現代意識潮流を探る
193614 失われた10年と今の就職難との違いは?
 
大嶋洋一 ( 46 福井 電気・情報設計 ) 08/11/30 AM08 【印刷用へ
ここ10年で人々の意識は大きく変わった。’02年以降、私権観念の瓦解により、私権的な言葉は完全に力を失い、もはや人々はそれらの言葉に引きずられることなく、自然に自分の外側=みんな=社会に意識が向くようになったと感じる。

例えば、今年の就職難と言われる若者を見ても、バブル以降、失われた10年の就職難の時代の若者とは明らかに違いがある。

私権観念は無効化しつつも、社会や課題や観念を捨象するというマイナス(捨象)面では機能しており、それが社会捨象・課題捨象の充足基調を維持させ続ける。

のように、バブル以降は、団塊ジュニア世代と言われ、親達の経済的な基盤に支えられ、就職できなくてもパラサイトして暮らしていけた世代である。大企業も倒産するぐらい社会不全は高まっていたのに、それらの社会不全を捨象できた時代でもある。

しかし、最近の就職活動時期を迎えた若者は、これまであまり話題に上がることのなかった経済問題や、環境問題などに対する興味を示したり、質問も積極的になり、より広く社会を捉えようとする意識が高まってきている。

これは、明らかに自分のことより社会不全の方が彼らにとって正に現実で、それを捨象する訳にはいかない、どうする?という意識で、みんなの期待に答えたいと言うプラスの活力がかれらの行動を規定しているのだと思った。
 
  List
  この記事は 24981 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_193614
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
本能と観念の中間領域とは霊長類の世界では?
哺乳類の性闘争本能
ゴリラ、テナガザル、オランウータンと人類
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
原猿の縄張り闘争と子供の集団への残留
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
原猿→真猿→人類のメスの共認回路@
原猿→真猿→人類のメスの共認回路A
真猿の同類闘争と共認機能
縄張り闘争と同類闘争
同類闘争の安定化と衰弱の一般則
農業・百姓を通して見た現代人−A
チンパンジー
種間闘争→大型化の矛盾と特殊解
サル時代の婚姻様式
特殊解としての大型化→性闘争→子殺し
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
共認回路と自我回路
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
原猿類の生態(資料です)
驚くほど人間っぽい
原哺乳類と原猿の進化について@
真猿の進化史
アジアにおける原猿〜真猿への進化(3)
親和・性充足の強化による秩序維持の例
相手と自分を同一視する潜在思念

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp