心の本体=共認機能の形成過程
2013 サル時代の雌雄分化
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 01/03/23 PM05 【印刷用へ
 真猿集団は、同類闘争(縄張り闘争)を第一義課題として共認しています。ところが、本能に基づく外敵闘争ではなく闘争共認に基づく同類闘争になると、体格が劣るメスは全く戦力にならない存在となり、存在理由を失って終います。その結果、メスは極度に依存性を強め、首雄に強く依存収束する(強固な依存収束回路を形成する)ことになります。他方、同類闘争(縄張り闘争)を闘うオスたちの不全感→揚棄欠乏は大きく、とりわけ性闘争・序列闘争の覇者たる首雄の雌雄充足期待(その中心が性的期待)は極めて大きいものがあります(補:本能的には、オスは性闘争に勝つ為に生きているのだと云っても、良いぐらいです)。

そこで、依存収束したメスたちは、首雄の強い雌雄充足期待(その中心を成す性的期待)に応合すべく、自らの全存在理由をかけて性機能(挑発機能や発情機能)を発達させてゆきました。高度に進化した雌ザルの赤く充血した性器や、年中発情(本能的な発情期の消失)は、その様な雌たちの一念が生み出した肉体改造の結晶なのです(それは、現代の女が化粧やダイエットにかける執念に勝るとも劣らないほど、凄まじいものだったと考えられます)。

かくして、原猿時代の雌雄充足共認(雄は期待形、雌は応合形)を土台として、「雄は闘争と庇護、雌は生殖と充足(性や親和)」という雌雄役割共認が確立されてゆきます。そして、役割欠損を孕んだメスは、首雄の充足期待に応える充足役割(その中心が性的期待に応える性的役割)に収束し、これを第一義的な存在理由とする性的存在となっていったのです。(注:3000万年を経て、これらの「機能」や「役割」はDNAに刻印されていると考えて、間違いないでしょう。)(補:メスの性的存在化は、雌雄役割規範が確立されていない初期は、役割欠損→役割欠乏が原点になりますが、役割規範が確立されて以降は、役割規範そのものへの応合が原点になります。)

この様なメスの性的存在化が、生物を貫く雌雄の差別化の拡大という進化ベクトルに合致した、一つの実現形であることは、言うまでもありません。しかしその結果、メスは首雄や子供を対象とする生殖集団への収束力は強いのですが、外圧を対象とする闘争集団への収束力は極めて弱いという、全的な集団にとっては極めて厄介な問題を孕むことになります。もちろん、メスの性収束は哺乳類の内雌外雄の摂理に基づいており、その摂理を踏み外さない限り、全的な集団として何ら矛盾は生じません。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_2013
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
143222 【図解】実現論ホ.サル時代の雌雄分化(メスの脳回路) 仲西大輔 07/01/24 PM10
143221 外圧を伝えることが、オスの役割 根木貴大 07/01/24 PM10
142620 メスが全存在理由までかけて、性機能収束したのはなんで? 三浦弘之 07/01/17 PM11
141161 性的存在化は人類の重要課題! 江岸元 06/12/28 PM03
138925 雌雄役割規範は集団を維持する為の自然の摂理 ウラカンラナ 06/11/30 PM11
123032 サルの性機能の進化を勉強して…。 さつき 06/06/21 AM11
111093 「性的存在」は自らの全存在理由をとことん追求した結果。 河野梨恵 06/05/01 PM11
110443 「性的存在」ってどうなの? 田中直人 06/04/27 PM10
108908 どうしたら強い充足期待が生まれるの? 今村恵 06/04/12 PM11
102674 女たちの不全 小林千春 05/12/15 PM11
102668 「役割規範」に応合。 山田純子 05/12/15 PM10
100190 存在理由を見失った女達 中瀬由貴 05/11/02 AM01
92397 女達の収束不全 越見源 05/06/09 PM10
92096 まさにメス(女)自身が闘争にどう収束するか?が、弱点を克服するカギ 谷光美紀 05/06/04 PM11
92068 弱点 小林有吾 05/06/04 PM10
84696 サルの雌雄役割共認による肉体改造(事例) 橋口健一 05/01/27 PM06
79643 「私も闘いたい」という女の子 松尾茂実 04/10/21 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp