日本人の起源(縄文・弥生・大和)
197645 古墳は水田開発の副産物ではないのか?(1)
 
田野健 HP ( 48 兵庫 設計業 ) 09/01/18 PM01 【印刷用へ
古墳の追求をしていて、ひとつどうしてもわからない事があった。
なぜこの時代(5世紀)に日本中に次々と大型古墳が造成されたのか?
豪族間の力の象徴として古墳の大型化の競争が行われていたにしてはあまりにも膨大な労力である。また宗教的な造形物としてはあまりにも数が多く、密集している。(同じ規模のピラミッドと比較してみればわかる)

日本最大級の古墳である大仙陵古墳の建設に要する工期と工費を大林組で試算したデーターがある。それによると最新の土木機械を活用した現代工法では1日当たり2000人、延べ29000人の作業員で工期は2年6ヶ月、工費は20億円で築造が可能という。しかしもし現代人が古代工法で造営するとなると1日当たりピーク時で2000人、延べ680万人を動員して工期は15年、工費は680億に及ぶ。
一大国家プロジェクトである。大小の差こそあれ、このような規模の古墳がわずか300年の間に北海道を除く全国各地で100m級以上だけでも300基ほど造成された。

先日の長原遺跡の鉄器工房発見の記事197320を投稿した後でいろいろと考えていたが、以下の3つのキーワードが繋がってきた。
鉄器―水田―古墳

この時代(3世紀〜)、水田稲作が全国的に拡大していった過程であった。初期の水田は河川の流域に作られることが多かったが、農業が浸透すると、河川から離れた農耕地の拡大が至上命題になった。武力を要した水利争いに明け暮れた弥生時代から古墳時代に入ると鉄器が広がり、鉄くわや鉄鍬を使った農地開発が進んでいく。実際、この時代には鉄の製作技術と共に大規模な土木技術が朝鮮系渡来人から伝わっており、農地と水路、さらに大規模なため池が造成された。大仙陵(仁徳)古墳の周囲には豊かな濠があることで有名だが、その他の古墳もこの時代の古墳はため池を周囲に配している。

古墳造成とため池の関係性を言及している学者はいるが、その多くはため池を作る造成技術を応用して古墳造成を行ったと言われている。しかし、事実はその逆ではないだろうか?
つまり、古墳を作ろうとしたのではなく、ため池を造成するのが最初の目的ではないだろうか?大仙陵古墳ではため池の土工量と古墳の土工量がほぼ等しいと言われている。
 
  List
  この記事は 197320 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_197645
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
197652 古墳は水田開発の副産物ではないのか?(2) 田野健 09/01/18 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp