サル社会を解明しよう
19319 驚くほど人間っぽい
 
西知子 ( 26 京都 秘書 ) 01/12/25 PM10 【印刷用へ
>肉食哺乳類の<狩り>に見られる作戦と分業行動など

確かに敵を前にしたときの行動は、サルに限らず他の動物でも色んな形態(作戦)をとっています。

でも、以前私がチンパンジーの群れのビデオを見て感心した(人間と一緒や〜と思った)のは、普段の生活の様子でした。

オスは毎日毎日、群れの中で序列闘争をやっていました。単純な性闘争というより、まさに序列闘争って感じなのです。

性闘争なら、決着がつくまで戦いますよね。夫々が敵で、そして勝敗が決まったら、それはほぼ絶対的なものですよね。(少なくともその発情期中は。確か…)
でもチンパンジーは、ちょっと形勢が怪しくなったら一旦参ったしますが、すぐ味方を引き連れて意気揚揚と再チャレンジしてきます。しかもその味方は、一応共にボスを倒そうとする同志ですが、隙あらば自分の方がボスになってやろうとか思ってますので、その辺は計算高く状況判断してます。ボスでさえ、力だけでは統率できず、有力な部下にゴマをすったりして派閥争いに必死です。一方で、相手にされないと寂しそうにして仲間に入れてもらったり、規範を破ってボスに叱られると仲直りのスキンシップをしに行ったりします。

評価を気にしながらの駆け引き・肯定感を求める期待は、武力闘争時代・利益競争時代の人間とホント何も変わりありませんでした。

性欲や食欲や危機逃避などの、本能に基づいた行動では説明のつかない行動が、サルの日常の大部分を占めていたように思いました。
サルの場合、食料確保は比較的容易な課題のようで、それよりも同集団内の評価争い・勢力争いに日々頭を悩ませているようでした。
私は、これってすでに、共認(心の)充足こそが活きる目的(?)で、その欠乏が主エネルギー源になってるんじゃないかと思います。(ただしチンパンジーは、真猿ですよね。原猿は、あんまり知りません…)
 
  List
  この記事は 19269 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_19319
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
19392 Re:人間っぽい 蘆原健吾 01/12/26 PM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
人類の進化
ヒトは何種類いたのか? 「異種同時共存説」による人類進化
「アフリカ起源説を補強する新証拠で、窮地に陥った多地域進化説」 @
「アフリカ起源説を補強する新証拠で、窮地に陥った多地域進化説」 A
単一起源か?多地域起源か?(その2)
アニミズム(精霊信仰)について
シャーマニズムと幻覚回路
原始人類集団のリーダーは、精霊信仰⇒祭祀を司る女であった
共時一体感覚にささえられる文字による共認 2
不安発の古代宗教と感謝・同化の精霊信仰
ネアンデルタール人は「野蛮」だったか?   人類の生活をどう復元するか
スンダランド海洋航海民の誕生
黒曜石、翡翠の広域に渡る存在は、交易ではなく贈与の結果ではないか@
黒曜石、翡翠の広域に渡る存在は、交易ではなく贈与の結果ではないかA
ポトラッチの実態
捧げものが同類闘争圧力により変質したものがポトラッチ
贈与の意義
採取時代の適応原理
「祭り」の多面性と核心
祭りは共生適応ではなく集団統合(解脱+闘争)共認の場
人類の本性は共同性にある@
人類の本性は共同性にあるA
人類はなぜ大地を耕しはじめたか? 寒冷期と農業の起源
4大文明の多元的・同時発生説
戦争がなくならないのはなんで?:ノート2
原始時代〜部族連合時代〜武力支配時代
武力時代の東洋の共同体質⇒秩序収束⇒規範収束
西洋の自我収束⇒観念収束⇒唯一絶対神信仰
白人の部族移動の歴史
山賊・海賊によってつくられたギリシア・ローマ
戦争の起源
西欧だけが性を罪悪ととらえる文化であるのはなぜかA〜古代ギリシア・ローマに快楽敵視が存在した証拠はない
西欧だけが性を罪悪ととらえる文化であるのはなぜかB〜隠蔽したいローマ帝国崩壊後の空白の200年間

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp