本能⇒共認機能⇒観念機能
19058 原猿類の生態(資料です)
 
田中素 HP ( 35 長崎 企画 ) 01/12/21 AM02 【印刷用へ
議論の軸とは外れますが、資料として見てください。

■ネズミキツネザル(マダガスカル)
単独生活/縄張り侵入者は雌雄問わず撃退/おそらく縄張り範囲に限定された中で発情期のみの複数と交尾/

■ポト(西・中央アフリカ)
単独生活/縄張り侵入者は同性は撃退するが異性は受容/オス縄張りは複数のメス縄張りを包含(雄の縄張りサイズは雌の密度に規定)/雄は自縄張り内のメスに他の雄が近づくのを撃退(一夫多妻型)/

■ショウガラゴ(アフリカ一帯)
単独生活/縄張り様式はポト同様。/雌同士も血縁(母娘、姉妹)は撃退せず許容、昼は同じ木を寝場所にすることもある/若雄は当初縄張りを持たず放浪、老齢オスとの交代などにより縄張り(+メス)獲得/

■ボルネオメガネザル(インドネシア)
単独生活/雌雄の縄張り領域が一致(異性は受容)/但し交尾以外は接触は殆んど見られない/

■ヴェローシファカ(マダガスカル)
5〜6頭の群れ(ほぼ母系)/個体間序列あり/雌優位/1〜3月の発情期、若雄は頻繁に他群を訪問、雌は1〜複数頭の雄と交尾。群外の雄と交尾することもある。/他群とは緊張関係にあるが匂い付け、威嚇に留まる。

■ワオキツネザル(マダガスカル)
数〜20数頭の群れ(母系血縁集団)/同性間の序列あり、最優位の雄は雌たちの近くにいることが多い/異性間の序列もあり雌が優位/4〜5月に数〜10数時間だけ雌が発情、雄同志はこのときは激しく闘争(普段はけづくろいなども見られる)/群れ同志は排他的関係

(「サルの百科」データハウス、「ホミニゼーション」京大学術出版会より)

手元の本の写真と見比べてみると、原猿はネズミキツネザルのように個々の縄張りを持った単独生活から、縄張り包含による単独オス+複数メスの親和関係⇒血縁メス同士の許容・親和関係⇒母系集団(群れ)へと進化していったことが窺えます。最後の2例のような群れ生活は原猿類では稀で、進化史的にもかなり後期のものと思われます。また雌優位という形態もマダガスカルの数種にだけ見られる特殊例のようです。
 
  List
  この記事は 18858 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_19058
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
150960 闘争集団の成立 資料編 アリンコ 07/05/04 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
本能と観念の中間領域とは霊長類の世界では?
哺乳類の性闘争本能
ゴリラ、テナガザル、オランウータンと人類
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
原猿の縄張り闘争と子供の集団への残留
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
原猿→真猿→人類のメスの共認回路@
原猿→真猿→人類のメスの共認回路A
真猿の同類闘争と共認機能
縄張り闘争と同類闘争
同類闘争の安定化と衰弱の一般則
農業・百姓を通して見た現代人−A
チンパンジー
種間闘争→大型化の矛盾と特殊解
サル時代の婚姻様式
特殊解としての大型化→性闘争→子殺し
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
共認回路と自我回路
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
原猿類の生態(資料です)
驚くほど人間っぽい
原哺乳類と原猿の進化について@
真猿の進化史
アジアにおける原猿〜真猿への進化(3)
親和・性充足の強化による秩序維持の例
相手と自分を同一視する潜在思念

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp