人類の起源と人類の拡散
19912 ヒトはいつから言葉を話し始めたのか(2)
 
田中素 HP ( 36 長崎 企画 ) 02/01/04 PM06 【印刷用へ
言語の有無は直接証拠が残らないので推測するしかないのですが、アウストラロピテクス属から脳容量が倍増した約200万年前の前後は、かなり注目すべき時代のように思います。

現生人類に至る約500万年の間に、現在知られているだけで20弱に上る「ヒト科の種」が盛衰を繰り返していたことが分かっています。特に、この200万年前から前後100万年間は、現在のチンパンジーなどと比べてもかなり知能が高かったであろう4〜5種のヒトが同時並存していた可能性も考えられるのです。

前出のホモ・エルガスターは、「二次的晩熟性」と呼ばれる肉体的変化を遂げています。これは、母体に負担をかけずに大容量の脳の成長を実現するため、脳が極小の状態で新生児を生み、出産後の1年間に急速に脳成長させるもので、現在では人類のみに見られる成長様式です。

また、約180万年前のホモ・ハビリスと同定された化石の中には、手が長く足が短いという樹上適応型の体系に逆戻りした個体も見つかっているようです。

種間闘争圧力の時代とみるか、適応放散の時代とみるか微妙なところですが、言語能力をはじめ、僅かな知能の差が淘汰圧となって、現生人類に至る進化の方向性を決定付けたのがこの時期と言えるかも知れません。

参考資料:「神に迫るサイエンス」角川文庫、
       「複雑化する人類進化の系統」朝日総研リポートNo.150
 
  List
  この記事は 19909 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_19912
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
「続・人類の拡散」 シリーズ 初期ホモ属〜ヒトはいつからヒトになったのか?〜 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 11/02/11 PM06
227113 人類の二次的晩成性が意味するところ HAYABUSA 10/02/24 PM06
163822 人類の言語は、概念装置という磁石のようなものをもっている 得丸公明 07/10/20 AM06
20109 非言語コミュニケーションが重要かも 松尾茂実 02/01/05 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp