実現論を塗り重ねてゆく
196869 金融危機発の可能性
 
斎藤一浩 ( 40代 東京 建築士 ) 09/01/09 PM08 【印刷用へ
金融危機から約3ヶ月が過ぎた。

最近、会う人が心なしか、皆「暗い」。

▼新年の挨拶周りの営業マン
百歩譲って元気がないのは良いとしても、話題までもない。
せめて、(新しくなくても)製品の営業トークやら、営業情報を探るネタくらいはもってこんかい!

▼就活中の学生
イベントに集る学生も、まず元気がないらしい。
いきなり、氷河期突入と言われるこの状況で、分からなくも無いが、過剰緊張状態に陥っている学生が大半との事。


こんな中で、時たま会う、少数派の元気◎さんが目立つようになってきた。

◎「こんな時代ですから何でもやります」と笑顔で挨拶する営業マン。
◎興味あるところをドンドン質問してくる就活中の学生。

元来、営業とはこういうものであろうし、就職活動中の学生とはこうだ。
目的に真っ直ぐ向かっている姿のような気がする。

>原始人も現代人も、現実に立脚して生きており、その意味では、現実を受け容れ、肯定して生きている。それは、当然すぎるくらい当然の事であって、現実を否定するなどというのは天に唾するようなもので、現実には有り得ない不可能なことなのである。実際、我々はメシを喰うことを現実に否定することは出来ないし、その為に市場の中で何がしかの金を得ることを現実に否定することも出来ない。(20354

元気印の彼らは、まさに現実に立脚している。
金融危機以降の閉塞観が、こんな彼らを目立たせ始めた。
ある意味、大きな可能性だ。
 
  List
  この記事は 20354 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_196869
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp