脳回路と駆動物質
18702 認知と探索と統合
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 01/12/18 AM00 【印刷用へ
 本田さんこんばんは。
 認識過程と判断過程を私は次の様に考えています。(仮説です)
@何かの対象(外部情報)が視覚(もしくは聴覚等)に入る。それは皆さんが言っておられるようにおそらく視覚であれば「カタチ」の認知の状態でしょう。

Aそれを本能回路等(もしくは共認回路も?)に連なる、何らかの欠乏回路(内識機能)が曖昧に認知する。(その際アドレナリン・ドーパミン等の何種類かの伝達物質が複数分泌される)

Bそれによって更に欠乏回路が作動し、その導きによって、認知の対象を絞り込む。(絞り込み回路?の作動)

C絞り込み回路?に導かれて、視覚神経などの感覚神経によって捉えられた対象(外部情報)が、更に欠乏回路に連なる探索回路を駆動させ、それが体験記憶を呼び起こさせる。(「思い出し回路」とでも呼べるものが、それに当たるのでしょうか?)
この過程は複数回繰り返されるのでしょう。

D欠乏(内部情報)と絞り込まれた外部情報と更に体験記憶が付き合わされて、(統合されて)各運動回路に「○○の行動を起せ」という指令が伝えられる。=判断される。

 大まかに言えばこのようなプロセスでしょうか。
 
 つまり欠乏(内部情報)と外部情報との中間にある(どちらかと言えば内部情報より?の)体験記憶が、探索や絞込みを通じて結びつけられること。そして最後は行動指令を運動回路に発するという事が脳が判断を下すと言う事の中味であり、この複雑な統合過程と探索過程の発達が脳の(神経回路の)発達の中味なのではないかと思います。

 だとすればサルにおける知能の発達とは、共認回路がこの統合過程や探索過程とどの様に関わっているかという問題になると思います。
 
  List
  この記事は 18637 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_18702
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
肯定視や可能性発が脳内物質を働かせ活きる力を創り出す 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 09/08/01 AM00
122132 外圧を捉えるには観念が必要不可欠! すずかん 06/06/18 AM02
112677 共認機能でさらに知能が発達した? 福島健 06/05/10 PM08
108113 脳回路は進化の過程で獲得したすべての機能を使って答えを出す。 細田卓司 06/03/27 AM00
105040 ブラインドサイトにみる無意識下での主体=対象 匿名希望 06/02/02 PM11
19253 意識的判断は意識下の複数判断と連続している 本田真吾 01/12/23 PM09
18804 なぜ進入してきたウィルスは「意識」されないのか 吉国幹雄 01/12/18 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp