サル社会を解明しよう
1985 種間闘争→大型化の矛盾と特殊解
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 01/03/23 AM01 【印刷用へ
種間闘争に対応して大型化し、その地域の制覇種となったハヌマンラングールやゴリラやチンパンジー(彼らは制覇種だけあって、かなり凶暴です)は、大きな矛盾に直面します。(注:同じ大型の真猿でも、ニホンザルは早期に種間闘争から脱却したので、チンパンジーetcの様な矛盾には、直面しなかったものと考えられます。)

まず、大型化に応じて縄張りを拡大してゆけば、広域に散らばる(かつ、単独でも強い)オスたちを統合することが困難になります。そこで娘残留(=母系制)から息子残留(=父系制)に大転換して、生まれた時から一緒に暮らしてきたオスたちの親和共認と闘争共認を強化することによって、集団の統合を維持する方向に向ったのが原チンパンジー(人類の祖先と云われている)です。

他方、生殖年齢に達した娘・息子ともに放逐し、更にはオスも減らして縄張りを縮小してゆく方向に向ったのが、ハヌマンラングールやゴリラです。(この方向に向った原因としては、上記の集団統合の困難さに加えて、首雄がメスたちに逃げられない様にいつも身近にいてサービスに努める必要があるという点も大きいと、思われます。)そして、いったん縮小の方向に向かうと、制覇種の中の最強者たる首雄にとって、縄張りの防衛は容易なことであり、それよりも群れの中のオスたちとの性闘争の方がより重要な第一義課題と成ります。つまり、縄張り闘争上の仲間であることよりも、性闘争上の敵である側面の方が強く意識されます。こうして、全てのオスを追い出した単雄複雌型(≒原猿型)の生殖集団に後退してゆく事になります。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_1985
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
228527 何故ニホンザルが種間闘争から脱却し得たのか 山田孝治 10/03/18 PM07
213616 一夫多妻(単雄複雌)型のメスゴリラの交尾回避とは? ホームラン 09/08/26 AM00
111624 父性の喪失と闘えるオスの再生〜私権時代の「父性」はゴリラの方法論〜 太刀川省治 06/05/05 PM05
106197 ゴリラの生態 マー 06/02/23 PM01
92074 人類の大型化について 新川啓一 05/06/04 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp