思考革命:問題意識発から可能性発へ
19576 必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 01/12/28 AM01 【印刷用へ
変革期待は、変革の必要を意識していなければ生じない。しかし、不全捨象・課題捨象(つまり変革の必要意識を捨象)した以上、変革期待は生じない筈である。
脳回路上の意識には、最新・現在・蓄積の時間差がある。つまり、新しい意識(情報)は次々と処理されて蓄積されてゆく。(注:この蓄積回路は、本能を含む過去からの塗り重ね回路であると同時に、現在形において作動している現在回路でもある。)

1絶えず、新たにor現在形で、社会不全(危機・閉塞)が意識される。
2しかし、「答えがない」という状況判断によって、不全は捨象され封印される。=不全が処理される。
2’と同時に、潜在思念の奥に封印された社会不全が蓄積されてゆく。
3不全・課題を捨象した事によって、全回路が充足収束して、意識(=時代)の充足基調を形成する。
1’しかし、絶えず新たな不全(危機・閉塞)現象が生起し、意識される。

この1’→2・2’→3→1’の循環においては、絶えず新しいパターンの危機・閉塞が話題になる(古いパターンは処理済みで、あまり話題にならない)。従って絶えず新たに社会不全が意識されており、その限りで変革期待は生じる。

しかし、その社会不全も、数日〜数週間で「答えがない」という状況判断によって、捨象・封印されてゆく。従って、社会不全⇒変革の必要意識は流産し続ける。流産した社会不全⇒課題意識は封印されたまま潜在思念の奥に蓄積されるが、答えがないままに、やがてそれも風化してゆく。
注:ここに至れば、例え今、答えを示されても、容易には信じられず、半信半疑となり、従って行動力が出ない(行動に至らない)。

この循環を通じて、唯一、充足基調⇒本源収束の回路だけが強化されてゆく。

ところが実現派(特に本源派の女)は、即座に不全処理をして終うので、(社会不全そのものは潜在思念に封印されて蓄積されるとしても)、変革の必要意識が一旦は生じたのか否かさえ疑問で、まして明確な課題意識などはそもそも生じていないので、潜在思念にも何も蓄積されていない。

しかし、実現派にも(本源派の女と云えども)、実現=可能性収束の必要は在る。その限りで無意識の必要意識は在る。
そして、実現=可能性収束する為には、何よりも深い=新たな状況認識が必要(かつ有効)である。

つまり、実現派には不全発の課題意識はないが、可能性発の必要意識はある。
従って、『(社会)変革の必要』から、『(構造)認識の必要』へと、目的・路線を大転換すれば良い。これが、運動論の最終解答である。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_19576
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
250904 若手の意識が先を行っていることを直に感じた 匿名希望 11/05/05 PM08
『今こそパラダイム転換が求められる時』シリーズ-1〜「必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!」〜 「日本を守るのに右も左もない」 11/05/03 PM05
【シリーズ:新しい認識だけが、現実を変えていく】(1)〜必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/10/07 AM01
238653 人々を「お気楽な否定意識」に閉じ込めるマスコミ やまと 10/09/29 PM11
238649 社会も仕事も「可能性発の必要意識」で答えが見つかる 松尾茂実 10/09/29 PM09
238646 可能性発の構造認識の必要って「状況を鮮明にしたい☆」ってこと 石川笑美 10/09/29 PM06
238330 「答がない」という状況認識で捨象してきた不全も、その原因構造に気づいたら、もはや捨象できない。 松尾茂実 10/09/23 AM02
235579 【図解】必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある! スズムシ 10/08/02 PM09
235540 「充足基調⇒本源収束」は普遍構造 加来野浩史 10/08/01 PM08
235362 可能性発の必要意識⇒課題意識が大きな潮流になってきている 匿名希望 10/07/29 PM05
235338 構造認識って大事。 加賀野宏 10/07/28 PM10
228563 何事も「充足欠乏」発だったんだ☆ チーズケーキ 10/03/19 AM10
224061 実現派には不全発の課題意識はないが、可能性発の必要意識はある こうた 10/01/12 PM03
223916 「認識の必要」を提示した方が効果的 匿名希望 10/01/10 PM05
223790 《答えが出せそう》と気づくことが認識の転換点 志水満 10/01/09 AM03
220400 【図解】必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある! 辻一洋 09/11/23 PM11
216682 社会の問題を捉えるには? 匿名希望 09/10/07 PM06
216280 若者の可能性収束。 長谷暢二 09/10/02 PM03
216182 『変革の必要』を謳えば謳うほど社会は閉塞する 越見源 09/10/01 AM01
216159 男女を包摂した実現期待⇒認識収束の潮流 Rivet16 09/09/30 PM08
216153 【図解】必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある! 匿名希望 09/09/30 PM06
216150 「答えが無い」では無く、「充足の必要」 匿名希望 09/09/30 PM06
215873 「自分発」ではなく「相手発」である重要性 越見太士 09/09/27 AM00
212609 可能性発の必要意識を身につけるには? たっぴ 09/08/11 PM02
212503 思考パラダイムの転換も、男と女の役割分担から・'゚☆ 西知子 09/08/09 PM07
212459 充足可能性に一直線に向かい可能性発信する女達と、その可能性を実現する為に根拠を問う男達 西田香織 09/08/08 PM11
205525 【図解】必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある! 松尾茂実 09/04/30 AM07
205473 人材育成も、『可能性発』なら上手くいく 矢ヶ崎裕 09/04/29 PM05
204083 構造認識の【深さ】を盗みたい 安藤広海 09/04/11 AM00
203969 【幹図解】必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある! 嶺山志保 09/04/09 PM08
203679 可能性発の課題意識が顕在化してきた! 一力広明 09/04/05 PM10
202990 「みんな課題」という状況認識が可能性を見出す 竹田翔 09/03/27 AM11
202930 「課題共認」が全ての生命線 橋本宏 09/03/26 PM00
201614 思考方法の変更 岸良造 09/03/07 PM06
201532 新しい認識を必要とする人が増えてきている 野田雄二 09/03/06 PM06
201483 「即座に不全処理をして終う」って? 匿名希望 09/03/06 AM01
200462 実現派女性の可能性 ちよ 09/02/23 PM10
199978 現実否定→現実捨象の思想から脱出する為の運動論 鈴木龍也 09/02/18 AM01
197944 【図解】必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある! 丸一浩 09/01/21 PM10
197929 素直に受け入れることが突破口 正国稔 09/01/21 PM08
197913 実現の意志によって探索回路が作動する 眼蔵 09/01/21 PM02
197825 初めての図解(不全発の部分だけ) 雅貴 09/01/20 PM10
197330 多数派が不全発から可能性発へ転換するためには? 浅見昌良 09/01/15 AM11
197291 【図解】必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある! 新川啓一 09/01/14 PM09
194810 みんなスッキリできたかを感じとることが大切 金木洋平 08/12/14 AM02
194736 「社会問題には答えが無い」はマスコミが生き残る為の状況認識操作 斎藤一浩 08/12/13 PM00
194725 【図解】必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある! 川井孝浩 08/12/13 AM09
194539 実現経路 匿名希望 08/12/10 PM10
193080 金融危機⇒変革期待だけでは課題意識は続かないのでは? 田村正道 08/11/23 PM11
193058 図解:必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある! 山本豊 08/11/23 PM08
193056 変革期待とは他力本願 星埜洋 08/11/23 PM07
189889 【図解】必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある! 木村明子 08/10/17 PM00
189473 100年に一度の危機に際して認識供給サイトの役割がますます大きくなる 庄恵三 08/10/11 PM08
189437 実現派でない層も『(構造)認識の必要』に可能性収束 R 08/10/11 AM08
189416 不全発⇒可能性発への転換は必須 澤根和治 08/10/11 AM00
189352 不全発から可能性発 08/10/10 PM01
189296 【図解】必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある! 谷光美紀 08/10/09 PM06
189241 【図解】必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある! かにかに 08/10/08 PM10
188776 意識して認識する事 匿名希望 08/10/03 AM10
188391 「本源派の女と云えども」 吾亦紅 08/10/01 PM09
188384 可能性発の必要意識から社会閉塞状況を考える 松本幸二 08/10/01 PM08
188374 可能性発の必要意識から新しい認識へ 大地の子 08/10/01 PM06
188337 不全発ではなく可能性発へ noah53 08/10/01 PM01
186335 変革ではなく、可能性の発掘から 中村英起 08/09/21 PM10
186331 可能性発の課題をどう生み出すか 山本豊 08/09/21 PM10
186309 実現派は、どう思考しているのか? 八代至誠 08/09/21 PM08
186308 可能性発の必要意識 わっと 08/09/21 PM08
186307 選挙での変革期待では何も変わらない コスモス 08/09/21 PM07
185775 不全発で考えるより、可能性発で考えた方がうまくいく。 匿名希望 08/09/15 PM11
185532 環境運動=不全発の課題意識 長谷暢二 08/09/12 PM08
183138 不全に目を向けるだけでは状況は変わらない 匿名希望 08/08/12 AM03
182891 ”可能性発の必要意識”に向かうにはひたすら外圧を捉えようとすればよい。 田野健 08/08/07 PM05
182744 今こそ「運動」から「認識」へ 庄恵三 08/08/04 PM11
182720 「変革」よりも「認識」 斎藤一浩 08/08/04 PM06
181241 新しい価値=実現のための状況認識、それを可能にする構造認識!! 匿名希望 08/07/15 AM02
178847 国民の意識改革とこれからの日本 和田哲郎 08/06/10 PM03
178815 「実現派」が社会の突破口を切り開く 家村和宏 08/06/10 AM02
178277 社会不全のループからの脱却 匿名希望 08/06/03 PM06
178274 不全発の課題意識+可能性発の必要意識=? 匿名希望 08/06/03 PM05
177196 構造認識の必要性は、「実現の意思」とセット。 ジャック・ダニエル 08/05/23 AM00
177166 充足基調に載って『(社会)変革の必要』から、『(構造)認識の必要』へ転換が促される 鈴木龍也 08/05/22 PM08
176606 可能性発⇒充足へのスパイラルが実現への基盤となる おおさかじょん 08/05/16 PM06
176396 蓄積までの時間は一瞬!? せんべい汁 08/05/14 PM03
175179 社会不全との向き合い方 中野雅之 08/04/26 PM07
175164 社会不全を生み出す循環 匿名希望 08/04/26 PM05
175049 「必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!」を読んで 匿名希望 08/04/25 PM07
175048 構造認識へ 禿靖彦 08/04/25 PM07
175024 【図解】必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある! . 08/04/25 PM01
172145 追求力のある人(実現派の人)との違い スガイク 08/03/09 PM02
169903 【図解】不全発と可能性発の意識図解 松尾茂実 08/01/29 PM04
166752 本源派女性を露店お手伝いに! スガイク 07/12/09 AM07
166516 「可能性発」の社会変革 山田孝治 07/12/05 PM01
165912 不全発の必要意識⇒課題意識という思考パターンの刷り込み ギニュー特戦隊 07/11/25 PM03
165882 既存の常識という枠に捉われると、不全発の課題意識⇒捨象となる パンダマン 07/11/25 AM00
165833 「無意識の必要意識」とは何か? 渡辺卓郎 07/11/24 PM03
165821 『考える』と『悩む』の違い 吉川功祐 07/11/24 AM09
165727 可能性発でエネルギー活用を有効に! 菅野敬子 07/11/22 PM11
165726 可能性発の人のイメージ ぺー 07/11/22 PM11
165653 不全発の課題意識が生み出す窮屈な社会 是永恒久 07/11/21 PM07
164197 認識の必要⇒新しい社会の実現 STP 07/10/27 AM00
164184 不全発から可能性発へ こうた 07/10/26 PM08
164180 るいネットでも日常でも、こうしたら実現する・みんなうまくいくという認識の発信に転換する。 近藤文人 07/10/26 PM07
164168 実現派の可能性収束はどこから? 斎藤裕一 07/10/26 PM04
164137 【図解】必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある! 菅野敬子 07/10/25 PM11
163109 普通のサラリーマンも答えを求め始めたのは何で? 鈴木康夫 07/10/09 PM02
162583 【図解】必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある! 是永恒久 07/10/02 PM05
162573 充足基調⇒本源収束の回路だけが強化される ヨネ 07/10/02 PM02
162443 可能性発に転化できるのも、構造認識と仲間がいるから。 西田美和 07/09/30 PM06
162440 【幹図解】必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある! 西田美和 07/09/30 PM05
160391 「変革の必要」から「認識の必要」へ 匿名希望 07/09/03 PM11
159608 「不全発から可能性発へ」は、活力源の大転換でもある 浅見昌良 07/08/24 AM02
159495 不全発では捨象するしかない 酒井裕志 07/08/22 PM10
159474 るいネットを見れば実現思考の切れ味が実感できる 新川啓一 07/08/22 PM05
159469 潜在思念に不全を蓄積=不全発、潜在思念に不全の蓄積なし=可能性発 匿名希望 07/08/22 PM03
155760 なんでや露店も不全発から可能性発へ 渡邊かお里 07/06/30 PM11
155753 可能性発の発信 前山薫 07/06/30 PM11
154270 構造認識って「なんで思考」のこと? 高橋幸香 07/06/13 PM06
154232 「自分」という枠を外した「不全発の課題意識」は期待圧力となる 山名宏明 07/06/13 AM03
154225 目先の課題意識と実現派の必要意識 わっと 07/06/13 AM01
154224 『(社会)変革の必要』から『(構造)認識の必要』へ 西村真治 07/06/13 AM01
154196 必要なのは構造認識力! 岡野泰子 07/06/12 PM10
154194 【図解】必要意識⇒課題意識へ向かうには? 川井孝浩 07/06/12 PM10
154056 ワイドショーは無用な存在 匿名希望 07/06/10 PM08
153882 必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!・・・・仕事に置き換えてみた 浜永良成 07/06/09 AM00
153875 【図解】必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある! 浅見昌良 07/06/08 PM11
153808 実現できる真の変革 八代至誠 07/06/08 PM00
152736 主婦層はカード、学生・社会人はお題、と関心が分かれるのは? 矢ヶ崎裕 07/05/26 PM11
152733 「なんで?」を考えないのは、なんで? 〜事実認識に収束しない盲目的な現代人〜 阿比留慎太郎 07/05/26 PM10
152730 構造認識を伝える事が、構造認識の必要性を伝える事になる SevenStars 07/05/26 PM10
150017 不全発の課題意識に寄生するマスコミ 火中の栗 07/04/22 AM10
149109 実現イメージへ可能性収束! 鍛冶屋 07/04/11 PM10
149098 可能性発の必要意識って? ぴんぐー 07/04/11 PM08
149042 マスコミはもはや不必要な存在 鍛冶屋 07/04/10 PM11
148904 意識を塗り変えること 井上宏 07/04/07 PM11
148900 「答えが欲しい」から「充足が欲しい」へ転換する 衛藤信義 07/04/07 PM11
148895 【図解】必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある! 澤根和治 07/04/07 PM10
148499 『(社会)変革の必要』から、『(構造)認識の必要』の気づき STP 07/04/01 PM04
148494 潜在思念が(深い所で)感じる可能性 野村徹 07/04/01 PM02
146093 みんなが自然に「いい☆」と思える共認内容を作ってしまえばいい のんた 07/02/28 PM11
144226 RE、必要意識⇒課題意識には不全発と可能性発の二通りある 武田瑞紀 07/02/06 PM00
144201 「構造認識の必要」を理解すること 喜多雅子 07/02/05 PM10
143700 新たな状況認識の必要 匿名希望 07/01/30 AM11
143697 本源派(実現派)の女って? アイスクリーム 07/01/30 AM11
143295 変革期待を呼び覚ますのに、危機感や閉塞感の刺激は無用 大嶋洋一 07/01/25 PM10
142655 切ってみて、使ってみせて、変革成る。 阿部佳容子 07/01/18 PM05
142603 変革の必要 匿名希望 07/01/17 PM10
142574 充足基調とは=悩んでもしかたのないことは悩まない 狒狒 07/01/17 PM03
142040 不全発の変革期待は可能性無し きっちょむ 07/01/11 PM10
142031 「どうなん?どうする?良いねそれやってみよう」を繰り返したら「いつのまにか変革してたね♪」となる。 福田尚正 07/01/11 PM09
142014 政治系ブログのジレンマと壁 危機感を煽っても・・・ 小暮 勇午 07/01/11 PM05
140912 女の子たちの可能性収束が次代を創る 匿名希望 06/12/23 PM02
139292 【図解】必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある! 福田紗代 06/12/04 PM11
139021 答えがないという状況判断 西知子 06/12/01 PM09
136003 聞き慣れた言葉だけの改革、変革にはウンザリ 神家佳秀 06/10/30 PM09
135991 【図解】必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある! ふるてぃ 06/10/30 PM08
134460 【図解】必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある! 米澤祐介 06/10/16 AM11
134419 古い認識と否定意識が状況認識を固定している 本田真吾 06/10/15 PM10
133690 不全の共有から可能性の共有へ 永峰正規 06/10/09 PM06
133679 可能性発の認識以外は、共認運動の弊害でしかない ぐんくい 06/10/09 PM04
133677 【図解】実現派の意識構造⇒変革の必要意識 小林雅志 06/10/09 PM03
132752 課題を突破するためには 船長 06/10/01 PM04
132746 新しい状況認識が可能性収束に導く 鈴木龍也 06/10/01 PM01
132598 不全発生・蓄積の悪循環ループの打破策 西田咲季 06/09/30 AM11
132508 風化した不全に同調せず、伝播者としての役割を提示していく 塩貝弘一郎 06/09/29 PM07
132505 変革期待依存から、構造認識へ 高菜ごはん 06/09/29 PM06
132487 「変革」という言葉の胡散臭さ 大西敏博 06/09/29 PM03
132172 とにかく可能性の高い方へ探索実践を繰り返していく。 √177√ 06/09/27 AM02
132161 実現可能性のベクトルを強くしていくこと 田宮礼子 06/09/27 AM00
131980 収束不全によって かにかに 06/09/25 PM01
130415 実現派は、常に答えを探している 根木貴大 06/09/09 PM01
130163 不全発と可能性発の違い。 あいうえお 06/09/06 PM11
130157 カードお買い上げ。その後が重要なポイント。 303 06/09/06 PM10
130156 新しい認識の必要性 中島健晴 06/09/06 PM10
127834 再び風化することなく・・・。 ヨネ 06/08/10 PM06
126998 状況認識から逆境を把握する 佐藤祥司 06/07/29 PM09
126994 「どうする?」に応える『構造認識』が求められている 斎藤幸雄 06/07/29 PM09
126908 不全発の課題意識が、認識収束に転換可能なのだろうか? 近藤文人 06/07/28 PM06
126905 改めてなんで屋露店とは? 志水満 06/07/28 PM05
126895 実現思考は、生物の外圧適応と同じく、可能性発の必要認識から始まる・・・ 近藤文人 06/07/28 PM01
126892 可能性発の必要意識 山名宏明 06/07/28 PM00
126889 「無意識の必要意識」は生命原理 越見源 06/07/28 AM11
126863 不全発、可能性発の課題意識の違い 斎藤裕一 06/07/27 PM11
126040 実現派の共認運動 岡本誠 06/07/16 PM09
125911 構造認識の必要意識が社会を変える 笠原光 06/07/15 PM01
125840 [“答が無い”という状況認識⇒支配共認化]を打ち破るのが先決では? 平野令 06/07/14 PM09
125805 気付いたこと。 みに とまと 06/07/14 PM03
118466 共認運動に参加しなければ淘汰される時代 佐藤祥司 06/06/04 PM08
113982 現業と共認運動とのつながり ジャック・ダニエル 06/05/16 AM10
113475 解消できない不全→理論収束へ 福島健 06/05/13 PM10
107354 「自分発からみんな発」という認識を実践する事は成果をあげる第一ツール 田野健 06/03/14 PM10
107346 女発・男への変革期待 笠原光 06/03/14 PM06
104016 ファシズムとは誰か少数の脳に迎合すること? 佐藤英幸 06/01/14 PM10
98063 今、必要な運動論 斎藤一浩 05/09/28 PM10
98049 今回の選挙にみる若者の政治意識の高揚=社会的当事者意識の発現 廣重圭一 05/09/28 PM07
97716 『(社会)変革の必要』から、『(構造)認識の必要』へ 嶺山志保 05/09/22 PM07
97713 焦りの変革期待を本物の変革期待へ 田野健 05/09/22 PM06
95938 不全発でない「可能性発」、歴史上の構造基盤 山田真寛 05/08/12 PM11
95893 実現(可能性収束)する為の手立てが重要 田村飛鳥 05/08/12 AM00
95711 求めていたのは、状況認識であり、構造観念。 宮谷和枝 05/08/08 AM08
94981 何かを変革したいなら、まずは構造認識が必要 越見源 05/07/23 PM06
94666 新しい潮流に期待 山本豊 05/07/17 AM00
90718 パラダイム転換の認識の重要性 宮崎未帆 05/05/14 PM09
90613 活力再生事業の試み 馬場康一郎 05/05/13 AM08
90057 変えようとするから変わらない 熊谷順治 05/05/05 AM02
88101 85万人に秘める可能性 田中修 05/03/29 PM10
88087 求められているのは、可能性発の必要意識に応えれる言葉 廣重圭一 05/03/29 PM03
87971 [変革の必要]という強迫観念からの脱皮 吉川明博 05/03/26 PM11
87286 課題意識と必要意識 山田真寛 05/03/13 AM01
84618 不全発の課題意識から可能性発の必要意識へ 山上勝義 05/01/25 PM11
84282 探索し続ける事 黒田裕二 05/01/20 PM01
84226 各自の志向で探索の段階 後藤美奈子 05/01/19 PM03
84168 内識と外識を結ぶこと 匿名希望 05/01/18 AM10
84063 今必要なのは『変革』ではなく『構造認識』 喜田育樹 05/01/16 AM00
83944 不全発の可能性収束が本源的な意識構造ではないか 野田雄二 05/01/13 AM01
20004 2002年のスタート 佐藤祥司 02/01/05 AM01
19865 可能性を確信に導く構造認識 阿部和雄 02/01/04 PM03
19844 前向きでプラス思考の「運動」 村上靖佳 02/01/04 AM11
19740 不全処理から適応可能性へのパラダイム転換 冨田彰男 02/01/01 PM06
19730 「可能性発の必要意識」に「可能性への信頼・信念」も加えたい・・ 土山惣一郎 02/01/01 AM01
19678 大事なのは見つめること お百姓さん 01/12/30 PM06
19675 多数派にも光が 吉松幸一郎 01/12/30 PM06
19653 これならできそう! 端野芳 01/12/30 AM10
19624 「みえてくる充足」をみんなで! 上平貴昭 01/12/28 PM11
19622 構造認識がさらに認識を深める 鈴木龍也 01/12/28 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
ミス大爆発⇒警戒心発の集中力はガタガタ⇒共認圧力発の集中力を形成するには?
トラブルの根底に指揮系統あり。全てをネットへ
隠蔽・言い訳・誤魔化しの横行によって崩壊する私権体制
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
新卒者向けセミナー「経営者が語る」〜これからの時代企業が生き残っていくのに必要な力は何か(前半)
新卒者向けセミナー「経営者が語る」〜これからの時代、企業が生き残っていくのに必要な力は何か(後半)
自主管理への招待(1)工業生産から意識生産へ。時代は今、歴史的な生産力の転換を遂げようとしている。
自主管理への招待(2) 社会は、生産力の転換によってしか根底的な変革を遂げることはできない
自主管理への招待(3) 生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想
自主管理への招待(4) 「頭の中だけの自己」から「実現対象」への追求ベクトルの転換
自主管理への招待(5) 否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、実現対象を獲得した「解放の哲学」へ
自主管理への招待(6) 実現思考とは何か
自主管理への招待(7) 労働の解放のために:自主管理の原則
学生に与う1 いま、社会の基底部で何が起きているのか
学生に与う2 私権の終焉と市場の縮小と権力の暴走
学生に与う3 新しい活力源は、周りの期待に応える充足
学生に与う4 先行して共同体を実現した類グループ
学生に与う5 共同体の母胎は女性が生み出す充足空間
学生に与う6 この行き詰った社会をどう再生するか
供給発のカギは、ゼロから新しい供給者を育成してゆく仕組み
新概念を使いこなせて、はじめて供給者になれる
「観念力を鍛えるには?」(1) 話し言葉と書き言葉の断層はどこから登場したのか?
「観念力を鍛えるには?」(3) 「理解する」とはどういうことか?
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
出来ない、覚えられない
「みんなの成功体験」ならいくらでも積める
対面会議の欠陥
民主主義=会議という固定観念
集団統合の新たな仕組み:対面会議を超えて、全てをネットへ
企業革命の切り札は、社内ネット
経営者への提言:会議から社内ネットへ
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新時代を開くのは、共同体企業のネットワーク
共同体企業のネットワークをどう構築してゆくか
『類グループが勝ち続ける理由』〜まとめ〜
協同組合法:出資・経営・労働を一体化した働き方をしている人たちは10万人を越えている
「人口減少社会の衝撃!!これからの働き方はどう変わる?」〜今、なぜ労働法について考えるのか?〜
感謝の心を損なう「有給制度」に代わる、『有給休暇一括買取方式』

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp