心の本体=共認機能の形成過程
194565 【図解】農への注目、期待、必要性の認識が高まってきたのは何で?
 
丸一浩 HP ( 知命 滋賀 農業 ) 08/12/11 AM10 【印刷用へ
【図解】農への注目、期待、必要性の認識が高まってきたのは何で?


  市場(原理)社会───→70'貧困消滅
     |         ↓
     |       私権統合崩壊──────┐
     ↓         ↓         |
   農村共同体      統合不全       |
   の崩壊         ↓         ↓
(バラバラの個人に解体)   活力衰弱     08'金融危機
     ‖         ‖         ‖
     ‖         ∨         ∨
     ‖      =======     実物経済
     ‖      ‖     ‖    (現実・実態へ)
     ‖      ∨     ∨      ↓
     ‖   本源(共認)収束 社会収束   事実収束
     ‖      ‖     ‖      ‖
     ∨      ∨     ∨      ∨※1
 ┌───────────┐ ┌─────┐ ┌───────┐
 |  本源集団の再生  |⇔|農業の必要|<=|必要のものさし|
 └───────────┘ └─────┘ └───────┘
       ‖         ‖       ‖
       ∨         ∨       ∨
    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
    ┃    事実の共認と集団再生⇒共同体の構築   ┃
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                      (※管理者一部追記)

※必要のものさし=必要か否か?と言う判断土壌の顕在化。
 33821「超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく」

★物的生産の為だけの農ではなく、本源収束⇒本源集団再生の可能性としての農収束が根本。

★企業の農業参入は集団の再生⇒活力再生
 だから、【共同体企業】がやる。
 
  List
  この記事は 194431 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_194565
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
218000 農業体験で『共同体再生』の足がかりに☆ ちよ 09/10/24 PM03
217960 生きる業が美しい。 (´・∀・`) 09/10/23 PM11
農業の可能性3 〜農業に期待されている事は?〜 「路上で世直し なんで屋【関西】」 09/06/21 PM09
200156 【図解】農業の可能性(=目標・課題の幹) 丸一浩 09/02/20 PM08
金融危機は、食糧問題に何をもたらすか? 「新しい「農」のかたち」 09/01/26 PM11
197260 東北農業、再生への道のりH 「食と農、未来を担う若い力」 芝田琢也 09/01/14 PM01
197257 東北農業、再生への道のりG 「広がる農業回帰」 芝田琢也 09/01/14 PM01
197249 東北農業、再生への道のりF 「産地づくりへの挑戦」 芝田琢也 09/01/14 PM00
197248 東北農業、再生への道のりD 「教育現場と地産地消」 芝田琢也 09/01/14 PM00
197233 東北農業、再生への道のりB 「作り手と食べ手の間」 芝田琢也 09/01/14 AM03
197227 東北農業、再生への道のりA 「地産地消―農産物直売所」 芝田琢也 09/01/14 AM00
197226 東北農業、再生への道のり@ 「日本の「食」支える東北」 芝田琢也 09/01/14 AM00
197102 東北農業、再生への道のりE 「地域が支える農業」 芝田琢也 09/01/12 PM03
197100 東北農業、再生への道のりC 「東北の農 女性がけん引」 芝田琢也 09/01/12 PM02
196546 担い手育成や消費者教育による協働ネットワークの構築が農業の活路では! 芝田琢也 09/01/05 PM03
類塾・類農園 自然体験学習教室、昨年の新企画「地元農家で働こう!」より 「新しい「農」のかたち」 09/01/02 AM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
2万年前に南からも移住していた
南からの海洋漁猟部族(磨製石器)
縄文と日本人論をめぐって 
縄文人と農耕技術
縄文ネットワーク
「五大文明(?)」
祈りの民アイヌ(1)
RES:縄文から「アイヌ」まで
円筒土器と石刃鏃@
縄文時代の豊かな色彩文化
西欧と日本の階層意識の違い
縄張り圧力ではなく期待・応望圧力
「倭」=「日本」であるという定説の嘘
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮はどこにあったか?
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか?
大量渡来か少数渡来か(1)
大量渡来か少数渡来か(2)
渡来人の出自(2)
縄文・弥生論争への視点
弥生時代前夜の社会状況
村落共同体の自治の歴史
弥生の侵略闘争
居徳は弥生に突入していた
弥生の統合様式と私有意識
採取生産時代のまつり統合とその限界@
「支配者から見た属国意識」〜5、武士とは日本の支配史にとって何か
カタカムナに学ぶ 〜日本語は上古代人の認識が現代に残っている稀有な例〜
日本語の持つ力2

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp