経済破局は来るのか?
188953 どんどん出てくる事実や構造。何を明らかにしようとしているの?
 
西知子 ( 33 京都 秘書 ) 08/10/05 AM03 【印刷用へ
ひたすら膨れあがって、何がなんだか訳が分からなくなった金融市場とその危機。
それに対し、どんな被害が出ているか、どんな手が打たれたか、どんな手が打てるか、etcが次々と投稿されています。
でも、複雑すぎて、それらの投稿がどんな意味を持つのか(繋がり)がイマイチ分かっていませんでした。
そこで、今日改めて、その大枠をサロンで整理してもらいました!


【刷るしかない?】

膨れあがった金融市場の破綻は、もはや自浄回復が不可能なところまで来ています。
現在もすでにそうですが、こうなると、国家による資金注入(増刷)に頼るしかないんです。


【あといくら刷れば大丈夫?】

これは、損失がどこまで広がるのかによります。
でも、複雑すぎて一番訳が分からない(読めない)のがこの部分?

※参考
サブプライムローン関連の損失だけで、137兆円(9月26日現在)。
フレディマックとファニーメイの資産のうち、500兆円は金融派生商品。
店頭デリバティブの想定元本の合計が、4京9300兆円。


【どうやって刷る?】

一応資本主義という建前上、無制限に刷る訳にはいきません。
また、一応民主主義という形式上、議会や法律を無視する訳にもいきません。

そこで、大義名分を保ちつつ法案を変えながらの特例措置が、どこまで可能なのか=共認が図れるのかということになります。
(手段としては、米国債の発行、FRB特融、RFCetc?)


【そんなに刷って大丈夫?】

大量に紙幣を刷って心配されるのが、暴落とインフレ。

目の前の救済が一刻を争う中、状況を読み切ってこのバランスを維持できるかは、とても微妙です。
また、ロックフェラーが暴落を仕組んでいる可能性は高く、いつ引き金が引かれるかも分かりません。


以上、私と同じ経済初心者のみなさん、いかがでしょうか。
どんどん出てくる事実や構造は、これら【4つの幹】の不確定部分を明らかにしようとしていたんです!
この幹があれば、たくさんある投稿(情報)も、「何のための(何を明らかにしようとしている)情報か」が分かりそうですよね☆
 
  List
  この記事は 185940 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_188953
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
189738 経済破綻の基礎的な数字 田村正道 08/10/15 PM02
189396 アメリカ発金融危機、おかしなこと.・疑問 井上宏 08/10/10 PM09
メルマガ「経済って、難しい?」 「路上で世直し なんで屋【関西】」 08/10/08 PM09
189049 『勝ち馬に乗る』、この発想で危機は乗り切れない。『日本を守る』の発想へ。 持国天 08/10/06 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp