日本人の起源(縄文・弥生・大和)
188877 新羅の歴史(新羅の高官はいつ日本に入ったか?)
 
田野健 HP ( 48 兵庫 設計業 ) 08/10/04 PM01 【印刷用へ
新羅の歴史は不思議である。その歴史はまさに虎の威を借りた猫である。

三韓の発展形として国家に変遷したのであるが、文化的にも制度的にも最も遅れていた新羅が2世紀余りの間に半島を統一する国家に成長した。
唐、高句麗、百済という強国の中央に位置していながら、互いの利害を風見鶏のごとく利用し同盟国を乗り換えることで結果的に強国高句麗にも勝利する。また新羅はその成立過程からすでに高句麗の属国ともいえ、高句麗の人、文化との交流がかなりあったものと思われる。
百済と日本、新羅と日本の関係を見ていく場合、一旦この新羅の歴史の特殊性を押さえておく必要がある。

@【新羅の発生〜高句麗の属国?】
新羅は辰韓の発展により4世紀初めに建国。同時に百済、伽耶も国に発展していく。4世紀末には勢力を増した高句麗の影響下におかれる。

A【新羅建国〜百済と手を結ぶ】
高句麗の影響下で新羅は国力をのばすと高句麗と対抗していた百済と同盟を結ぶようになった。五世紀後半には新羅―百済で高句麗と対抗するようになる。6世紀には正式に新羅を名乗り当事者が王を名乗る。王は世襲制に変わって、安定してくる。法興王(514-540)のときに律令制を整え、中国北部の遼と関係を結び、仏教を公認した(532)。受容までかなり時間がかかったようで、百済や高句麗に比べて、三国の中ではもっとも遅く、日本に仏教が定着した550年頃までかかる。

B【三国の緊張関係】
百済が高句麗から奪い返した漢城を新羅が奪うことで、百済、高句麗、新羅の三国は決定的に対立するようになった。こうした中、新羅は伽耶を滅ぼしたり朝鮮半島北部の咸興平野までその領域を広げたが、566年に中国北斉に冊封された。

C【朝鮮半島統一〜唐と手を結ぶ】しかし、新羅は泰安半島を支配したことにより、中国との交易路ができあがった。さらに善徳王(632-647)の時に三国統一の動きが始まった。百済との対抗が山場になったときで、金春秋(後の武烈王)を日本や高句麗に派遣して協力を求めたが、両国とも拒否したため唐に援軍を求めた。唐は高句麗を滅ぼしたかったので、新羅と結ぶことで南北から高句麗を挟むことができた。武烈王と次の文武王(661-681)の時に三国統一が行われ、唐との連合によって百済(660)、高句麗(668)が滅ぼされ、日本と百済が行った白村江の戦いにも勝利した(663)。

D【日本制圧、唐との戦争〜停戦】
新羅の勝利で、百済・、高句麗から日本へは大量に人が渡来し、日本は新羅、唐に備えて急遽朝鮮式の山城を築くなど臨戦態勢に入った。唐は百済、高句麗を支配し、引き続き新羅を支配しようとしたので、新羅は671年、唐と戦争を行った(羅唐戦争)。しかし、唐は新羅を攻めきれず、676年新羅と唐が停戦した。

E【新羅の発展・栄華〜高麗に敗れる】
新羅が三国を統一したことで、華やかだった百済文化の影響を受けて新たに発展した。特に仏教や儒教が発達した。935年高句麗の末裔である高麗に滅ぼされるまで270年間余り朝鮮半島を統一した。
参考リンク

※上記の年号を見ていくと日本と新羅の出来事に微妙な関連がある。
新羅が百済660ー高句麗668−日本663−唐671-676と戦争を繰り返す中、日本でも天智661-671 ⇒天武673-686と天皇が移行している。

白村江663の戦いの後、唐と新羅は九州に7年間(663-670)2000人の軍兵を置いて日本を監視している。大量の貢物を唐に贈る事で九州の攻撃を未然に防いだが、天武天皇はその3年後に即位している。あたかも唐が引き上げる条件として天武を唐の大使として日本に残したのでは?と伺わせる年号である。

また壬申の乱672は新羅が唐と戦った翌年に起こっている。
新羅が唐と戦乱を起こしている間を狙って天智天皇が天武勢力を解体するために壬申の乱は起こされたのではないか?
天武=新羅の高官説?はこの辺りからも浮上してくる。
 
  List
  この記事は 188852 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_188877
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
189288 質問です〜天智天皇が天武勢力を解体? 匿名希望 08/10/09 PM03
189281 天武天皇の出自の謎 村田頼哉 08/10/09 PM01
189195 百済の歴史(天皇家は百済の王族そのものでは?) 田野健 08/10/08 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp