日本を守るのに、右も左もない
195011 連邦準備制度を廃止せよ集会、ロン・ポールの連邦準備制度廃止法案
 
08/12/16 PM10 【印刷用へ
※参考:全米に拡大するか? 「END THE FED!」反中央銀行、反金貸し運動 リンク 

米国で、ロン・ポール支持者による「連邦準備制度を廃止せよ!」「利子が発生しない通貨発行権を大衆に返せ!」という大規模なデモが行われた様子が、ブログ:豆長者 リンク に写真とともに掲載されている。

●END THE FED◆ニューヨークシティ リンク 

●END THE FED◆ワシントンD.C.  リンク 
(※海外のマスコミでも報道された模様)

●END THE FED◆バッファロー リンク 

●真の変革を確実にするもの リンク 
----------------------------------
2008年11月22日、連邦準備制度を廃止せよ集会 ワシントンD.C.

ポール・マーティン・フォス 
Paul-Martin Foss、ロン・ポールの法案作成補佐
(中略)
私たちは、問題が何なのか知っているのですから、なんとかしてこの問題を解決できるのでしょうか?
ロン・ポール議員は、連邦準備制度の欠点を処理するために、いくつもの法案を提出しています。

下院法案第2754号、「通貨政策をお天道様のもとに法」は、連邦準備制度に、M3を再度発表させるというものです。
M3は、通貨供給量を示す指標で最も幅広いものです。
それがあれば、もっと正確に物価インフレの可能性を測定できます。
M3が今までより一層急速に増加しはじめたとき、2006年の春以来、発表が停止されたままです。
発表されていればどんなに便利でしょうか。
好況を呈していた住宅景気が破裂し始めたとき、最も幅広い測定での通貨供給量が引き下げられたら、金融市場での大混乱が始まるのに時間はそうかからないのですから。

下院法案第2756号、「正直通貨法」は、連邦の法定通貨を定める法律を廃止するのものです。
どうして、私営銀行業の独占企業が、何の裏付けもなく発行する無価値の紙幣が、法定通貨の地位を保有していけなければいけないのですか?
法定通貨を定める法律があると、悪貨が良貨を締め出すのです。
我が国の建国の父たちは、金貨と銀貨にお金の役割を果たさせようとしました。
何の裏付けもない紙幣ではなくてです。

次の会期の議会において、ロン・ポールは、連邦準備制度を監査する法案を提出します。
連邦準備制度は現在、会計検査院によって監査されています。
しかし、連邦準備制度には、会計検査院が監査を禁じられている活動部分があるのです。
こういったものがあります。それを合衆国法典から引用してみます。

・外国の中央銀行、外国の政府、民間でない国際金融機関のための取引、もしくは、それとの取引。
・窓口貸出業務、加盟銀行の準備金、証券金融、預金利息、公開市場操作を含む、金融政策事項に関する審議、決定、活動。
・連邦公開市場委員会の指揮下でなされた取引。

では、こういった部分はいかなるものも監査できないというのであれば、いったい、どこに監査するところが残っているのでしょうか?
こうした監査できない部分こそ、連邦準備制度が、市場が適切に機能するのをねじ曲げている、それを行っている手法の核心部分を含んでいます。
どうして、外国政府や外国の中央銀行との取引が、法律に従っての調査や監視を免れていなければならないのでしょうか?
連邦公開市場委員会、この委員の大半は大統領から任命されているのですが、政治的につながりを持った企業たちに、資金を流させないようにしているものが何かありますか?
政府機関で、これほどに、完全に独立して活動を行う白紙委任を受けているものが他にありますか?
何の監視もなしに、手当たり次第にお金を使い、外国政府と取り決めを行っています。
これが、国防総省か国務省だったら、私たちは、そんなものは、ならず者機関だと、正しく分類していることでしょう。
連邦準備制度を完全に支配するには、一つだけ解決策があります。

話の最後に持ってきましたが重要な法案、下院法案第2755号、連邦準備制度理事会廃止法です。
この法案は、連邦準備法を廃止し、連邦準備制度理事会を廃止して、連邦準備制度をまるごとそっくり廃止するものです。
ここで私が述べてきましたことは、連邦準備制度が、説明のつかない、憲法に反するものであって、この国の土台となっているすべての原則に反するものであることを示しています。
連邦準備制度が廃止されるまで、真の自由と真の繁栄は私たちのものとはならないのです。

私たち自身を教育し、教育を施してゆく取り組みの先頭に立って、家族、友人たち、職場の同僚たちに話していく、連邦準備制度について、連邦準備制度とは何なのか、何をやっているのか、この国の財務状況を悪化させ、この国の国民(ピープル)に害を為す連邦準備制度の活動について、皆に知らせていく、その責任は私たちにあるのです。
連邦準備制度のその破壊性について、私の両親にもなんとか納得してもらえました。
それに、話してみると、連邦準備制度の破壊的な権力について、いくらかの知識を持っている人々がいかに大勢いるか、私は驚かされっぱなしです。
私たちは、ひとりぼっちではないのです。
私たちは、このことを議員たちに知らしめる必要があります。
インターネット上で教育を施すウェブサイト、Meetupグループ、そして、集会を行うことで、議員たちの事務所、ロビイストたち、シンクタンクに、手紙や電話やEメールが洪水のように押し寄せるというようにならねばなりません。
連邦準備制度は制御されるべきである、廃止されるべきである、それを成し遂げる法案はすでに存在しているということを、議員たちや、そのスタッフたちが知る必要があるのです。
私たちが、連邦準備制度が何をやっているのか知っているぞ、もう飽き飽きうんざりだ、いいかげんにしろと思っていることを、ワシントンにいる公務員たちが理解する必要があるのです。
自由は簡単には得られません。
それには、教育を受けた、活発に行動する、しっかりとした理解のある民衆がいなければならないのです。
すぐにそうなるというものではありません。簡単にそうはなりません。
しかし、ひとたびそうなれば、人々の間で高まる抵抗のうねりが、真の変革を確実にするのです。
連邦準備制度は消え去るべし。連邦準備制度を廃止しよう。
----------------------------------
(引用以上)
 
  List
  この記事は 193894 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_195011
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
199287 ロン・ポール「連邦準備制度理事会廃止法案2009」2月3日提出 猛獣王S 09/02/08 PM07
195942 金利というものは存在すべきか?〜国際金融資本家の策略 猛獣王S 08/12/29 PM06
195066 最後のカードを切ったFRBと企業淘汰(Nevada) 08/12/17 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp