圧力を排除する個人主義
人類の本性は共同性にあるA
原始時代に自己中はいなかった
全体主義を生み出した犯人は、自己中
潮流1:共認原理と私権原理
私権時代から共認時代への大転換

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp