農村を活性化させる為には?
202375 現代農業 やがて不耕起栽培が主流になる1
 
匿名希望 09/03/18 PM00 【印刷用へ
不耕起移植・無農薬・冬期湛水
耕さない田んぼが生態系を蘇らせる
日本不耕起栽培普及会会長 岩澤信夫さんに聞く
リンクより引用。

*****************************************************************
自然の山野は耕されていない
――田んぼを耕さないなんて農業の常識に反するように思うのですが、不耕起農法をはじめたきっかけは何だったのですか。

★不耕起移植栽培を始めたきっかけは冷害対策でした。私は千葉県成田市の農家に生まれたのですが、若い頃から農作業をするよりも農業技術の研究に熱中していました。スイカの栽培技術を編み出し、全国の農家に教え歩いていたのです。

 東北の青森県の木造町に教えに行った時だったと思うのですが、…(略)…やはり農業の真髄はお米だと感じた。

 それで、米作りを習おうと東北の農家をたずね歩いたのですが、そこで厳しい冷害の現実を目の当たりにしました。冷害というのは本当に惨めなものです。ところがそうしたひどい冷害の中で、ポツンポツンと稲が頭を下げている田んぼがいくつかあった。作っている人を訪ねていったら、全部お年寄りだったのです。なんでだろうと思ったら、息子が東京へ出ていったということで作付面積が小さい。それで機械化できないので、昔ながらの水苗代(水を引いた田んぼで苗を育てること)でやっていた。水苗代で育った稲だけが冷害に強かった。

 それから稲作技術への試行錯誤を繰り返しているうちに、オーストラリアに移住した日本人がやっている不耕起のドライファーミングの論文に出会った。さらに福岡正信さんの『わら一本の革命』を読んで不耕起栽培という技術を知りました。ソレっと思って福岡さんに会いに行った。福岡さんの農法は、不耕起直播に加え、肥料も農薬も機械も使わず、種をまいた後は人間は手をかけず自然の力に委せるというものでした。暖地農業の福岡さんからヒントを得て、私の教える東北では昔ながらの苗づくりの技術(水苗代)に不耕起移植を取り入れ、冷害に強い稲作りを目指したわけです。

――耕さなくて本当に稲が育つのですか。

★今の農民はトラクターで3回も4回も5回も土を反転します。でも、よく考えてみると、野原や山や道端の土は反転されているわけではない。それでも植物は、きちんと根を伸ばし、芽を出し、立派に育っています。それが植物の本能なのです。そうした遺伝子を持った植物以外は今の地球上には存在しません。

 稲もそうした植物の一種です。耕さない田んぼに植えると、コンクリートのようになった固い土の抵抗を跳ね返して根を伸ばしていく。それが根先のストレスとなって、固い土に根を突き刺そうと、細い根が太い根に変化していくのです。稲が野生化し、冷害の年でも実を結ぶし、倒伏(稲が倒れること)することもない。病害虫にも負けない強い稲ができることが分かったのです。

 私は、不耕起移植の技術をたぶん1000件以上の農家に教えてきました。千葉県佐原の藤崎芳秀さんは、20年以上耕さないで稲を作っています。耕した田んぼと不耕起移植の田んぼの稲を比べると、同じコシヒカリでも不耕起移植の田の稲の方が、根も茎も大きく育ちます。冷害にも強く、多収穫と省力化を同時に実現できました。

 私の経験では、初期の草取りは大変でも耕さない年数が長くなればなるほど雑草の種が掘り返えされなくなり、雑草が発芽しにくくなります。微生物の働きで土壌も豊かになる。不耕起移植の田んぼは、年々変化を遂げています。ある時、田んぼ一面に緑の絨毯のようなものが広がっているのに気づきました。サヤミドロという藻が大量に発生していたのです。気を付けて観察してみると、タニシやトンボなどの生きものも、これまで見たこともないほど大量に発生していました。

 不耕起移植の田の場合、稲刈りの後も耕さないために、田んぼに稲株や切り藁が残ります。そこに水を張ると、藁や株が水中で分解され、微生物や微小動物昆虫類や藻が大量に発生します。これが生きものの餌になります。藻や植物性プランクトンは光合成をして酸素を吐き出し、たくさんの生きものが住める環境を作り出します。耕さない田んぼが、生きものの循環を生み、豊かな生態系を作り上げていくのです。

 農地は耕すと、種をまいたり、苗を植えたりするのは非常に楽です。耕すことで除草もできます。だけど、耕すことのマイナスもあるわけです。一番のマイナスは、作物を甘やかしてしまうことです。人間と同じで、過保護に育てられた作物はたくましく育たない。農薬をあてにせざるを得なくなる。作物を甘やかさず、厳しい条件で生育させるというのが不耕起移植栽培の一番の骨子です。単に「昔に戻ろう」ということではなくて、「本物のお米」を作るにはこの農法が一番あっている。
 
  List
  この記事は 196605 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_202375
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
290585 日本の哲人・福岡正信氏の自然農法〜人間の科学が不完全で不要なものであることを"何もしない"自然農法で証明 14/05/24 PM10
【共認社会の新しい農法とは?】(10)〜生態系を維持しながら農業する“不耕起”という手法もアリでは?〜 「新しい「農」のかたち」 10/05/04 AM07
209898 完全人力で、日本一高い米を作る 小松由布樹 09/07/01 PM05
202376 現代農業 やがて不耕起栽培が主流になる2 匿名希望 09/03/18 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp