思考革命:問題意識発から可能性発へ
199822 「固定化」と「つながるか否か」の繰り返しが実現に向かう
 
橋本宏 ( 20代 大阪 会社員 ) 09/02/15 PM10 【印刷用へ
あらゆることをしっかり固定化したつもりでも、後からトラブルやミスが爆発することがある。これは細部までの確認不足が原因のように考えられているが、問題の本質は「固定化した・していない」という捉え方にこそ原因がある。

ものごとを固定化するのは「観念」による。金額勘定の「数字」や物質の「名称」から、この問題の原因はこれで、解決策はこれだという認識レベルまで、全ては人類の最先端機能である「観念機能」によって「固定化」が可能となる。だから、より深く、正確に多くの人との共認が可能となった。

しかし、観念は一度定着すると変わり難いという欠陥も秘めている。ずれた観念や一旦固定化され色褪せたものも「固定化」されると、不変(普遍)的なもののようにそれが正だと認識する状態になる。

「なんか違う気がするが、期限が無いから原案でいく」という不安心理による固定化、「一旦固定化されたから、これが正しいんだ」という固定化は、気付かぬうちに観念により独断的な固定化がなされ、しかし所詮は捨象にしかすぎず、後から問題を勃発する危険性を秘めている。

観念による「固定化したか否か」のサイクルだけでは、必ず現実場面とズレた状態となるのだ。

>現在、私権闘争は衰弱し、現実は既に同類圧力にその姿を変えつつある。しかもその圧力源=活力源は「あくまでも人々の期待に対する応望が主目的であって、闘争が主目的なのではない。」(32528
すなわち共認時代へと移行した現在、外圧適応=人々の期待に応えることだ。

つまり何よりも重要なのは、「固定化」したものを潜在思念(直感)上の地平で「つながるか否か」判断するサイクルだ。外圧(現実)とつながり適応する状態が保たれていれば、仕事はうまくすすむ。

潜在思念上での判断軸は、期待と応合の関係、自然の摂理という、相手発であり原理原則発である。自分の都合やごまかしが介入する余地が無い。だから、「何かおかしい」「つながらない」という感覚は方針を軌道修正するチャンスで、その感覚の観念化することに注力し組み替える。
また、潜在思念をもとに一から徹底的に繋ぎなおすことは、今までの「固定化」が崩壊するのではなくて、主体と対象が一致する⇒同化する過程とも言える。

現実場面は常に流動的で、答えや構造はそもそも流動的なものである。「固定化すればよい」という観念を塗り替え、何度も何度も固定化しては崩しつなげてみる、この繰り返しこそが「実現」へと向かうのだ。
 
  List
  この記事は 32528 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_199822
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
『生命と場所』より…生命観
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ
現在の生物学には何が欠けているのか
怪しげな「検証」と、危なげな「定説」
事実の体系とは永遠に進化しつづけるもの
一面的な実験データやツールとしての定説に囚われていては事実を見誤る
事実追求のスタンス
専門家集団と事実
科学と社会
「科学的事実」というドグマ
近代科学と知の体系、再考
近代科学について
実証主義を超えて2
専門家集団の自己完結性にひきつけて2・・「丸山ワクチン問題」
原爆をつくった星少年たち 2・・「科学者独自の倫理」
科学者集団の特徴A
数量化できない自然
仏教の対象認識 【受想行織】
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
狂気の近代科学技術
原発:近代科学原理主義者たちの産物
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
素人が創る科学の世界〜プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』
『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ〜「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(2)古代オリエントの時代〜全てが共認対象として一体であった精霊信仰から精神を上位とし物質を下位とする二元論へ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(5)ルネサンス(14〜16c)〜自然魔術による自然支配観念の萌芽と、「科学」「技術」統合への流れ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(7)近代の前夜〜「科学技術による自然の征服」という思想の登場〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(10)〜“科学技術の申し子”が起こした惨劇
『科学はどこで道を誤ったのか?』(11)〜“観念の絶対視”が近代科学技術の根本問題〜
科学はどこで道を誤ったのか?』(13)中世後期〜キリスト教の権威付けのための大学の創設により、神の手先の「神官」から「学者」が登場する〜
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp