新しい男女関係(→婚姻制)の模索
2 『男女同権思想について』
 
西知子 ( 26 京都 秘書 ) 01/02/01 PM01 【印刷用へ
同じような状況でも、男女差別なんて思わない人もいれば男女差別のせいにする人もいます。その場合、好意的に状況を受け容れている人は何も言わないのに対して、不満視の強い人はとにかく主張するでしょう。

社会的には、何も言わない人の声はまるで存在しないかの様に扱われ、不満視の強い人の主張だけが形になってしまって、あたかもそれがみんなの当然の声であるかのように皆の頭の中に浸透してしまったのだと思います。
だから、「頭で」社会や会社や自分を考える時(就職活動の際に考えることは多いと思いますが)は、私たちのほとんどが、無意識にその思想を前提に考えてしまうのだと思います。

けれど日常の場を振り返ってみると、物言わぬ人の思いも存在するし伝わるし、むしろ肯定的な人の方が影響力もあってみんなを良い方向に導いてくれることを知っています。それに、実際にみんなで何かやろうとする時には、男女同権とか権利とか主張しだしたら何も上手くいかないので、普段そういう意識で物事に取り組むような人は周りにはあまりいないんじゃないでしょうか。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_2
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
278047 「男女同権」も「みんな平等」も思ってない。だけど意識には根付いている 玉垣綾子 13/06/28 PM10
111482 権利だとか平等だとか言わずに素直になろう。 今村恵 06/05/04 PM09
女性リーダー3割目標…男女共同参画基本計画案 「新・サムライなんで屋」 05/12/26 PM10
男女共同参画って何? 「なんで屋福島駅前店ブログ出張所」 05/11/01 PM08
「男の子は男らしく、女の子は女らしく」、ジェンダー意識変わらず、豊橋市が市民の意識調査 「新・サムライなんで屋」 05/10/08 AM00
93667 主張ではなくみんなの違和感を言葉にしていく 石川笑美 05/06/30 PM10
90203 男女同権教育は残酷 前山修司 05/05/07 PM10
90159 無意識に誰もが男女同権に染まってる 高梨俊寛 05/05/07 AM00
90151 “性を意識しない”という恐さ 久保田彰子 05/05/06 PM10
87749 お互いを肯定視できれば男女同権はいらない 大嶋洋一 05/03/22 PM09
86913 男女同権の使われ方の変化 藤田公一 05/03/07 PM02
81439 「男女同権は何かおかしい」と女性たちも感じ始めている 関英治 04/11/24 AM03
31639 女の子より強い男の子を見たことがありません 佐藤英幸 02/05/22 PM11
31267 各々特徴を生かせば良いのでは 河野和也 02/05/18 PM08
10537 有る主張。 西村真治 01/09/13 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp