学者とマスコミはグルで頭脳支配
1988 現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ
 
蘆原健吾 ( 30代前半 神戸 広報 ) 01/03/23 AM01 【印刷用へ
学生時代、研究室で実験系を組むときに、いかにすれば望み通り(仮説通り)の実験結果が得られるかに研究室のメンバー全員が(教授の指導を受けながら)知恵を絞って実験を繰り返している姿を見てきました。恣意的にほとんどのパラメーターを固定し、あるパラメーターのみを変動させる。極端に言うと、「自然」をたたいたりひっぱったりつねったりして望み通りの結果を吐き出させる、といった感じです。

プロの研究者もどうやら似たようなことをしているらしいことを知り、一学者が勝手に「定義」したものを信じるという事にすっかり逡巡するようになってしまいました。

また、現在「定説」といわれている説が、もしかして恣意的な大きな前提の上に成り立っているのではないかと、研究室を離れて外から見ると、あらためて思います。

だからと言って、認識を何も固定せずに議論は進められないのですが…


例えば、集団遺伝学や進化論でよく用いられる、「適応度」にしても、「進化速度」や「分子時計」にしても、全て、現状をざっくりと把握しやすいように仮定を立てて数値化し、便利で使いやすいようにしたもの、と考えられます。それはたしかに、自然を捉える際にそこそこ有用であり、対象に対する認識は深まったとは思います。しかし、もともと、ざっくり把握するために「仮定」を置いているということを忘れて、公式のごとく使用するのは本末転倒でしょう。

そもそも、生物も環境も複雑系です。線形の系として捉えて分かるのは、ごく一側面に過ぎないでしょう。

「線形の系」として安易に「定義」して安易に「検証」して、生物を分かったような気になるという時代は、もう終わりなのではないでしょうか。現在、科学は、非線形の系を説明する言語を模索している最中だというのが私の認識です。

だからこそ、現状の「生物学」において「事実」とか「定説」とか言われている物事を捉える際には、慎重でありたいわけです。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_1988
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
この世界を知るための原理 「いわゆる神の存在証明がもたらす意味について」 06/03/27 PM10
107551 「事実」を作り出すから、不信が生まれる 川上真奈美 06/03/17 PM09
105961 科学者と責任問題 熊澤敬輔 06/02/18 PM11
103116 ”劣化収束の科学”を超えて 西谷文宏 05/12/24 PM09
97041 素直に思ったこと ごんべえ 05/09/08 PM08
95417 > 現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ 寺嶋眞一 05/08/01 AM03
92830 構造化されてこそ「科学」 雪竹恭一 05/06/16 PM11
89370 目指すべきは全方位への視点を持った科学 山本豊 05/04/22 PM09
あなたは科学を信じますか? 「あ!なんで屋だ!」 05/04/06 AM11
87196 専門家とみんなが繋がれば・・・ 木村明子 05/03/11 PM10
85594 物質も個性をもつ=主体と対象の論理で考える必要がある 廣重圭一 05/02/12 PM09
82171 科学的事実は線形の系 匿名希望 04/12/06 PM08
81457 複雑系は収束と統合の状態を数式化する試み1 本田真吾 04/11/24 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp