サル社会を解明しよう
2014 サル時代の婚姻様式
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 01/03/23 PM05 【印刷用へ
原猿は概ね原モグラと同じで、1匹の首雄に2〜3匹のメスが集中する首雄集中婚が主流ですが、同時に注目しておくべきことは、原猿集団は首雄と数匹のメスとその子供たちによって構成される生殖集団であるという点です。もちろん、首雄が闘いを担う闘争集団でもありますが、重要なのは、この集団が雌雄の揚棄(充足)共認と役割共認によって成立し、統合されているという点なのです。その充足共認の中心を成すのは性的な期待と応合の共認であり、この様な雌雄充足共認は、驚くべきことに闘争集団である真猿集団においてもその核として存続し続けるのです。

言うまでもなく、真猿集団は闘争共認によって統合された闘争集団です。しかし、戦力にならないメスたちは、その闘争集団の中央に、あくまでも原猿と同じ雌雄充足共認の世界(=生殖集団)を形成し続けます。つまり、メスはあくまでも生殖集団を拠点とし(メスの生殖収束)、首雄との雌雄充足共認を存在の武器とし続けました(メスの首雄収束)。この様に、真猿も首雄と雌たちの雌雄充足共認によって形成された生殖集団(原猿と本質的に同じもの)を核として、その土台の上に(核の外側に)雄たちの闘争集団を構築したのです。

真猿における中央の生殖集団と外側の闘争集団を媒介しているのが、雄たちの性闘争とその帰結たる序列秩序であり、この性闘争⇒序列秩序(規範)によって真猿集団は統合されています。従って、真猿の婚姻制も首雄集中婚が主流で、中央に首雄とメスたちと子供たち、その外側にオスたちという、絵に描いた様な内雌外雄の同心円の隊形を取ります。(但し、同類闘争の圧力が低下し、序列規範が緩むと、首雄の目を盗んだメスの挑発→交尾によって集中婚規範が破られ乱婚化してゆくことは、既に皆さんの投稿でも明らかにされた通りです。)

この様に、あくまでも生殖集団=性的な期待・応合に基づく雌雄充足共認に収束するメスの習性は、原猿・真猿・人類の極限時代、そして遂に闘争を放り出して生殖だけの家庭を不可侵の聖域として形成した現代に至るまで一貫しており、全く変わっていません。
 
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_2014
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
239276 注視〜サル時代に獲得した共認機能を磨いていきたい 匿名希望 10/10/12 PM05
232090 【図解】サル時代の婚姻様式 佐藤賢志 10/05/22 PM11
225921 雌雄充足共認による集団形成は不変 山上勝義 10/02/06 AM00
225920 生殖集団=性的な期待・応合に基づく雌雄充足共認 ヨネ 10/02/06 AM00
225838 婚姻様式もあくまで外圧適応の原理に基づいている 佐藤晴彦 10/02/05 AM00
216764 充足の為に肉体改造♪ カナ 09/10/08 PM10
212353 外圧状況を知っただけで首雄に収束することが当然☆と思えるのは、女(メス)だから♪ 谷光美紀 09/08/07 AM08
ニホンザルの社会構造 オスの順位制とメスの血縁制 「共同体社会と人類婚姻史」 08/02/09 PM04
144560 真猿の首雄に働く圧力とは? 渡邊真也 07/02/10 AM07
143428 【図解】実現論 前史 ホ.サル時代の雌雄分化 塩貝弘一郎 07/01/26 PM11
114478 序列規範が緩む季節(サルの場合)は暖かい時期? サムライ 06/05/18 PM09
114251 序列規範が緩むと乱婚になるのは ぱち 06/05/17 PM10
91668 外圧適応態ゆえ、進化の過程は全て塗り重ねられている 三輪歩未 05/05/29 AM01
83802 生殖集団と闘争集団の媒介 谷光美紀 05/01/09 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp