’70年貧困の消滅と私権の衰弱
192049 トラブルの根底に指揮系統あり。全てをネットへ
 
喜田育樹 ( 35 京都 デザイナー ) 08/11/12 PM10 【印刷用へ
先日とあるトラブル総括会議で大きな気付きを得た。

問題、課題が顕在化しても誰も解決しようとせず、課題捨象されていく。後になればなるほど修復困難な問題になり最終的には大きなトラブルとなる。課題を認識していないが故にトラブルになるのではなく、課題と解っていても捨象され(or間抜けの独断で劣化し)トラブルになるのが特徴的である。何故課題捨象されてしまうのか?

その答えは指揮系統にある。
どの企業でも社長-部長-課長・・・など、肩書きや名前は違えど、ある課題を取り組んでいく集団には、その集団固有の指揮系統がある。この指揮系統は、本能原理である序列統合を下敷きにした私権時代の産物であるが、共認原理へと転換したことによって、指揮系統が課題隠蔽を引き起こすトラブルの根底問題として顕在化してきた。どういうことか?

私権時代であれば、この指揮系統は十全に機能していた。それは、問題隠蔽行為が即序列、生存を脅かすものとしての私権圧力が強力に働いていたから。その典型が反逆であり、反逆は重罪として存在していた。しかし、私権の圧力が衰弱した現代は、序列統合から共認統合に集団統合様式が変った。そこに指揮系統だけが残るとどうなるか?

問題や課題が発掘されても、私権圧力の働かない指揮系統の中では悉く隠蔽されていく構造ができあがる。上長と部下の指揮系統では、上司が問題を握りつぶし、部下は指揮系統を意識するほどに問題を発信できなくなり自ら隠蔽する。とりわけ決定的問題が発見されるほどにその問題は共認圧力にさらされず、その指揮系統の中で隠蔽されていく。現在起きている不祥事が、とりわけ旧い指揮系統を残存させている官僚機構に顕著なのもそのためである。今や指揮系統は問題隠蔽の巣窟となり、不正の温床ともなっている。

共認原理の時代の統合様式は共認統合による他はなく、社内NETこそ共認統合の場に相応しい。それは指揮系統を超えた皆の評価共認が働くからだ。皆の評価共認によって問題が固定化され、課題や方針に繋がっていく。そんな体制を構築した集団こそ、社会の評価共認を勝ち取っていく集団になるのは間違いない。
 
  List
  この記事は 101337 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_192049
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
261620 「企業姿勢」を褒めていただきました! 三輪歩未 12/02/22 AM10
260533 社内新聞を採用するのは、社長が編集権を保持したいから。 加賀野宏 12/01/14 PM10
企業を共同体に変えるには?5〜トラブルの根底に指揮系統あり⇒みんなの当事者意識を上げる仕組みを作る〜 「日本を守るのに右も左もない」 11/09/01 AM03
224755 【図解】トラブルの根底に指揮系統あり。全てをネットへ 大脇正嗣 10/01/21 AM02
221913 会議に対する意識は上にいくほど遅れている 大嶋洋一 09/12/14 AM03
「企業を共同体に変えるには?」8〜トラブルの根底に指揮系統あり。全てをネット〜 「これからは共同体の時代」 09/11/12 PM11
共同体企業ってなに? ―指揮系統を全面廃止し、全てをネットへ― 「これからは共同体の時代」 08/12/23 PM11
193495 隠蔽のない活力ある社会へ 金木洋平 08/11/29 AM07
193353 指揮系統を廃止し、すべてをネットへ(その限界と突破口は?) 福田尚正 08/11/27 PM06
193348 『指揮系統廃止⇒全てをネットへ』の次の課題 きっちょむ 08/11/27 PM06
193143 権力者にとって都合の良い指揮系統 「るいネット」ファン 08/11/24 PM09
193142 開かれた社内ネットの可能性 家村和宏 08/11/24 PM09
193061 私権原理がまだ濃厚な職場での突破口は 匿名希望 08/11/23 PM08
192748 ネットに発信されて、仕事は成る。 阿部佳容子 08/11/20 AM08
インターネットの可能性〜新たな共認形成の媒体の事例〜 「日本を守るのに右も左もない」 08/11/19 AM02
192560 もはや私権圧力なんてどこにもない! 三輪歩未 08/11/18 AM04
192512 取締役会議の内容の全てを、音声データで全社員に公開する企業 tanvool 08/11/17 PM07
192481 もう、ごまかし、隠蔽は、嫌だ! 匿名希望 08/11/17 PM00
192414 「全てを発信」は、闘える人材になる最善の道 山田孝治 08/11/16 PM00
192336 ネットサロン⇒ネット>おしゃべり 川井孝浩 08/11/15 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp