日本を守るのに、右も左もない
196605 『わら一本の革命』 @科学技術の完全否定と誰でもやれる自然農法
 
井上宏 ( 40代 新潟 建築コンサル ) 09/01/06 AM08 【印刷用へ
この本を読んでみて、現代の仕組みが農業のみならず科学技術への信仰にもとづいてつくられていること、それが様々な弊害を生みさらに目先の技術を使って解決しようと悪循環に陥っていくこと、それに対して自然の摂理に徹底的に同化して発想を変えていくことで突破口が見えてくること・・・・それらを確信し実践を重ねてきた先人がいる。

『わら一本の革命』 福岡正信 より抜粋引用
////////////////////////////////////////////////////////////////
・人間の知恵を使わない自然農法というものが、科学農法に太刀打ちできるものかどうか、ということをずっと問題にしつづけていたのです。(P19)
・あれもしなくてよいんじゃないか、これもしなくてよいんじゃないか
 それより前から、いろいろ考えていた、米つくりの考え方を根本的に変えた自然農法を実践してみたんです。よりよくするための“技術”の寄せ集めは一切やめてしまって、逆の方向をとった。あれもしなくてよいんじゃないか、これもしなくてよいんじゃないか、ということを追求して、それらをみんなやめていった。
 だから自分の米作り麦作りは極めて簡単なものになってしまって、もうこれ以上手を抜くこところはないようになってしまった。種を播いてわらを振るだけですから。だが米麦ともに反当たり十表以上をとるようになるまでには20年も30年もかかってきたというわけです。しかし、これは、自然農法で成功するには、長年かかるという意味ではありません。(P47)

・自然農法の四大原則(P48)
 ・第一は不耕起(無耕転あるいは無中耕)
 ・第二は無肥料
 ・第三は無農薬
 ・第四は無除草

・わらは地力を培い、土を肥やす。
 30年間鋤いてなくて、その間に土がどう変化してきたか。普通の耕耘機で鋤いた土より深くなって、しかも腐食に富んだ黒い土になってきている。
それがどういうところから来ているかといえば、土で栽培されたものを全量、土に返す稲わら・麦わらの全量を、籾がらも全部土壌に還元する。・・・・こういうことを続けているから、肥沃な腐植土が出来るということなんです。(P64)

・技術がどうして発生したか?
 稲作には田圃を鋤かねばならない、深耕するほど米がよくできる、こういう技術がどうして発生したか。それは鋤かなければならないような状態に田圃をしてしまった、ということの結果なんです。土を鋤いて水を入れて練って、壁土を練るようにして空気を追い出してしまい、バクテリアも殺してしまうようにした。土を死滅状態にして、そこへもってきて、肥料を入れると米はよくできる、という結論になった。
 自然の土というのは、放っておいたら自然に肥えてきて肥料なんか入れなくってもいいようになっているんです。それを人間がいためつけて、力をなくしてしまっておいて、そこを出発点とするから肥料の効果が出ているように思われるにすぎないのです。軟弱徒長の水稲を作るから、農薬散布したら効果が上がった、というにすぎない。(P84 )

・とにかく私は、従来の農業技術を根本的に否定するところから出発しております。これは私が、科学技術というものを完全に否定しているということです。この科学技術の否定というのはどこからきているかというと、今日の科学を支える西洋の哲学の否定にもとづいているわけです。(P90)
//////////////////////////////////////////////////////////////////
(引用以上)
 
  List
  この記事は 196598 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_196605
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
221773 毎日が一年生。いつでも柔軟な思考と、謙虚な心を失わないように 匿名希望 09/12/12 AM11
209343 ネオニコチノイド 猛獣王S 09/06/22 PM08
205324 持続可能な農的生活に向けて☆@ 高橋幸香 09/04/27 PM01
202375 現代農業 やがて不耕起栽培が主流になる1 匿名希望 09/03/18 PM00
201503 ニカラグアの月と農業 小松由布樹 09/03/06 AM11
なんで屋が日本の農業を考える〜シリーズ?農業の新しい可能性『自然農法』!! 「路上で世直し なんで屋【関西】」 09/02/14 PM05
日本人の認識方法「まず対象ありき」の可能性 「日本を守るのに右も左もない」 09/01/24 PM11
198076 農政の歴史@〜アメリカ主導で開始された戦後農政〜 三浦弘之 09/01/23 PM05
196820 理にかなうとは摂理にかなうこと 佐藤英幸 09/01/09 AM01
【企業が農業に参入するのは何で?】〜第二弾 食料自給率という目先指標〜 「これからは共同体の時代」 09/01/07 AM01
196607 『わら一本の革命』 B原点を忘れた日本の農政 井上宏 09/01/06 AM08
196606 『わら一本の革命』 A汚染時代への回答 井上宏 09/01/06 AM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp