収束不全:やりたいことが見つからない
184755 ネット世界にも垣間見える収束不全
 
Svengali ( 26 神奈川 ) 08/09/04 PM11 【印刷用へ
>従って、社会不全→外向欠乏の上昇によって、答え欠乏=認識欠乏が顕在化してくるのは時間の問題である。しかし、間違ってはならない。人々は潜在思念の源に強い社会不全を孕んでいるからこそ、充足を(つまりは、答えを)求める。

IT革命によって、人々の外向欠乏はより感化され、ここ数年ブログやSNSなどに急速に火がつき、絶大な支持を得た。

しかし、実感にはなるが、ライブドア事件も影響してか、ここ最近周囲を見てもどんどんユーザーが少なく(もしくは、幽霊ユーザーばかりに)なってしまっている。

結局、最大の可能性を秘めているネット世界にも、収束不全・統合不全が蔓延した形になってしまいつつある。2チャンネルなどの自己中サイトはもとより、その他のサイトにも中身(答え)がなく、人々の充足度が低い故だろう。

自己中サイトや中身のない商業サイトは、人々の自我を肥大させるだけで、早急に駆逐していかないことには、「ネット離れ」までも引き起こしてしまう。

>人々は潜在思念の源に強い社会不全を孕んでいるからこそ、充足を(つまりは、答えを)求める。実際、人々は愚痴や批判ではなく(そんな言葉は聞きたくもない)、何か答えになりそうな可能性の感じられる新しい認識を求めているのである。

そして、それに代わる中身ある発信と、人々の潜在思念を顕在化する場の構築が必至になってくるのである。
 
  List
  この記事は 24982 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_184755
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
雌雄分化における統合
オスメス分化の塗り重ね構造
もともと、生物には親子関係など無かった
蛋白質は多様に連鎖反応する
オス・メスの事実の確認
進化積層体の意味
原始生物の適応(1)代謝系の進化と循環系
全てを個体に還元することはできない
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
免疫系に見られる認識、階層と構造について、その2
HLA分子
今西錦司の自然観に対する共感
老化のメカニズム
精子と卵細胞、そして母体
連続と不連続 mt-DNA解析への疑問
「種」をめぐって「構造」と「機能」
生物多様性のなぞ、その実現構造1
生物多様性のなぞ、その実現構造2
機能進化は遺伝子の変化に直結していない。
ウィルスの変異の仕組み
@iPS細胞とは?〜ES細胞の起源〜
AiPS細胞とは?〜ドリーの誕生〜

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp