心の本体=共認機能の形成過程
18444 エンドルフィンの不思議、その2
 
吉国幹雄 ( 48 鹿児島 講師 ) 01/12/13 PM01 【印刷用へ
エンドルフィンは視床下部の弓状核(神経細胞が多く集まる神経核ひとつ)で、母体たんぱく質(POMC)からACTH(前回触れたように、エンドルフィンとともに単細胞レベルでも見られる小型ペプチド:副腎皮質刺激ホルモン)とともに作られます。そして神経細胞から出る長い線維を伝わって脳内に広く送り出されます。ここで、エンドルフィンの本質的(根源的)意味を明らかにするために、構造的にも非常によく似たACTHについて。

ACTHは、最近しょっちゅう病気の原因とされるストレス病、このストレスに対する抵抗反応の原動力といわれているホルモンです。ここでいうストレスは、現在医学で使われている「心の秩序を乱す、快も不快も+−のストレスというのではなく、体に有害な刺激と捉えた方が分かりやすいと思いますので、その意味で進めます。実現論でいう外圧→不全というのが一番適切なイメージだと思います。副腎皮質ホルモンは、有害な刺激によって生じた体のひずみを修復し、正常な状態に戻すという恒常性を保つためのホルモンです。

また、ACTH自体もエンドルフィン同様に、脳内でも分泌されています。精神的なストレスというのは、脳回路的にはある回路で電気の流れが悪くなった(あるいは神経伝達物質がうまく伝わらないなどの障害が発生した)、あるいはストップした状態でしょう。そこで、それを流れやすくするために脳内のストレス解消物質として、脳内に伝達されやすい小型ペプチドのACTHやエンドルフィンを利用したのではないかと思います。麻薬レセプターがほとんどの神経に備わっていることからも、この視点を裏付けます。また、単細胞レベルでも存在するということは、単細胞も生命体である限り、秩序統合ベクトルに貫かれているわけで、外圧環境の変化によって何らかの体内の秩序維持の不都合が生じたときに、それを(感じさらに)復旧・補修する物質として働いていたのではないでしょうか。

現在わかっている範囲では、ACTHの脳内の働きは意識の動機付け集中力を高めるということらしいです。おそらく、同じ系統のACTHとエンドルフィンは、進化の段階で役割分化を強めていったのではないかと思います。
人間を始めほとんどの生物が鋭い痛みを覚えるのは、その不全をつまり問題を発見するためです。(痛みを感じるホルモンとしては、P物質などのホルモンが発見されています)。

不全や問題はそのままでは解決しないので、それを補修すべく指令を出すのがACTH。その痛みをそのままにしておくわけにはいかないので、それを解除するのがエンドルフィン。そして、弱者である原始哺乳類さらに、本能不全を抱えた人類は、絶えざる不全の中でエンドルフィンの快基調を強める方向で意味合いを変えていったのでしょう。

つまり、痛みを解除しようとしてエンドルフィンを分泌する。ところがすぐに解決されないからさらに痛みが続く、そこでさらにエンドルフィンを分泌する…。それだけでは痛み−が解消されず、より+を強める形で、快感を付加するようになったのではないでしょうか。

つまり、外圧→絶えざる不全→痛みの解消→快感に転換することで、可能性収束したのだと思います。実現論では、共認源回路における期応(期待応望)物質として、エンドルフィンを候補に上げていますが、性淘汰されずに縄張り闘争を繰り返さざるをえないその不全から、解消物質としてのエンドルフィンのプラスを強化することで使ったのでしょう。…解脱物質と言われるエンドルフィンですが、快感物質というよりも、どちらかといえば不全に対する充足物質としての意味合いのほうが強いと私は思います。おそらく、現代人の脳内のホルモンはエンドルフィンを強める方向にあるのではないでしょうか。
 
  List
  この記事は 18432 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_18444
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
18758 不全と神経伝達物質 吉国幹雄 01/12/18 PM01
18738 ドーパミンの基礎知識(ドーパミンの特異性) 吉国幹雄 01/12/18 PM00
18648 エンドルフィンの効果 山名宏明 01/12/16 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp