本能⇒共認機能⇒観念機能
19058 原猿類の生態(資料です)
 
田中素 HP ( 35 長崎 企画 ) 01/12/21 AM02 【印刷用へ
議論の軸とは外れますが、資料として見てください。

■ネズミキツネザル(マダガスカル)
単独生活/縄張り侵入者は雌雄問わず撃退/おそらく縄張り範囲に限定された中で発情期のみの複数と交尾/

■ポト(西・中央アフリカ)
単独生活/縄張り侵入者は同性は撃退するが異性は受容/オス縄張りは複数のメス縄張りを包含(雄の縄張りサイズは雌の密度に規定)/雄は自縄張り内のメスに他の雄が近づくのを撃退(一夫多妻型)/

■ショウガラゴ(アフリカ一帯)
単独生活/縄張り様式はポト同様。/雌同士も血縁(母娘、姉妹)は撃退せず許容、昼は同じ木を寝場所にすることもある/若雄は当初縄張りを持たず放浪、老齢オスとの交代などにより縄張り(+メス)獲得/

■ボルネオメガネザル(インドネシア)
単独生活/雌雄の縄張り領域が一致(異性は受容)/但し交尾以外は接触は殆んど見られない/

■ヴェローシファカ(マダガスカル)
5〜6頭の群れ(ほぼ母系)/個体間序列あり/雌優位/1〜3月の発情期、若雄は頻繁に他群を訪問、雌は1〜複数頭の雄と交尾。群外の雄と交尾することもある。/他群とは緊張関係にあるが匂い付け、威嚇に留まる。

■ワオキツネザル(マダガスカル)
数〜20数頭の群れ(母系血縁集団)/同性間の序列あり、最優位の雄は雌たちの近くにいることが多い/異性間の序列もあり雌が優位/4〜5月に数〜10数時間だけ雌が発情、雄同志はこのときは激しく闘争(普段はけづくろいなども見られる)/群れ同志は排他的関係

(「サルの百科」データハウス、「ホミニゼーション」京大学術出版会より)

手元の本の写真と見比べてみると、原猿はネズミキツネザルのように個々の縄張りを持った単独生活から、縄張り包含による単独オス+複数メスの親和関係⇒血縁メス同士の許容・親和関係⇒母系集団(群れ)へと進化していったことが窺えます。最後の2例のような群れ生活は原猿類では稀で、進化史的にもかなり後期のものと思われます。また雌優位という形態もマダガスカルの数種にだけ見られる特殊例のようです。
 
  List
  この記事は 18858 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_19058
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
150960 闘争集団の成立 資料編 アリンコ 07/05/04 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp