日本人の起源(縄文・弥生・大和)
199991 天皇騎馬民族説の進化B 日本に本拠を移した辰王朝が、“倭の五王”
 
井上宏 ( 40代 新潟 建築コンサル ) 09/02/18 AM09 【印刷用へ
江上氏の騎馬民族説の続き、倭の五王について・・・・

天皇騎馬民族説の進化(1) リンク 半月城通信さんより
////////////////////////////////////////////////////
応神・仁徳以後の倭の五王−北九州の筑紫に築いた橋頭堡からさらに倭人
の中枢部である河内・摂津に進出した辰王朝本家−が中国の南朝(宋)に対して、代替わりのたびに、「使持節都督、倭・百済・新羅・任那(加羅)秦韓・慕韓六国諸軍事・安東大将軍、倭国王」と自称して、執拗に朝鮮半島南部の宗主権の認証を求め、宋が、すでに百済王を任命していた百済を除く他地域の宗主権を認めたことの謎も解けるのである。

倭王の主張は、現存している新羅・百済・任那(加羅)のほか、秦韓(辰
韓)は新羅の前身、慕韓(馬韓)は百済の前身という、すでになくなってしまっている国々まで挙げて宗主権を主張し、それでいて弁韓は挙げないというまことに奇妙なものであった。
これは倭王が三韓時代に朝鮮半島南部を支配した辰王朝の本家であったか
ら、宋もその主張に理を認めたこと、そして倭王が弁韓を要求しなかったのは、現に保持している任那(加羅)の前身だから言うに及ばなかったのである。
そのように考えると日本古代史の学者たちのなかには、国際環境に無知な
る夜郎自大的要求とみるむきもあるところの、倭王の一見、不可思議な主張と、中国がそれを認めた理由のすべてが一挙に解決できるのである。倭人の国を征服した辰王国が最終的に都をおいた大和は、聖徳太子の時代まで秦王(辰王)の国といわれていた。『隋書』「倭国伝」には、遣隋使・小野妹子の返礼使として隋から派遣された?(はい)世清の見聞が記録されているが、そこにはかれらが対馬・壱岐を経て竹斯(筑紫)に至り、さらに東に進んで、秦王国に至ったとある。
 ・・・
倭国王の宋への上表文では、辰韓は常に秦韓と書いていたように、秦王国
はすなわち辰王国である。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「ところが、五世紀になり高句麗の圧力が強まると、奇妙なことにこの金官加耶から支配集団が突然いなくなってしまった。彼らはどこへ行ったのか?倭へ行ったのか?」

それにちょうど符丁をあわせるかのように、このころから日本に大量の馬
具など騎馬民族文化がとうとうと入ってきました。これは誰しも認めるところです。さらにつけ加えるなら、モノだけでなく精神世界の支柱である神話も入ってきたようでした。前にも書きましたが、高天原(たかまがはら)から九州に天下ったニニギノミコトの天孫降臨神話が加耶の首露王神話によく似ていることは三品氏により指摘されたとおりです。

こうした事実を勘案すると、5世紀、陶質土器(須恵器)文化をもった強
力な騎馬武装集団が加耶から渡来し、あるいは江上説のいうように東遷し征服王朝、応神朝をたてたのかもしれません。
////////////////////////////////////////////////////////////
(引用以上)


 
  List
  この記事は 199989 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_199991
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
199993 天皇騎馬民族説の進化C 百済と日本の秦氏は辰王朝の系統 井上宏 09/02/18 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp