サル社会を解明しよう
19319 驚くほど人間っぽい
 
西知子 ( 26 京都 秘書 ) 01/12/25 PM10 【印刷用へ
>肉食哺乳類の<狩り>に見られる作戦と分業行動など

確かに敵を前にしたときの行動は、サルに限らず他の動物でも色んな形態(作戦)をとっています。

でも、以前私がチンパンジーの群れのビデオを見て感心した(人間と一緒や〜と思った)のは、普段の生活の様子でした。

オスは毎日毎日、群れの中で序列闘争をやっていました。単純な性闘争というより、まさに序列闘争って感じなのです。

性闘争なら、決着がつくまで戦いますよね。夫々が敵で、そして勝敗が決まったら、それはほぼ絶対的なものですよね。(少なくともその発情期中は。確か…)
でもチンパンジーは、ちょっと形勢が怪しくなったら一旦参ったしますが、すぐ味方を引き連れて意気揚揚と再チャレンジしてきます。しかもその味方は、一応共にボスを倒そうとする同志ですが、隙あらば自分の方がボスになってやろうとか思ってますので、その辺は計算高く状況判断してます。ボスでさえ、力だけでは統率できず、有力な部下にゴマをすったりして派閥争いに必死です。一方で、相手にされないと寂しそうにして仲間に入れてもらったり、規範を破ってボスに叱られると仲直りのスキンシップをしに行ったりします。

評価を気にしながらの駆け引き・肯定感を求める期待は、武力闘争時代・利益競争時代の人間とホント何も変わりありませんでした。

性欲や食欲や危機逃避などの、本能に基づいた行動では説明のつかない行動が、サルの日常の大部分を占めていたように思いました。
サルの場合、食料確保は比較的容易な課題のようで、それよりも同集団内の評価争い・勢力争いに日々頭を悩ませているようでした。
私は、これってすでに、共認(心の)充足こそが活きる目的(?)で、その欠乏が主エネルギー源になってるんじゃないかと思います。(ただしチンパンジーは、真猿ですよね。原猿は、あんまり知りません…)
 
  List
  この記事は 19269 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_19319
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
19392 Re:人間っぽい 蘆原健吾 01/12/26 PM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp