アメリカ→官邸→マスコミによる支配
185722 テレビが考える時間を奪う(清水幾多郎)
 
小暮 勇午 ( 30 京都 路上人 ) 08/09/15 AM02 【印刷用へ
人間は、余暇時間に悩み、反省し、モノを考える。だから、この余暇時間をテレビを見ることに使うということは、考える時間を削っていることと同じである。
テレビ脳などテレビの弊害や害悪は様々言われてきたが、「テレビが考える時間を奪っている」ことが根本的な問題ではないだろうか。そして、モノを考える時間を確保するためにも、意識的にでもテレビを消し、遮断する必要がある。

森田実の時代を斬る 2008.9.8(その4)リンク

------------------以下引用------------------

横山滋著『脱テレビ時代の到来―清水幾太郎の論じたテレビと社会、半世紀の再訪』を読む――活字独裁の終焉/テレビは苦悶、反省、勉強を不可能にした/テレビにより資本の論理が家庭にまで浸透する

(清水幾太郎 1958年)《個人の自由な使用に委ねられている余暇がなかったら、革命というものは容易に起こり得なかったであろう。革命というのが少し大袈裟に聞こえるとしたら、人間の成長とでも言い換えよう。とにかく、余暇において初めて可能になる苦悶、反省、勉強がテレビジョンによって不可能になり、人間が昼間は現実によって吸収され続け、夜はリアリティを持って迫る映像にノック・アウトされ続けていたら、与えられた現実を越えて行くという人間の態度はなかなか生まれるチャンスがないであろう。過去の革命の細根は、恐らく、疲れ果てた人間が余暇を現実超越的に利用したことのうちにあったと思う。テレビジョンは革命の細根が育つ条件を許さないであろう。》
 テレビが人間の苦悶、反省、勉強を不可能にしたことは、この50年のテレビの歴史が証明している。清水先生は50年前にこのことを見通ししていたのである
 
  List
  この記事は 167802 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_185722
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
221924 仕事をやる気なくさせているはーテレビ イブ 09/12/14 PM00
214146 日本のレジャー史(1)〜1940年代〜 審判の日 09/09/02 PM05
今年のGWのなんで屋露店総括 「ルポルタージュなんで屋 Second Season」 09/05/07 PM07
186229 テレビは人々の潜在思念をかく乱している 08/09/21 PM00
185937 時間は作るもの 匿名希望 08/09/18 AM00
185914 テレビによる思考する時間の喪失に気付くこと 是永恒久 08/09/17 PM06
185856 夜と秋の大切さ 佐藤英幸 08/09/16 PM11
テレビが奪ってきたもの 「路上で世直し なんで屋【関西】」 08/09/16 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動11 マスコミの共認支配
三文脚本家としてのマスコミ
小泉の支持率と目先の秩序収束
マスコミの煽動報道と、その最後
マスコミのからくり:::露出≒人気
電通を媒介にしたアメリカによるメディア支配
ネット工作員の正体。
特権階級の自家中毒
なぜ学問は退廃するか
あれは、そうだったのか! 学者と報道の謎が解ける
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
それがどうした、いんちき教授!
潮流7:暴走する社会(特権階級の暴走と下層階級の暴走)
原発:近代科学原理主義者たちの産物
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
「観念力を鍛えるには?」(4) 求道者と解釈者では思考の自在さが全く違う
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
朝日の捏造・・・1 何らの被害の声も出ていない類塾に、突然襲い掛かった朝日・・・
「報道の自由」を盾に、社会秩序を根底から破壊してゆく者たち。 
国民の「知る権利」を踏みにじる捏造報道
テレビが考える時間を奪う(清水幾多郎)
テレビが人間を愚鈍にさせるというのが科学的に証明された
「小沢を切れ」と合唱する大新聞この国の大新聞は常にデタラメだった
新聞社による偽装の実態〜「押し紙」による販売収入と広告収入の不正取得
NHK解説委員・長谷川浩氏の変死事件
恐るべき全人類監視ツール『Facebook』の危険性
LINEはなぜ無料なの?完全無料の通話アプリが儲けを出す「危険なカラクリ」が分かった。

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp