日本人の起源(縄文・弥生・大和)
20288 縄文時代の豊かな色彩文化
 
田野健 HP ( 40 東京 監理 ) 02/01/08 PM11 【印刷用へ
森さん、こんばんわ。
縄文時代の「色」について小山 修三氏の”縄文学への道”の著書の中にユニークな分析がありましたので紹介します。

縄文人の色彩感覚はまことに豊かであった

以降は彼の抜粋を交えて書いてみたいと思います。

縄文時代の色彩について、まず赤が縄文時代を通じてあらわれる。
素材は酸化鉄でのちに水銀朱も使われている。はっきりしているのは葬送で、死者は頭部あるいは全身を赤く染められることが多い。しかし赤は日常の場でもよく使われていたようだ。赤い漆塗りの櫛は各所で多く発掘されている。

黒もよくつかわれていた。漆器の他に黒光りするまで磨きこまれた土器があり、赤と対比的に模様を作り出すことが多い。黒の素材は炭素であるが、漆にすすを混ぜて土器等に練りこんだに違いない。土器の複雑な模様もこの2色の対比によってそのメッセージ性をより高めたことだろう。

白は質のよい粘土や貝を用いて表現したようだ。植物繊維等もよく晒して白として表現した。どんぐりやならのあく抜き技術からも縄文人の水利技術は高く草木染めの知識も持ち合わせていたことが想像できる。
また、イヤリングやビーズの装飾品には緑、黄、白、黒の色のはっきりした素材を選んでいる。ワンポイントとしてヒスイ、琥珀、貝を好んで用いられた。

縄文人は色の鮮やかさだけでなく特に輝いたり、黒光するような滑らかな面を好んだようである。
このような嗜好は縄文人の美的感性を示すと同時にそこに豊かな精神世界の交流を垣間見るのである。

彼は同時に赤と黒という色彩の使い方をハレとケの文化の必要からという見方もしている。

森さんがおっしゃるように、黄金に象徴されるよう階層化以降急速に色彩は意味付けられたのでしょうが、縄文時代の色彩への傾憧は異なった側面があったのではないかと思います。
縄文中期〜後期、シャーマンの登場と時を同じくして縄文人の色への感性は高まっていった〜それは現代的に言えば芸術でありファッションなんでしょうが、文字文化を持たない縄文の民の意識としては日常コミュニケーションと後世伝達の重要な手段であったのではないでしょうか。
 
  List
  この記事は 19901 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_20288
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
2万年前に南からも移住していた
南からの海洋漁猟部族(磨製石器)
縄文と日本人論をめぐって 
縄文人と農耕技術
縄文ネットワーク
「五大文明(?)」
祈りの民アイヌ(1)
RES:縄文から「アイヌ」まで
円筒土器と石刃鏃@
縄文時代の豊かな色彩文化
西欧と日本の階層意識の違い
縄張り圧力ではなく期待・応望圧力
「倭」=「日本」であるという定説の嘘
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮はどこにあったか?
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか?
大量渡来か少数渡来か(1)
大量渡来か少数渡来か(2)
渡来人の出自(2)
縄文・弥生論争への視点
弥生時代前夜の社会状況
村落共同体の自治の歴史
弥生の侵略闘争
居徳は弥生に突入していた
弥生の統合様式と私有意識
採取生産時代のまつり統合とその限界@
「支配者から見た属国意識」〜5、武士とは日本の支配史にとって何か
カタカムナに学ぶ 〜日本語は上古代人の認識が現代に残っている稀有な例〜
日本語の持つ力2

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp