西洋医療と東洋医療
197278 【書籍紹介】身土不二の探求 山下惣一著
 
芝田琢也 ( 27 兵庫 農業 ) 09/01/14 PM06 【印刷用へ
食が「土」を離れる時代。東洋の叡智「身土不二」の考えをもとに、「土」と関わる生き方、地に足のついた食と農を求める。リンク

以下、本文抜粋
------------------------------------------------------------------
■いま、なぜ「身土不二」なのか?
・人の命を支えているものは食べものである。食べものは土が育てる。海産物だって海底の土や森林から選ばれる諸要素によって生きているから、もとはといえば土が育んでいるようなものだ。したがって、土が人の命、命は土、人間は土そのもの、すなわち※「身土不二」ということになる。

※「身土不二」
「体と土とは一つである」とし、人間が足で歩ける身近なところ三里四方(十二`四方)、もしくは四里四方(十六`四方)で育ったものを食べ、生活するのがよいとする考え方。生物とその生息している土地、環境とは切っても切れない関係にあるという意味合いで使われる。

・農業の縮小、消滅が意味するところは、健康の消滅、病気の増加、精神や肉体の破壊、滅亡への道筋であり、それが今や現実のものとなってきた。多くの人たちがそのことに気付いて、何とかしていこうというのであれば、それに呼応して動かないわけにはいかない。

■手の届くところにある「食と農」
・気候風土、歴史、生活習慣、社会システムや文化が異なる各国の農業を比較することは難しいが、日本の農業にとって圧倒的に有利な条件が一つある。それは、生産地のすぐそばにたくさんの消費者がいるということである。私たち自らが消費者であると同時に、たくさんの消費者に包まれて生産しているようなものである。こんな国は世界中にない。その土地の農業生産と、その周辺に住むたくさんの消費者とをどう繋ぐか?これが、農業の生き残りの課題であり、消費者にとっても環境と健康を守り、破滅のサイクルから抜け出す道ではないか。

・土地のものを土地の人が食べることのできない仕組み
青果市場において、市場の占有率の確保は有利販売の条件であり、その実績によって価格補償が行われるため、指定産地の青果物は根こそぎ指定消費地の市場へ共同出荷される。よって、都市消費者は全国各地の青果物がふんだんに食べられるようになったが、同時に生産者の顔は見えなくなった。一方で、農協が共販に力を入れている産物ほど地元消費者は食べられないという構造が出来上がってしまった。これが農業の地域離れを生み出した。

■地域自給の実現に向けて
・一度、各自治体の全農産物の自給率を、品目ごとに調べてみたらどうか?(物量か金額ベース)
 地域の特産物はすでにでき上がっているわけだから、その拡大ではなく、「地元優位」に立って、なるべく遠くから運ばれてきているもの、つまり、流通コストのかかっているものから狙い撃ちして作り、地元に供給していく。基本的に○○市の農業は「○○市民の台所化」をめざすのである。
 
・現在の農村で、新たに三億円の特産物を育てることは困難だが、1000戸の農家が各三〇万円の自給をすることはそれほど難しくなく、合計で三億円の特産物を育てたのと同じことになる。市民の参加や体験などを組み込んでもいいだろう。高齢社会に向けての生きがい対策にもなるし、帰農者の雇用の場にもなり、なにより地元消費者に喜ばれ、健康維持に貢献し、地域社会の地盤沈下に歯止めがかけられる。
 
  List
  この記事は 163889 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_197278
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
198319 旨さとは何か?〜「味覚と嗜好のサイエンス」から 狒狒 09/01/26 PM08
197358 やまざきようこ 著 『おけら牧場 生きものたちとの日々』 を読んで 鈴木康仁 09/01/15 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp