日本人の起源(縄文・弥生・大和)
185048 馬と人間との関係【騎馬民族の起源】A
 
やっさん ( 路上人 ) 08/09/07 PM08 【印刷用へ
馬と人間との関係【騎馬民族の起源】@に引き続き、『地球人の歴史  7.馬に乗る人々』リンクより転載します。
------------------------------------------------------------------
■砂漠の船
同じ頃、西アジアや中央アジアでラクダが家畜化されている。ある意味、戦車をひく馬の出現以上に重要な出来事であった。

ヒトコブラクダはアラビア半島原産の動物であり、この地方の遊牧民が飼い始めたと考えられる。乳の量は多く栄養豊富で、肉や毛の質も良いなど、家畜としてひじょうに優れた性質を持っている。

最大の特長は、砂漠という過酷な環境に適応しているということにある。砂の熱さに耐える足、砂塵を防ぐ長いまつげや開閉可能な鼻腔を持ち、他の家畜が食べられないサボテンなどの植物を好む。ロバが1日以上水なしでいられないのに対し、ラクダは背中のこぶに脂肪をためており、1週間飲まず食わずでも耐えられる。

ラクダを荷役や乗用に用いることで、人間の活動域は内陸部へと大きく広がった。北アフリカ、アラビア半島、イラン高原から中央アジアへと連なる大乾燥地帯を行き来できるようになったのである。

伝説によれば、前10世紀頃にサバ王国(イエメン)の女王が、黄金や香料を積んだ数多くのラクダを連れてアラビア半島を縦断し、2000km離れたヘブライ王国(パレスティナ)のソロモン王を訪問したとある。実際、サバ王国は乳香・没薬の輸出で富強を誇り、パレスティナまでの陸路沿いに多くの拠点を建設している。

激しい寒暖差、わずかな降水、険しい山々など、過酷な環境の中央アジアでも、前10〜前6世紀頃城壁を備えた都市がいくつもできた。この地方では山麓や川筋のオアシスで細々と作物がつくられていたにすぎなかったが、フタコブラクダの使用によって交易路が開け、人口が増加したのである。

中央アジアの都市に住み、商業の民として名をはせたのがソグド人である。彼らが用いた文字は、はるか西のシリアで活躍した国際商業の先輩、アラム人が用いたアルファベットを取り入れたものだった。ラクダに支えられた交易により、乾燥地帯に隔てられた諸地域が接触しはじめたことがうかがえる。

■遊牧騎馬の民
商人たちがラクダの背に乗って中央アジアの砂漠を行き来するようになった頃、その北、黒海北岸からアルタイ山脈にかけて広がる草原では、馬に乗った遊牧民の姿がみられるようになった。

前述のように、寒冷化と乾燥化によってこの地方からは多くの人々が去っていったが、農耕から牧畜へ比重を移しながら新たな環境に適応した人々もいた。その中から、馬にまたがりこれを自由に操る「騎乗」という新技術が生みだされたのである。

馬は背が高いうえ、蹴り上げたり、立ち上がったり、走り出したりするから、乗りこなすのは至難の業だった。それが一般化するのは、銜・手綱・鞍(くら)やズボン・ブーツなどの発明や、騎手の訓練や馬の調教などノウハウの蓄積が十分になされた前1000年前後のことだった。

いったん騎乗が普及すると、草原の民の生活は劇的に変化した。行動範囲が広がり、季節ごとに条件のよい土地を往復できるようになった。夏は家族ごとに散らばって放牧できる広々とした草原、冬は北風を防げる南の山麓や谷間といった具合である。

作業効率も上がり、一人が扱える家畜の数は100倍に増えた。遊牧民の生活は豊かになり、数万頭の家畜を持つ者まであらわれた。

騎乗によって、「遊牧」という生活様式が完成したといってもよい。

■草原から吹く暴風
数百〜数千におよぶ家畜の管理や、頻繁におこなわれるテントの積みおろし、年2000kmに達することもある移動など、遊牧は楽ではない。そこへ、春の出産・搾乳、夏の去勢・毛刈り、秋の交尾・保存食づくりなど季節ごとの作業が加わる。生産物が貯蔵できる農耕とちがい、干ばつや厳冬で家畜が全滅すればおしまい、という弱さもある。

なかでも最大の問題点は、生活必需品が完全には自給できないことにある。たいていのものは家畜の乳・肉・脂・毛・皮からつくれるが、農作物やある種の工芸品は農耕民から入手するしかない。そこで、オアシス都市などの定住民と交易を行う必要性がでてくる。

遊牧民はふだん、数家族単位に分かれて移動生活を送っている。特定の場所に集中すると草が食い尽くされてしまうからである。ただし、血縁をつてに他の集団とのつながりは保っている。騎馬の民であるから、いざというときは早馬で連絡をまわし、あっという間に軍勢を集結することが可能である。こうした軍事面での優位によって、遊牧民は定住民との交易をよい条件でおこなうことができた。

もちろん、定住民の側に強大な武力を持つ国があらわれれば立場は逆転する。遊牧民の品物は安く買いたたかれ、生活に必要な物資が手に入らなくなってしまう。

そのような懸念は、アッシリアという超大国が出現したときに現実のものとなった。

前2000年頃メソポタミア北部に成立したアッシリアは、数えきれないほどの戦争に鍛えられ、前12世紀頃には西アジア有数の強国に成長した。そして、前7世紀前半には全メソポタミアと、シリア、エジプトを統一した。もっともはやく農耕と都市を生んだ人口密集地帯を、すべて支配下におさめたのである。

こうなっては、遊牧民の側も強力なリーダーをかつぎ、一致団結して立ちむかわねばならない。「スキタイ」とよばれる史上初の遊牧帝国は、こうして黒海北岸に姿をあらわした。「王族スキタイ」とよばれる中央アジアからやってきたグループと、これに従属する遊牧民集団によって構成された連合体であった。

遊牧民の王は、農耕地帯の物資を手に入れて分配することを期待されている。それに応えるためにもっともてっとり早いのは、人々を略奪めあての戦争につれて行くことである。前7世紀中頃、スキタイ軍はコーカサス山脈を越えて南に向かった。

迎え撃つアッシリア軍はまさに戦争マシーンであった。自慢の3人乗り戦車隊を中心として、鉄の武器・防具で固められた重装歩兵隊、破城ハンマーや攻城塔・投石機を備えた工兵隊、ラクダとロバからなる補給部隊に、最先端の騎馬部隊まで編成に加えられていた。ただし、2騎1組になって行動し、どちらかが矢を射るときにはもう片方が手綱を握っていたらしい。

スキタイ軍は、兵力ではアッシリアの数分の一だったと思われる。しかし、全軍が軽装の騎兵で、「風のように現れ去る」と形容されるように神出鬼没だった。彼らは幼い頃から馬とともに育った騎馬の達人であり、疾駆しながら矢を放つ「騎射」を身につけていた。

両軍の間にどのような戦いが繰り広げられたのかは定かではない。たしかなのは、スキタイのたび重なる攻撃が、アッシリアを崩壊へと導いたということである。スキタイ騎兵はアッシリア領内を思うままに踏みにじり、長駆エジプト国境まで攻め込んでいる。前612年には、他の反アッシリア勢力とともに首都ニネヴェを攻略した。

空前の大帝国はあっけなく歴史上から消え去った。それは同時に、騎馬の民の力を知らしめた決定的瞬間でもあった。
----------------------------------------(引用終わり Bに続く)--
 
  List
  この記事は 185039 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_185048
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
185061 馬と人間との関係【騎馬民族の起源】B やっさん 08/09/07 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp