日本人の起源(縄文・弥生・大和)
20288 縄文時代の豊かな色彩文化
 
田野健 HP ( 40 東京 監理 ) 02/01/08 PM11 【印刷用へ
森さん、こんばんわ。
縄文時代の「色」について小山 修三氏の”縄文学への道”の著書の中にユニークな分析がありましたので紹介します。

縄文人の色彩感覚はまことに豊かであった

以降は彼の抜粋を交えて書いてみたいと思います。

縄文時代の色彩について、まず赤が縄文時代を通じてあらわれる。
素材は酸化鉄でのちに水銀朱も使われている。はっきりしているのは葬送で、死者は頭部あるいは全身を赤く染められることが多い。しかし赤は日常の場でもよく使われていたようだ。赤い漆塗りの櫛は各所で多く発掘されている。

黒もよくつかわれていた。漆器の他に黒光りするまで磨きこまれた土器があり、赤と対比的に模様を作り出すことが多い。黒の素材は炭素であるが、漆にすすを混ぜて土器等に練りこんだに違いない。土器の複雑な模様もこの2色の対比によってそのメッセージ性をより高めたことだろう。

白は質のよい粘土や貝を用いて表現したようだ。植物繊維等もよく晒して白として表現した。どんぐりやならのあく抜き技術からも縄文人の水利技術は高く草木染めの知識も持ち合わせていたことが想像できる。
また、イヤリングやビーズの装飾品には緑、黄、白、黒の色のはっきりした素材を選んでいる。ワンポイントとしてヒスイ、琥珀、貝を好んで用いられた。

縄文人は色の鮮やかさだけでなく特に輝いたり、黒光するような滑らかな面を好んだようである。
このような嗜好は縄文人の美的感性を示すと同時にそこに豊かな精神世界の交流を垣間見るのである。

彼は同時に赤と黒という色彩の使い方をハレとケの文化の必要からという見方もしている。

森さんがおっしゃるように、黄金に象徴されるよう階層化以降急速に色彩は意味付けられたのでしょうが、縄文時代の色彩への傾憧は異なった側面があったのではないかと思います。
縄文中期〜後期、シャーマンの登場と時を同じくして縄文人の色への感性は高まっていった〜それは現代的に言えば芸術でありファッションなんでしょうが、文字文化を持たない縄文の民の意識としては日常コミュニケーションと後世伝達の重要な手段であったのではないでしょうか。
 
  List
  この記事は 19901 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_20288
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
抗がん剤は、実は増癌剤だった
白血病で息子を亡くした医師の語った抗がん剤治療の実態
「ガンはうかつに治療するな!」はごく一般的選択肢
日本の癌治療の実態〜利権に群がるガン・マフィア
製薬会社と医学部の癒着、現役国立大学教授が実名で現状告発!製薬会社と大学教授がグルになって患者を騙す!
現代医療を牛耳る存在〜国際医療マフィアとは?
近代医療が金貸しに乗っ取られる過程A 〜大卒の医薬品を使う医師のみにお墨付きを与え、他の医療を排除する〜
捏造された新市場(精神疾患と専門薬)2
輸血に関するウソ、赤十字社などの血液利権の巨悪犯罪(1)
輸血は無意味だった!塩水で十分!!
栄養学の嘘:食物のカロリー表示は全く意味のない数字
健康を守れない健康診断。無駄で有害な健康診断。健康診断は患者濫造システム
90%以上のガンは数週間のうちに完治する
千島学説との関連性は?鳥取大、癌は容易に正常細胞へ変換できることを発見
「がん」を考える5〜がん腫は、非常の排毒機能
発熱しても薬は飲むな「世界には2人の名医がいる。それは食欲不振と発熱だ@」
現代医療の闇と東洋医学の復権
共認治癒力A
食べなければ死なない@
一日一食健康法
食べることやめるには、腸の菌を育ててから
命のない食べ物が私たちを狂わせてしまう。〜あなたの食歴は大丈夫?
砂糖は怖い
JTは、タバコより「塩」をどうかして欲しい。
子供の脳を破壊してしまう危険な化学塩
牛乳の害(ここにもアメリカとマスコミ支配の影が・・・)
知ってる人は食べない、七つの食品
放射能汚染から身を守る為の知恵〜塩、味噌が身を守る!
微生物を利用した発酵食品が放射線障害から身を守る 1
微生物を利用した発酵食品が放射線障害から身を守る 2
「たまねぎ氷」で見直されるたまねぎの効能
重曹は放射能汚染除去にも強い威力
重曹うがいを1ヶ月続けてみた。⇒効果大!
ガン死亡率が増えているのはタバコが原因?
タバコ発ガン説のウソ
タバコと肺がんの関係における統計学的なごまかし
タバコの常識の嘘
新事実が出ているにもかかわらず見直されない『母子手帳』
欧米にはなぜ寝たきり老人がいないのか?
驚愕!エイズは嘘だった

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp