西洋医療と東洋医療
198819 ヨーロッパで主食が発達しなかったのはなぜ?
 
狒狒 ( 48 ) 09/02/02 AM00 【印刷用へ
欧米には主食という概念がない、と言われる。
主菜(メインディッシュ)はあっても、主食は無い。懐石のコースを食べたアメリカ人が、「オードブルばっかりで、メインが無かった、何か満足できない。」と文句を言ったという。ほっとけ、お前らの大雑把な食文化とは違うのだ。

何で日本には主食が会って、ヨーロッパには生まれなかったのか、分かり易い説明がありました。

カルチャー食ing
リンクより
///////////////////////////////////////////////////////////////
■パン食は、肉・乳とセットで成り立っています。
 
 パンを食べる地域の食生活は、牧畜とセットになっていて、パンと乳製品と肉が組み合わされて日常の献立となっています。

■一日2kgのパンは食べられない。
 成人がコムギのパンだけで必要な蛋白質をとろうとすると、一日に2kg以上を食べなくてはならなりません。わたしたちの胃袋にはとうていおさまらない量です。  だから、パンを食べる地帯では、乳製品や肉から蛋白質をとる食生活になり、「主食」という考え方は発達しなかったのです。

■お米なら一日700gで何とか生きていける。
 昔、武士のサラリーは「一人扶持」という単位で計られていました。「一人扶持」は、一人に一日米五合を配給します。  一日に米五合(700g強)というのは、それにちょっとしたおかず、味噌汁とか豆腐のようなものがあれば何とか人体を維持できる量なのです。  米は作りやすく収穫が安定しています。しかも栄養バランスがよくておいしい。そんな米があるからこそ、私たちは「主食」を持てたのです。
///////////////////////////////////////////////////////////////

栄養からの必然。アジアで良かった。
でも、サムライたちが食べていたのは玄米のはずですけどね。
米を主食にするのは東アジアから東南アジア、インドにかけて。
南米はトウモロコシ、太平洋地域はイモ類ですね。
トウモロコシもビタミン類などの栄養価は高いのですが、タンパク質は少ない。やはり、他の食品と合わせる必要があるようです。
ではイモ類は?

タロイモ
リンクより
//////////////////////////////////////////////////////////////
トンガは南太平洋の約70の島からなる王国で、人口は約9万8000人。ガリバー旅行記の「巨人の国」のモデルと言われるほど背が高く太っている人が多く、成人男女の平均で身長は約175センチ、体重は約90キロ。

 足立教授によると、トンガ人の体格がよいのは、伝統的な主食のタロイモを1日に約3キロも食べるため。タロイモは低カロリーなうえにミネラル、ビタミン類が豊富に含まれ、新鮮な魚やココナッツを合わせて食べるバランスのよい食生活は、肥満体に見えても生活習慣病になりにくい体を作っていたという。

 しかし、数十年前から、都市化や天災の影響で食生活が西洋化。バターやジャムなどを付けたパンや羊肉を大量に食べるようになり、高血圧、糖尿病、心臓病を患うトンガ人が増えた。
//////////////////////////////////////////////////////////////
良いように書かれていますが、やはりタンパク質は少ないようですね。副菜が必要。

トウモロコシにしろ、イモにしろ、副菜が必要なのに、何でヨーロッパは小麦を主食の位置づけをしなかったのか?
日本食は世界で最も健康的な食事と評価され、米とおかずの組み合わせは栄養学の手本とされていますが、多くの民族がデンプン質の主食とタンパク質、ビタミン類の副菜の組み合わせを持っている。

小麦はなぜ、主食に足り得なかったのか?
 
  List
  この記事は 198449 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_198819
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
200278 「ごはんとおかず」の成立はいつ? やまと 09/02/22 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp