恋愛って、何?結婚って、何?
202993 ここまで進む自動車離れ 〜東京モーターショーは半減、ロンドンは開催中止〜
 
匿名希望S ( 40代 東京 会社員 ) 09/03/27 PM00 【印刷用へ
自動車産業のメインイベントであるモーターショーが、世界的に深刻な不振に陥っているようです。

【ロンドンモーターショー10】開催中止
リンク

【東京モーターショー09】会期が4日短縮、出展者・展示面積は半減
リンク

以下転載
*******************************

イギリスの自動車工業商業協会は19日、次回2010年開催予定だった、英国モーターショー(ロンドンモーターショー)を中止すると発表した。世界的な不況の中、出展を確保できないため。

OICA=国際自動車工業会連盟公認の国際モーターショーで、昨今の不況を理由に開催そのものがキャンセルされるのは初めてと思われる。

以下転載
*******************************

日本自動車工業会は24日、今秋に開催される「第41回東京モーターショー2009」の開催期間を正式に発表した。昨年の発表時から4日間短縮し、2009年10月23日 - 11月4日の計13日間となる。

経済不況を受け、米ビッグスリーをはじめ、欧州メーカーもフォルクスワーゲン、メルセデスベンツ、ランボルギーニなどが出展を見送る。また、大型商用車と車体部門の展示を取り止め、展示面積を縮小してコンパクトな形で展示を行う。

今回、出品者数は8か国、1地域から3政府、1団体、122社。展示面積は2万2594平方mとなる。今回、新たにカロッツェリア部門を設定し、3社が出品を予定している。


前回ショー実績の11か国、1地域、4政府、1団体、241社、4万4587平方mと比べ、出品者数は部品部門を中心に120(1政府、119社)減少し、展示面積は49%減少とほぼ半減となった。
 
  List
  この記事は 202046 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_202993
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
203191 自動車離れ⇒鉄道復権か? 大森義也 09/03/30 PM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp