日本を守るのに、右も左もない
196606 『わら一本の革命』 A汚染時代への回答
 
井上宏 ( 40代 新潟 建築コンサル ) 09/01/06 AM08 【印刷用へ
海の汚染、スカスカになった野菜、高級?だけど危険な食べ物・・・・これらは一連のもの。それをつくりだしているのは人々の意識・観念。・・・逆に土地の穀物や野菜を食べていけば、日本であれば十分自給が可能である。

『わら一本の革命』 福岡正信 より抜粋引用
//////////////////////////////////////////////////////////////////
・海の汚染は化学肥料が原因
・・・・こういうふうな問題を、解決するにはですね、あらゆる人々が一緒になってやらなけりゃいけない。あらゆる人々というのは、生産者も、消費者も、漁業に生きる人も、海の周辺に住むものも、すべての人の意識変革が根本的になされない限り、公害問題は止まらないんです。
・ ・・百姓は関係がない、どころじゃなくてですね、百姓が田圃や畑で使っている化学肥料、農薬、こういうものがどういうふうに海の汚れと関係しているか。・・・・肥料というのは、魚にとっても、生物にとっても、一つの栄養分なんですが、この栄養分が過多になって赤潮が発生していることも確かです。(P96)

・自然食ブームの意味するところ
 私が、薬もかけない、化学肥料も使わない、土地も耕さないで作った、そのミカンがですね、生産費が安いから、これを引けば、どうかすると、一生懸命作った人よりも、手取りが多いということになってくる。
・ ・・・誰でもが自然食品を食べるという運動を起こすためには、安くなければいけないというのが、私の考え方だったわけです。高いとそれは貴重品あつかいにして、少数の人は買ってくれますが、そういう人を相手にしていたんでは、結局本当の生産が伸びてこない。つまり、大量に流通されるかっこうにならなきゃ百姓も安心して作物を作れないわけなんです。(P110)

・人間の食とは何か
 とにかく一般に自然を離れたものをおいしがるのは、結局、ものの本当の味がわからないんです。・・・・・
 結局、川の魚が人間に一番いいんですね、その次は浅海の魚で、一番悪いのが、深海ないしは、遠海になってくるわけです。人間が苦労してとってこなきゃいけないものが、一番悪い。で、こういうふうに考えてきますとね、人間の身近なものが、一番いいことになってくるわけです。(P116)
 その反対にまちがった食物をとるとですね、おいしいように錯覚して舌におぼれ、人工的なくだもの、魚、野菜、メロン、ブドウ食って、遠方のマグロ食ってね、牛肉まで食う。まさに、これ最高のごちそうに見えるんですね。ところが体は一番危険な状態になってくる。しかも、そのために、どれだけ難儀をしておりますかね。土地のものを食っているのに比べて、ちょうど7倍になるんです。7倍の資源と労力がいる。
 だから穀物を食べている人種は、肉食人種の7分の一の働きでいい。7分の一の面積で同じ人口が養える。日本の国は狭い狭いといっておりますが、日本人がみんな穀物、菜食するようになったら、人口が2倍になろうが3倍になろうが、この国土の中で十分養っていけるんです。(P118)

・狐にばかされて、人間が木の葉や馬の糞を食べる話があるが、笑いごとではなく現代人は頭で食事をして、体で食事をしているのではなく、パンを食べて生きているのでもない。現代人こそ観念というカスミの食物を取っているのである。(P218)
//////////////////////////////////////////////////////////////////
(引用以上)
 
  List
  この記事は 196605 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_196606
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp