経済破局は来るのか?
195642 2008年、世界金融危機は何を意味するのか?
 
岩井裕介 ( 37 山口 再開発プランナー ) 08/12/25 PM00 【印刷用へ
■2008年、世界金融危機は何を意味するのか?
・振り返れば、1970年に先進国で貧困が消滅してからのここ30数年は、世界中の市場がバブル化(→バクチ経済化、借金経済化)してゆく過程であった。

・そのバブルの最終形ともいうべき(世界中の市場に組み込まれた)「証券化金融」が大崩壊したのが、現在進行中の世界金融危機である。

・これは、「信用膨張型or信用捏造型金融システム」の破綻と言ってもよい。

・歴史的に見れば、こうした「ダマシの構造」は、金貸し組合というべき中央銀行システムと、中央銀行紙幣システム(金貸しが大々的に国家に金を貸す=国債システム)の誕生に端を発する。

・その意味で、今回の金融破綻は単なるバブル崩壊という次元ではなく、「近代300年の金貸しによる支配システムの終焉」と捉えることが出来る。

・現在は、追い詰められた「金貸し」たちによる生き残りを賭けた最終戦争、激烈なつぶし合いが行われていると見るべきだろう。

→米金融業界は仁義無き戦い状態へ突入か リンク


■2009年はどうなるか?
・米国覇権の終焉は世界共通の認識として拡がりつつあり、世界は多極化に向かう。この流れは変えようがない。したがって、ドル基軸通貨体制の崩壊は不可避。

・また現在、各国政府・中銀では、金融破綻に歯止めをかけるべく、あらゆる手段を講じているが、決定的な有効打はなく、さらなる世界暴落は不可避と思われる。

・その意味で、世界の株価、為替(ドル)、米国債の値動きには目が離せない状況が続く。

・一方で、「ダマシの延命策?」ともいうべき不穏な動きがある。新ドル発行、FRB債発行etc こうした画策には注意して状況を見ていく必要がある。
(日本の政局、マスコミの動きも要注意)

→世界金融危機は、どう決着するか−突然、旧ドル2:新ドル1に切り下げ リンク 
→FRBがFRB債を検討→新ドル切替の布石? リンク 

・しかし大きく見れば、破局回避のためには、無秩序な金融は規制して国家のコントロールを強め、(国家そのものが破綻しない限りは)秩序化の方向に向かうと考えられる。同時に、金融の実質国有化→管理市場化が進む可能性が高い。

・他方、今回の金融破綻は、市場経済全体へ深刻な影響をもたらすことは避けられない。そもそも先進国では物的飽和であり(それゆえにバブル化→金融資本主義化した)、今回の金融危機を機に消費意識も一変する。

・したがって、大不況→あらゆる産業がふるいにかけられていゆくことになる。


■世界の大転換のはじまり
今回の金融破綻は、単なるバブル崩壊に止まらず、「近代の金融−経済システム」の崩壊→新しい統合原理への大転換期とみるべきだろう。
(※より本質的には、私権時代5000年から共認原理への大転換!)

その観点から、以下の3つの視点が重要と考えられる。

●金貸しの没落
・近代を支配してきた究極の自己中(戦争の最大原因でもある)=金貸しに対する共認闘争、反金貸し共認が拡がる。

・彼ら(金貸しとそれに従う政治家、マスコミetc)が世を差配してきたからこんなにとんでもないことになった、というまぎれもない事実が共認されていくのは必定。

・米国覇権の終焉はその象徴となる。

●実体経済への大転換
・あらゆる産業が「儲かるか否か」というモノサシではなく、「必要か否か」という土俵の元で評価されてゆく。

・それは、一面では厳しい生き残り競争となる。

・だが、社会のみんなに本当に必要とされる=期待される仕事が評価されるという意味で、やりがいのある評価競争社会(創造競争社会)、新たな活力源の創出に繋がる可能性が見いだせる。

・なかでも、農業の必要性は大きく注目されつつある。

→農業は医療や教育と同じく人類(集団)にとって不可欠の事業であり、脱市場原理の最先端可能性といえるのでは? リンク 
→【メルマガるい318】 農業に可能性あり リンク 

●政府紙幣による新経済システムへ
・「社会共認」のもとに金融をコントロールし、社会のみんなにとって必要な活動にお金を使っていく、これが社会を再生する新経済システムとなる可能性が高い。
(これが実現すれば、金貸しは完全に無用の存在となる)

→政府紙幣って知ってる? リンク 
→国家紙幣の本当の意味〜新しい社会的活動(仕事)の創出 リンク 
 
  List
  この記事は 195325 ブログ1 ブログ2 ブログ3 ブログ4 ブログ5 ブログ6 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_195642
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
人々の意識⇔国家(制度)@〜私有意識の登場〜 「日本を守るのに右も左もない」 10/08/24 AM02
ブロック経済前夜3 〜アメリカ大戦景気から世界恐慌へ〜  「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/05/21 PM11
206211 新しい統合原理への意識転換が急がれる 渡邊真也 09/05/10 AM11
今後の世界経済どうなる?勉強ノート 「ルポルタージュなんで屋 Second Season」 09/03/21 PM06
世界は多極化に向かうのか? 〜今後の追求テーマ紹介〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/03/11 AM11
世界は多極化する? 〜今後の追求テーマ紹介〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/03/11 AM11
199151 ネットで事実を発信し続ければ、世界中の意識を塗り替えていく事が出来る。 ぽちょ 09/02/06 PM11
アメリカ経済、それ以上に回復困難な欧州 「日本を守るのに右も左もない」 09/01/31 PM09
アメリカの銀行も国有化へ? 「日本を守るのに右も左もない」 09/01/28 PM09
198416 米ドルは暴落するか? くろ 09/01/27 PM11
金融危機は、食糧問題に何をもたらすか? 「新しい「農」のかたち」 09/01/26 PM11
金融危機は、食糧問題に何をもたらすか? 「新しい「農」のかたち」 09/01/26 PM11
ポンド・ドル統合というシナリオが浮上? 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/01/22 PM09
「定常状態」あるいは「歴史段階的動態均衡」という経済状況(後編) 「晴耕雨読」 09/01/17 PM10
「定常状態」あるいは「歴史段階的動態均衡」という経済状況(前編) 「晴耕雨読」 09/01/17 PM10
市場・貨幣そして貨幣の「他者支配力」 「晴耕雨読」 09/01/17 PM10
世界経済支配層が生き残る道 「晴耕雨読」 09/01/15 AM01
米国の「デフォルト宣言」→新世界通貨体制 「晴耕雨読」 09/01/15 AM01
今後の世界と日本 「晴耕雨読」 09/01/15 AM01
「政府紙幣」「円建て米国債」をマスコミが取り上げ始めた 「路上で世直し なんで屋【関西】」 09/01/14 PM03
196781 政府紙幣への動きは意外に早いかも知れない 09/01/08 PM02
196636 社会の大変換が来ている。 岸良造 09/01/06 PM07
196612 目先の状況 浅野信夫 09/01/06 PM00
196604 2009年これから起きる5つの本当の焦点(原田武夫氏) 猛獣王S 09/01/06 AM07
196601 変革の時だとは思うのですが・・・・。 まめまき 09/01/06 AM03
【企業が農業に参入するのは何で?】〜プロローグ〜 「これからは探求の時代」 09/01/05 AM09
196460 今や、全ての企業や事業の存在意義(必要か否か?)を問われている 浅野雅義 09/01/04 PM00
196422 世界金融危機、どうする?⇒企業の共同体化 大森義也 09/01/03 PM09
196390 「2008年、世界金融危機は何を意味するのか?」のレス TAB 09/01/03 PM02
196380 金融不安を契機に「必要か否か」の判断基準が急速に進む 津田大照 09/01/03 AM08
196379 実体経済への大転換が加速される 匿名希望 09/01/03 AM07
196378 実体経済への大転換が加速される 匿名希望 09/01/03 AM07
196356 「現実とは人々の意識である」から金融危機を受けての意識潮流の変化を押える必要がある 清水昌広 09/01/02 PM10
196349 「金融危機」に対する大衆の意識はどうなのか? 浅見昌良 09/01/02 PM08
196348 皆に必要な仕事がまっとうに評価される社会 バスケットマン 09/01/02 PM07
2009年 明けましておめでとうございます 「路上で世直し なんで屋【関西】」 09/01/02 PM04
196317 2008年のキーワード「多極化」 2U 09/01/02 AM09
196312 学生の意識潮流からも金融市場崩壊は必至。 historyroad 09/01/02 AM03
196302 国際的な政治覚醒から共認原理の顕在化へ。 佐藤賢志 09/01/01 PM11
196282 必要なこと=仕事〜例えば農家☆ お百姓さん 09/01/01 PM08
196272 ますます加速する金融破綻の影響→次代を意識する 山田徹 09/01/01 PM07
196266 経済危機は観念収束を加速する!? 佐藤祥司 09/01/01 PM06
196265 世界同時不況の実体と可能性 匿名希望 09/01/01 PM06
196239 なぜ「近代300年の金貸しによる支配システムの終焉」といえるのか 佐藤晴彦 09/01/01 AM09
謹賀新年 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 09/01/01 AM07
196233 本能を直撃している「必要か否か?」と「反金貸し支配の意識」が繋がった時、新しい社会の実現へと動き出す 村上祥典 09/01/01 AM07
196216 答え欠乏からインターネットへ。事実に基づいたものが評価される時代がやってくる 中野泰宏 09/01/01 AM01
196202 マスコミの動きに要注意 匿名希望 08/12/31 PM11
196183 「記録的株安」の1年〜世界同時、国内製造業を直撃 猛獣王S 08/12/31 PM08
196109 今回の金融破綻は新しい統合原理へ向かう最終調整事項と捉える h100p 08/12/30 PM08
196073 (二重投稿→二軍へ)【図解】新しい潮流Gで「’08→'09の意識潮流の変化」の図解化にチャレンジ 清水昌広 08/12/30 AM11
196021 経済危機=文化戦争?? ひまわり 08/12/29 PM08
196019 ダマシの延命策対策 丸山優司 08/12/29 PM08
196016 自分の実感 K.T 08/12/29 PM08
196001 資本主義の緒道徳性の欠如 おかけん 08/12/29 PM08
195994 期待される仕事が評価される 権守美保 08/12/29 PM08
195992 人間と農業。 雅貴 08/12/29 PM08
195989 金融不安のなかで必要な事は 中山寛太 08/12/29 PM08
195985 今年のクリスマスにみるみんなの意識 高橋幸香 08/12/29 PM08
195982 「本当に必要なこと」について考えるのを習慣化していきたい。 眼鏡人 08/12/29 PM08
195980 看護師不足・医師不足どうする? ミュウ 08/12/29 PM08
195966 意識変化の萌芽 リーフ 08/12/29 PM07
2008年:金融危機 人々の購買意識は、「買えるか買えないか?」から「必要か否か?」に大転換 「これからは探求の時代」 08/12/29 PM04
世界経済どうなる!?〜その6.2009年はどうなる?〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 08/12/29 AM02
世界経済どうなる!?〜その6.2009年はどうなる?〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 08/12/29 AM02
195896 トヨタ自動車の営業赤字転落は、対米依存の破綻だ レオンロザ 08/12/29 AM00
195826 【図解】新しい潮流Gで「’08→'09の意識潮流の変化」の図解化にチャレンジ 清水昌広 08/12/27 PM11
195823 世界金融危機は、共認形成システムの大転換の契機となるのでは? 匿名希望 08/12/27 PM11
195775 仕事も「外圧変化に適応できるか?」が問われている 佐藤賢志 08/12/27 PM03
195763 CDS保証料率=企業の余命 (1) 最近の各企業のCDS保証料率の推移 匿名希望 08/12/27 PM00
195732 今年最後のなんでや劇場、楽しみです☆ 宮谷和枝 08/12/26 PM10
195705 2009年、大転換を期待する根拠 バスケットマン 08/12/26 PM04
195696 08年10大ニュースを振り返る 山澤貴志 08/12/26 PM00
『大波乱の経済を振り返る☆』vol.6 共認原理への転換 「ブログ de なんで屋 @東京」 08/12/26 AM02
195671 これからの仕事の取り組み方 やっちゃん 08/12/25 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp