心の本体=共認機能の形成過程
18738 ドーパミンの基礎知識(ドーパミンの特異性)
 
吉国幹雄 ( 48 鹿児島 講師 ) 01/12/18 PM00 【印刷用へ
オキシトシンと同様に快感物質(解脱物質)といわれるドーパミン。この伝達物質は特にサル人類に顕著な神経伝達物質であり、サル・人類史(つまり、共認回路あるいは観念回路)と深くかかわる物質です。今回は、議論を進めやすいように、ドーパミンに関する基礎的な知識をまとめてみます。

●特異なカテコールアミンである
ドーパミン、ノルアドレナリン、アドレナリンの三種の物質をまとめてカテコールアミンと呼びますが、いずれも覚醒物質であることには違いないのですが、ノルアドレナリンもアドレナリンも交感神経から脳の外に多く分泌されています(つまり、ホルモンとして働いています)が、ドーパミンのみが脳内にとどまっている神経伝達物質です。

ドーパミン作動性のニューロンでは、ノルアドレナリンを合成する反応を触媒するドーパミン−β水酸化酵素が欠如するため、神経終末からドーパミンを放出するようになった一連のニューロンです。つまり、化学的には<チロシン→ドーパ→ドーパミン→ノルアドレナリン→アドレナリン>と作られます。ところが、神経伝達物質として進化とともにより途中段階の毒性の強い、構造的には簡単な物質を逆に使うようになったと考えられます。このことは、カテコールアミン作動性の神経では、ただ一種類の物質ではなく、この3つが同時に分泌されているのが観察されていることからも推察されます。おそらく、進化の段階で酵素が働かなくなった結果たまたまできたドーパミン(その毒性が強いにもかかわらず)を、使うという異常な状態が発生し、それを使うことで(おそらく不全を)麻痺させることに成功したのではないかと思います。

また、ドーパミン作動性のA10神経の末端では、前回触れたオートレセプターがない構造も見られるので、負のフィードバックが働きにくい構造を持っているようです。ドバッと出っ放しになってしまうということ。

●サル・人類に特異的である。
魚類・爬虫類においては、脳内のカテコールアミンは、ほぼノルアドレナリンとアドレナリンだが、哺乳類になって大半がノルアドレナリン。サル・人類においてはドーパミンがノルアドレナリンに達するほど増加しています。

サル・人類の知能の発達とドーパミンは切っても切り離せないということになります。今まで見てきた神経伝達物質が単細胞・無脊椎動物まで起源をたどることができたのに対し、ドーパミンは進化的にはサル人類になって始めて神経伝達物質として多量に使われるようになったわけです。実現論では快感物質として、闘争共認の成立、そして自我回路の成立にも使われたと考えられている物質です。

脳内では、中脳と視床下部のところにドーパミン作動性の神経の中枢があり、視床下部発のドーパミン作動性神経は下垂体に働いて(脳内を下降して)ホルモン分泌を制御しているようですが、中脳から出ている神経は、視床下部を通って、大脳辺縁系神経を伸ばし、さらに大脳新皮質へと上昇し、特に側頭葉の内側(快感を感じる場所といわれている)に入っているようです。つまり、いたるところにドーパミン作動性の神経が張り巡らせているということです。

●+物質であること
共認の鬼っ子としての自我回路とくれば、封鎖・封印すべき対象ということですが、「ドーパミン」そのものが脳内でこれほど分泌されているので、自我回路だけに使われているのではなく、また快感物質であるのは間違いないようですが、働く場所によって快感の中身が違うようです。実際にドーパミン作動性の神経が他のドーパミン作動性の神経を制御している場合もあるようですから。

快感のうち、性の快感について言えば、ラットの実験ではメスではロード−シス反射は増加するが、誘惑行動は著しく減少する。オスでは交尾行動を促進する。性行動と関連は強いのですが、しかし、働く場所によって効果を期待できない、あるいは他のホルモンとの連動でないと思ったほど効果はないということのようです。(ドーパミンは外から直接注入できず、脳内で作られるのでうまく実験できないのかもしれませんが)

いずれにしろ、+物質(活力となる物質)であることは、間違いなさそうです。活力物質(覚醒物質)としては、アドレナリンもノルアドレナリンもあるので、そちらの検討も必要ですが。

ただ、現象的には、手先が震えるパーキンソン病は脳幹周辺のドーパミンが枯渇して引き起こされることははっきりしているようです。ただ、治療のためにドーパミンを脳内で多量に発生させると分裂病になる場合が多いということもわかっています。
 
  List
  この記事は 18444 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_18738
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
341276 ドーパミンによる快感は共認充足への可能性収束の結果獲得した!? 女の職場話 18/12/01 AM00
19163 ドーパミン@ 蘆原健吾 01/12/22 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp