収束不全:やりたいことが見つからない
199823 今、ワークシェアリングは有効か? リストラの嵐の欧州を見て
 
酒井俊弘 ( 42 千葉 会社員 ) 09/02/15 PM11 【印刷用へ
日本では派遣社員切りや、正社員切り等の1万人単位のリストラ報道が目に付きます。そして、その対策としてオランダ・ドイツ他の欧州で効果的だったワークシェアリングの話を良く耳にします。

ワークシェアリングを推奨する先生方は、ヨーロッパの上手く行った過去事例をあげて議論しますが、昨今の経済不況下でのヨーロッパは以下のように日本と同じようにリストラの嵐が吹き荒れているようです。

蘭「フィリップス」が6000人の人員削減へ、赤字転落で
リンク
蘭金融「ING」が7000人の削減へ、10億ユーロのコスト削減
リンク
製薬「グラクソスミスクライン」が6000人規模の人員削減へ
リンク
鉄鋼最大手「アルセロール・ミッタル」が9000人の削減へ
リンク
仏「プジョー・シトロエン」が1万1000人を越える人員削減へ
リンク

ということは、ワークシェアリングは本質的な回答ではなく、対処療法的なものだった、と捉えた方が良さそうですね。

この議論を見ていると以下の投稿を思い出しました。

>大学(人文系)やマスコミは、既に生命力を失い、形骸化したそれらの観念に未だにしがみついています。実際、彼らは百年も前から同じ言葉を繰り返しているだけで、本質的には何の進歩もみられません。これでは、当面する社会の閉塞や危機に対応できる訳がありません。今や多くの人々が、学者(人文系)やマスコミの論調にはウンザリしているのも、当然のことでしょう。
968{現代の神官=社会統合階級の欺瞞」

恐らく彼らの話は対処案でしょうが、それは多くの中の1つです。
やはり問題の幹=なんで経済破局が起こったのか?を押えて議論を進めていかないと本質からずれるばかりか、古い使えない価値観に高給を支払い、且つ多くの人々に不全感のみを蓄積させるだけです。

この不全に対して、冷静な判断を下す場が必要であり、それがるいネットだと改めて思います。
 
  List
  この記事は 968 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_199823
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp