共同体社会の実現
193203 市場繁殖の土壌と、その限界
 
川井孝浩 HP ( 35 東京 設計 ) 08/11/25 PM06 【印刷用へ
私権闘争の抜け道として登場した市場が、何故これほどまでに全世界に拡大したのか?

その答えが、以下の投稿に示されている。

30554 超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界

< 武力社会では私権闘争の圧力を活力の源泉としながら、生涯固定の身分制度によって、私権の拡大の可能性は閉ざされている。つまり、私権の強制圧力は、もっぱらマイナスの圧力(否応なく対応するしかない圧力)でしかなく、プラスの可能性が封鎖されている。この矛盾と限界こそ、武力統合の最も本質的な統合限界となる。

つまり、市場という仕組みは、国家のぶつかった統合限界という壁を越える仕組みとして登場し、生物(人類)が外圧適応態である以上、そこ(唯一の可能性)に収束して行くのは必然であった、と認識される。

ところが、その市場も限界を孕んでいた。

現在の金融破たんもまさにその延長上での出来事であるが、市場が拡大限界を迎えた理由は、概ね次の3つの理由に集約されるだろう。

1.国家の統合限界とは力の序列共認の限界であり、市場は実質その力の序列共認をないがしろにする機能しか持たない。

2.市場は私権闘争からの抜け道ではあっても、その収束先は私権獲得そのものに他ならない。即ち、私権統合の限界をなんら超えてはいない。(上が入れ替わるだけで、戦争も支配権力も無くならない)

3.国家も市場も、私権闘争圧力を背景として機能する仕組みに過ぎず、その意味においては同じ穴の狢である。即ち、私権闘争圧力そのものが無効化する、という貧困消滅(生存圧力の克服)のパラダイム転換には、全く適応できない。

要するに、市場の登場は国家の抱えた限界を超える仕組みとしては非常に画期的ではあったが、実質的に国家の統合限界を決して超えてはいなかった。即ち、越えられるかもしれない、という幻想を人々に与えたものが「市場」であり、幻想は現実には成り得なかったのだ。

しかし、これからは違う。

国家も市場も限界である、という現実の問題に対する答えが、今本当に求められているのだ。とすれば、「答え」そのものを求めて認識闘争=共認闘争へと人々が可能性収束して行くのは、構造的必然となるだろう。
 
  List
  この記事は 30554 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_193203
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動27 実感投稿と現象発掘が会議室の生命
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動33 投稿様式の模索
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
素人の社会活動35 素人こそ創造者(論点の整理)
素人の社会活動36 探求思考と説明思考⇒表出(会議と投稿)のパラダイム転換
素人の社会活動37 表出規範(or思考規範・表現規範)
共認革命6 チンケな運動(要求運動の終焉)
共認革命7 錯誤の根は、古い武力闘争のパラダイムにある
共認革命8 運動信仰を捨てて、共認革命を
共認革命9 強制共認と発信階級の犯罪
共認革命10 新しいまつりの場、それがネットであり、統合サイトである
共認革命11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
「まず実践」の問題性
市民という言葉の欺瞞
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
頭で理解しただけでは、新理論は使いこなせない
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp